Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/95-9b75fcec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

弁護士ブチ切れ☆笑い死ぬかと思いました

観たい裁判まで時間があったので、
兼ねてから傍聴したかった大神源太を傍聴しました。


生ゲンターヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪


大神源太…お忘れの方がほとんどだと思いますが、ぜひネットで検索してください。
Googleで検索すると15000件ヒットします☆

パンチのある男ですYO!


2006年、源太は真っ白の肌にうっすら生えた毛の坊主頭でした。
穏やかな顔というか…うっすら笑顔でした(´-`)


弁護士は2人いましたが、1人はイスにどっかり深く座り
首を無理矢理背もたれに乗っけてグゥグゥと寝ていました。
すっかり慣れた感じで寝ています。

若い弁護士が長々と質問していました。

検察官は「異議あり!」を連発してイライラしています。

元社員の証人は早口な上に、モゴモゴと喋るのでメモできませんでした…orz


源太をぼんやり観てる間に、次の裁判の時間がきました。


再び402号法廷へ。

今度は窃盗を傍聴しました。
裁判長は再び細野さん(σ・∀・)σ


細野さんは、今日もVシネマに出てきそうなテカッテカに黒光りしたオールバックでした。

全員揃ったので早めに開廷。


傍聴人は私を含めて2人です…(・∀・)


青い腰ひもに縛られた被告人が入ってきました。
坊主頭に眩しいくらい真っ白なポロシャツ(なぜか七分丈)を着て
一見オシャレに見える(多分気のせい)古着っぽいジーパンに
茶色いサンダルでした。素材はゴム。


昭和37年生まれの被告人は、横浜に住む警備員でした。


窃盗の他にも追起訴があったらしく、
細野さんが今日はどこまでやるか…と話したその時。




「私はねぇ、追起訴については言いたい事があるんですよ!!」



弁護士がいきなり立ち上がってキレましたΣ(゚Д゚;) 
どうも追起訴まで時間がかかりすぎて怒っているようです。


「追起訴について…本起訴から一ヶ月も経ってるし、元々の窃盗の起訴状に入ってるので、弁護人としては納得できる追起訴の説明がない限り認否します、棄却を求めます!!」



怒りは続きます。
「どーして一ヶ月も遅れたのか!」
とキレる弁護士に、細野さんが一言。


「私は何もわかりませんからー」



(*´ω`)b DAYONE~☆


弁「どーいう事なのか!!」
細「私は何もわかりませんからーw」


弁「裁判所がわからないなら検察はどうなのか!」
細「だからー私は何もわかりませんからっ」


弁護士の怒りの熱は冷めず、「刑法に違反している!」と叫んでいました。


弁「裁判所はどうするおつもりなんですか!」
細「審理は進まないですよねぇ…」


弁「進まなければどうなるんですか!」
細「どうなるんですかねぇw」


被告人は、氏名・生年月日・本籍・住所を言ったきり
立たされたままピクリとも動かずにいます。


被告人の周りだけ時間が止まっていましたΣ(・ω・ノ)ノ 


法廷内は弁護士が追起訴の道交について認めるか否か、

かなり盛り上がっています(弁護士だけ)


細野さん呆れて笑っちゃってるし。
弁護士と細野さんの会話はかみ合っていませんでした( ´_ゝ`)  


細「裁判所が認めないと先生はどうするおつもりなんですか?」
弁「だからそれを聞いてるんです!」


検察官に目をやると強張った顔して2人座っていました。
そりゃあいきなり弁護士が吠えまくったらそうなるよね…



細「窃盗についての審理はどうするんですか?」
弁「窃盗についてはいいですよ?道交についてはどーするんですか?」


時計に目をやると、もう10分経っていました…



細「手続きをしていいですか?」」
弁「だから然るべく。遅れた理由を言う!!」



思いっきり検察官を指さしました…(((( ;゚д゚)))アワワワワ



とりあえず起訴状を読む事になりました。
平成18年9月5日14時55分、路上に車を止めていた車から
40万5千円(そんなに!?)と免許証、車を窃取。

そして…無免、飲酒運転で車を運転。←追起訴分


細「まず、窃盗については間違いないですか?」
被「間違いありません」


細「弁護人は?」
弁「窃盗については!!」←怒り丸出し。


この後は長くなりそうだったので、
細野さんは被告人を一旦席に戻って座らせましたw


細「じゃ~道交について検察側は言う事ありますか?w」
検「現時点でわかっているのは、補充捜査をしていたとは聞いています」


細「弁護人、いかがですか?」




…(・ω・)ドキドキ


弁「まぁったく納得できない!!もっと大きな声で言って下さい!!」



…ヤッパリ(ノ∀`)アヒャ



細野さんも苦笑いです。


細「じゃー…どうしますか?内容的には聞こえたでしょ?納得できないという事でしょ?w」

弁「内容的にぃ?聞こえたぁ?」


北澤優子みたいな口調になってます!
※北澤優子…オウムが枝分かれして出来た宗教の教祖。

現在、東京地裁で公判中(傷害致死)



弁「納得できないですよ!!認否!!!道交については棄却を求めます!!」



そして延々と怒ったあげく突然、



弁「じゃあ私の方が譲歩しましょう!!」




ェエェエェエェエ(゚Д゚ノ)ノエェエェエェエェ




細「ハハッすみません(苦笑い)」

弁「これ以上は譲歩しませんので!!11/13の午後に道交の審理をして即決する!!」


長く拘束されていた期間を考慮して早めに判決をという事でした。


細「あーそれは全然問題ないですよ~」

弁「じゃー今日は窃盗の弁論までしたいと思いますが!!」


細「えー…じゃあ今日は弁論まで?」
弁「あっ弁論まではダメか…」


裁判はなかなか進みません。
弁護士の怒りは全くおさまる気配がありません。
とうとう検察官に直接攻撃です(もちろん口で)



「ハァァァァァァァ~検察官は国選についてどう考えてるのか全くわからないっ!!」
「何でもかんでも国選に任せすぎです!!」
「損害賠償していただきたいですよ」


検察官に指を指して
「次に会った時は絶対に許さない!!そんないい加減な事なら検察官辞めなさい!!」



((;゚Д゚))ガクガクブルブル   


細「まーまーまーwそれは検察庁全体な問題だからw」
弁「じゃー国の問題ですか!」



開廷して20分経ちました…


弁「前から気になっていたんだが、最近どーもねぇ国選に任せすぎる!!」
細「まーそれは先生の仰る事はわかりますっわかりますっ」


いつの間にか弁護士をなだめる役の細野さん。

下を向いたまま微動だにしない被告人。
その横でニヤニヤしている刑務官。


やっと、やっと証拠調べが始まりました(;´Д`)

被告人は川崎生まれ、高校卒業後は職を転々とし平成6年から警備員に。
免許は持っていたが、スピード違反などの減点で取り上げられました。

友人と酒を飲んだ帰り道、エンジンをかけたまま店に入る人を見つけたので
足がわりに車ごと盗みました。



一通り読み終わり、弁護人が一言。

「この証拠で…どうかなぁ。これじゃ認否するしかないなー…」



意地悪な言い方!!(||゚Д゚)ヒィィィィ


細「窃盗に関してはいいですか?」
弁「窃盗に関しては勿論いいですよ?うーーーん…どーしようかなー」



意地悪く(本人はその気じゃなくてもそう見えます)悩む弁護士。


細「じゃー今日じゃなくてもいいですよ。先生に合わせますよ?次回まとめてにしますか?」
弁「じゃー次回まとめてにします」


細「はいはいはいはい、いいですよ」



しかし、弁護士が「やっぱり13日はダメだ」と言い出しました…




(゚д゚)ェェェェェェェェエエエ!! 


13日はオマェが決めたんだろーが!(`Д´)
勿論誰も文句を言うわけもなく、



細「先生のご都合のよろしい日でいいですよ」

結局13日よりも早まって11/9になりました。


次回は判決までやります。
次回が楽しみです♪


裁判が終わりかけたその時、
若い女検察官の横に座って一言も喋らなかった男検察官が口を開きました。


検「窃盗にかする証拠を今明確にしますけど、そうしたら即決が早くなると思いますけど…」

弁「ん?何?聞こえないよ!!もっと大きい声で言って!!」



ΣΣ(゚д゚lll)ズガーン!!  
検察官の提案はメッタ切りされました…合掌。




予定よりも30分早く裁判が終わったので、
津田さんを見に行こうと424号法廷へヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪

津田さんは強姦未遂、強制わいせつの新件を裁いていました。
小窓から傍聴席を覗いてみると…満席!!( ̄□ ̄;) ガァン!!


生徒(中学生?)と先生(50代後半・リュック)が入り口で談笑していました。

先生「なんかあの裁判長偉そうじゃない?タメ口だよ。私でも生徒にタメ口なんかできないのに(笑)偉そーだったなー。まだ若くて経験もなさそうなのに…フフフ」


津田さんがどんな裁判をしていたのか知らないけど、
こんな発言をする教師に殺意が芽生えました…


注:この記事は2009年6月に霞っ子のブログから移動したものです

  登場人物は全て仮名です



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/95-9b75fcec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。