Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/93-dd1b59a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

裁判が終わった後も被告人を説得する村上さん

罪状は「住居侵入、窃盗、特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律違反」


被告人は黒いトレーナーに黒いデニム、ボサボサの黒髪でした。

昭和48年生まれ、茨城県出身で住所は目黒区です。
現在無職で、元新聞配達員でした。


☆平成17年7月、目黒区の女性宅のドアから侵入、8万と通帳他(時価千円)を窃取。

☆平成18年8月、都立大学にある職場にピッキング用品3本を所持。

☆平成16年11月、同僚宅(無施錠)に侵入し、パソコン(7万相当)を窃取。

☆平成18年5月、他人のメールコーナーから封書1通窃取。


高校中退後、複数のバイトを経て、新聞配達員に。
婚姻歴はありませんが、彼女と同棲中です。

前科2犯(同種1犯)、前歴1犯。


被告人は金品を盗んだり、封書を盗んだりしていました。
そしてピッキング用品を購入。
無断欠勤を続ける被告人の机の引き出しを上司が開けて
ピッキング用具を発見、そして通報。

盗んだもの(*´∀`*)


☆8万
☆通帳2通
☆振込み通知1通
☆パンティ1枚



( ゚д゚)



(つд⊂)ゴシゴシ



(;゚д゚)



(つд⊂)ゴシゴシ



  _, ._
(;゚ Д゚) パンティ!?



下着ドロまでしてたのかよー!



被害者の言葉です。
「パンティが盗まれていたので恥ずかしくて警察に届ける事ができなかったが、警察がきて聞かれたので開き直ることができた。給料日の次の日に窃盗されたので身近な人が犯人だと思った。パンティについては気のせいかと思っていたが、これまでも3枚程なくなっていたので、これは泥棒が入ったと思った。調べてみると8万と通帳も無くなっていた。犯人にはパンティを盗まれたりと辱めを受けたので絶対に許さない」



全体的に8万よりもパンティの事だらけです!


まー確かに自分の下着が盗まれたと思うと気持ち悪くてしょうがないけど…
この供述聞くと、取り調べの時はパンティの話ばっかりだったの?って思っちゃいます…


被告人は平成13年9月に社員として採用されましたが、
集金したお金を2回も使ってしまうという問題を起こします。


8/2のミーティング途中、体調が悪いと言って帰っていったまま連絡がつかなくなってしまいました。
その後、高校にアンケートだと言って入り込み、下着が盗まれる事件があり上司に連絡がきました。

上司は、被告人が金を返すといったがまた裏切られたので、

机の引き出しを開けて懲戒解雇にしようと思いました。
そして机を開けたら女性の下着、女性名義の通帳が入っていたので通報して解雇しました。



その3日後、ピッキング用具も見つけました。


被告人と当時付き合っていた彼女(無職)の供述。
「被告人の給料18万で生活していたが、生活は苦しかったので自分の貯金を使っていた。彼が偽名を名乗っていたのでショックを受けたが、優しかったので将来も考えていた。付き合い始めてすぐ、知らない女性の保険証がカバンに入ってたが「間違ってポストに入ってた、今度返すつもりだ」と言った。パソコンを盗まれた人は被告人と同僚だったので驚いた。一日も早く更生して反省して欲しい」


被告人は仕事中に窃盗をしていました…


被告人の供述。
「留守のように見えたのでノックしてみた。この場合、人が来ても自分は新聞配達員なので怪しまれないと思った。以前自分は捕まって指紋をとられた事があるので、タオルかハンカチか雑巾でドアを開けて帰りは鍵を閉めた」



意外と冷静にやってたみたいです…


「盗んだ金は全部生活費として使った。7万しか盗んでいないと思ったが、被害者が8万と言うならそうだと思う。パンティは盗んでいないと思ったが、被害者がそう言うのなら盗んだんだと思う。パンティは以前も盗んだ事がある。インターネットでサイトを見てピッキングしようと思って器具を買った。手取り11~13万で生活しなきゃいけなかったので金に困っていた」



ん?7万しか盗んでない?下着は盗んでない?


被害者が被害額を多く言ってたって事??下着は??

窃盗をした被告人がたまに額が違うと言いますが、実際はどうなんでしょうか?

ま、多めに言う人がいてもおかしくないとは思いますが…


てか、そんなにお金に困ってたなら違う仕事すればいいのに… ( ´_ゝ`)  



「盗んだパソコンは売るつもりだったが、製造番号でバレると思ったし、金にならないと思ったので家に置いておいた」


だったら何で盗んだんだ!?(;゚ Д゚)
パソコンなんて重いだろー!
この家は他に盗む物なかったのかなぁ…


「営業中にポストから出ている封書を発見した。以前も金が入ってた事があったので盗んだ。写真は捨て場所に困ったので引き出しに入れておいた。これまで20件盗んでいる。10件は空き巣、10件は封書泥棒」


封書ドロ結構やってんなーw
現金目的って言ったってそんなに入ってる事ないと思うけどなー



(´・ω・`)ハタラケヨ


ちなみに…
盗んだ封書は被害者の小さい頃の写真が実家から送られてきたものでした。
盗まれた2回とも現金は入ってません。


被告人質問になりました。
村上さんが厳しい顔で「被告人は前に出なさい」と呼びました。
若いので無条件に立たせたまま弁護士の質問開始です。



ー被告人の略歴ー

「19歳から東京で新聞配達員として、26歳で立川警察に逮捕される(H12.6)まで働きました。懲役1年という判決を受け、服役。そして出所(H13.6)。実家に戻り働く事を考え1年働きましたが、経営者が変わり従業員がみんな働けなくなるという事で辞めました。それでガテンを見てH13.9からH18.8下旬にクビになるまで新聞配達員として働きました」


ー動機ー
「同棲している彼女がいたんですけど、私一人の給料では正直厳しかったです。それと立川で逮捕された頃、多額の借金をしてましたので周りの友人や同僚にも相談できず、その結果被害者の方に申し訳ないのですが窃盗をしてしまいました」


「給料はどのくらい貰っていましたか?」
「手取りは11~13万です」



少なっ!!Σ(゚Д゚ノ)ノ 


「彼女とはどのくらい付き合っていましたか?」
「5年です」


長いね~(´ー`)


「彼女は働いていなかったんですか?」
「最初は短期のバイトなどやってたけど、長続きしませんでした」


「今回の事件で彼女は実家に帰ってあなたに「もう会いたくない」と言ってるけど、どう思う?」
「まー正直、保険証が見つかった時に生活がキツいと正直に言えばよかったのですが、彼女は弱い子だったのであんまり無理して働かなくていいよと言っていました。家にいる時はお金に困った顔をしないようにしていました。正面を向き合ってもっとちゃんと話せば良かったです」


でも彼女の貯金使って生活してたんだよね…?


「将来はどうするつもりですか?」
「将来は…パソコンの方はもう20年くらい趣味でやってきたのでパソコン関係の仕事をしたいと思いました」


「荷物は実家に送っていて?両親の顔を見に行ったんですか?」
「オヤジは80歳高齢で「このままじゃいけねぇ」と思いました。実家に帰って仕事をしたいと思います」



検察官の質問です。
「盗みに入る目的は何ですか?」
「金です」


「下着は何で盗んだんですか?」
「盗った時の事実は正直思い出せなくて…過去に盗んだ事があったので認めました」


意味不明です( ´_ゝ`)  


「…?繋がらないけど何で下着を盗んだんですか?」
「興味があったので…」


「前科も女性の家だけど盗んだのですか?」
「盗んでません」



やっぱり下着の話に集中です!!


「写真を盗んだ家は同じですがこれは狙っていたのですか?」
「狙ったわけではありません」


「捨てた物はありますか?」
「捨てても問題ない物…パンフとか」


「写真は何で捨てなかったんですか?」←捨ててなかったんだ…
「今、コンビニでもどこでもゴミの中身を厳しく見ると聞いたので…」



「所長はあなたの使い込みを2回許してますよね?それはどう思いますか?」


…と。
ここで目眩が酷くなり、死ぬ程苦しくなったので無念の退席…(ノД`)


貧血が悪化して最強に体調が悪いです…

地下の売店でコーヒー豆乳(最近いつも飲みます)を買い、休憩しました。
もうすぐ村上さんの質問だったのに…(´・ω・`)ショボーン


5分くらいぼんやりして法廷に戻りました。



村上さんの質問になっていました…orz
「何で母さんは会ってくれないんだ?普通は会ってくれるよね?」



何の事???
うわーもう母さんの話になってるよ…ΣΣ(゚д゚lll)ズガーン


「お金の事やこれまでの繰り返しで呆れられてるんだと思います…」
と力なく小声で答える被告人。


「そりゃ当然だよね、親なんだから。怒ってて当たり前だよね。見捨てられたと思ってるのか?」
「それは思っていません」


「今回は一度も面会に来てくれない。ま、私でも一度も会いに行かないけどね」


村上さん、今日もバッサリいきます!!(´∀`)ウハー



「パソコンは返った、封書も返った、まだ返してない物も…(金?金?)あるよね?これはどーするの?」
「被害者感情というのもありますので、それ相当に裁いてもらいたいと思います」


「まーそれはいいいんだけど(バッサリ☆)。簡単に言うと8万返してないだろ?これはどーするんだい?」
「会社の積み立てがありますので…」


「いくら?」
「120万…」


「そんなにあるの!?」
村上さんが目を見開いて身を乗り出しましたw


「あ…でも引っ越し費用と借金(使い込み)があるのでその差額です」

「あ、そっかそっか」


と、笑って頷く村上さん(萌~)


てか使い込みっていくら使い込んだんだよ!!(`Д´)
120万から引っ越し費用と使い込み引いて8万残るか残らないかって…


「8万は母さんや父さんに頼めないのか?」
「お願いするのは簡単ですが、お金はちょっと…。両親は生活保護を受けてまして…」


そんなの被害者に関係ないだろー!!
頑張って働いて両親にすぐ8万返せばいいじゃん…
そんな事言って、この機会を逃したらずっと返さない気がするのは私だけ?


「親っていうのはそういう時に助けるのが親だと思うがどうかね?」
「はい、思います」


「それなら手紙を書いてみるといいんじゃない?」
「はい…」



消極的な返事です…本当に書く気あるのかなぁ(・ω・)



「まー弁護人はその辺のトコよろしくお願いします!」

弁護士が静かに頭を下げました。


求刑は2年6月、ピッキング用具没収。


被告人最後の言葉。
「今回逮捕されてーあのーお金目的とはいえ、泥棒してしまったのは申し訳ないと思います。これから自分はやり直していかなきゃいけないと強く思います。出来れば被害者のひとりひとりに謝りたいけど、無理だと思いますので更生する方向を見つけたいと思います」



「次回ですが…メドが立たないよねーまぁそれでもものには限度がありますので……(被告人を見て)まず今日君が手紙を書くんだよ?それで届いたら弁護人が両親に電話して………まぁ3週間で大丈夫かな?まーダメならダメで…ハハハ」



11/15 弁護士の差し支え
11/22 裁判所差し支え
11/21 弁「午後は?」村「午後?微妙ですね…」


なかなか決まらず、次回は13:40~という中途半端な時間になりました。
その日はずっと追っかけてる殺人の審理があります…ジーザス!!


裁判は15分押して終わりました。
次は判決を迎える被告人が待ちかねてます。


それでも村上さんはまだ被告人に向かって

「親なんだから恥ずかしがらずに正直に言いなさい。今回何をしたか、君の積み立ての事もね」

とマイクを通さず語りかけていました。

村上さん、あなたは熱い男です!



注:この記事は2009年6月に霞っ子のブログから移動したものです

  登場人物は全て仮名です



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/93-dd1b59a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。