Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/64-5364a06b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

事務官の必要性…(また寝てるよ!)

朝早く起きたのですが、体調が悪かったので(いつもの事だけど)
ダラダラして15時頃裁判所に着きました。


本格的に体調が悪くなる夏到来です。
貧血・めまいが悪化します。


村上さんの裁判は交通ルールを破った男の判決と、
以前傍聴した12万8千円の生活保護を受けてた元ヤクザ男(6/27)の審理でした。

他に観たいのがなかったので判決から観に行きました(・∀・)


懲役3ヶ月、執行猶予2年、訴訟費用負担でした。


85kmのスピードオーバーで145km出して走ってたそうです( ゚Д゚)ヒョエー
一体どこを走ってたんだろう…


「事情があったにしろ…」って村上さんが言ってたけど、
一体何があったんだろう…気になる。


サクッと裁判は終わりました。

休む間もなく、次の裁判が始まりました。
続々と裁判官が入ってきますo(*´д`*)oハァハァ


齋藤巌裁判長がメガネをかけてました。
エリート男性のメガネって…いいですね(´∀`*)


被告人は今日もヴァレン●ィノのベスト&デニムを着用してました。
下のTシャツは前回と違って灰色でした。
相変わらず体格、肌つやがいいです。


今日は被害者の死因がわかりました。
高度の蜘蛛膜下出血だそうです。


被告人の母親が情状証人で来ました。
「田舎のおばあちゃん」といった感じの人です。

足の悪い母親が登場すると、被告人が涙ぐみました(泣いてないけど)
村上さんはいつもと違って「座っていいですよ」と言いました。


昨日、東京に来たそうです(from青森)
「昨日初めて息子と面会した」と話してました。

母親は前回私が予想した通りの新興宗教に昭和38年に入信していました。
被告人は小学生の時、ゴジュカイ(御授戒?)というのを受けて入信したそうです。


「いつ頃、一番熱心に進行してましたか?」の質問に
「小中学生の時と…17、18歳の頃です」と答えました。


…16歳の時は??
何があったんだろう…(・ω・)


被告人は高校卒業後、運転手、てきやと転々とします。
母親は暴力団に関わってる事を知ってたそうです。
26歳で上京してからもずっと連絡は取り合ってました。


和子さん(仮名)という女性と15~16年付き合っていて青森にも4度程連れてきたそうです。
父親の入院のお見舞い、葬式、一周忌、三周忌と重要な時にお手伝いをしてくれたそうで
母親は和子さんを大変気に入ってた様子でした。
しかし去年の春頃、和子さんとは別れてしまったそうです。
母親はとても残念そうに話しています…


その後、付き合うことになった被害者の幸子さん(仮名)から 「よろしくお願いします」と電話がきました。
幸子の様子を説明する時はちょっと嫌そうでした。

「2回目の電話は酔ってて言葉は乱暴になってました。『お店をやりたいから保証人になってください』と言われました」

こんな事件になったからか、幸子の事は気に入ってない様子です。

「幸子さんに対してどう思いますか?」
「どんな事があろうと、人の命を奪うのは良くないと思います。息子には罪を償ってほしいです。毎日○○(新興宗教)の方式で供養しています」

「遺族には?」
「1日も早く罪を償ってもらって…わずかなお金でも償いたいです」

「賠償という事になったら支払う意思があるという事ですか?」

「今は食べていくのにやっとですから賠償はできません」


アッサリ拒否。


工エエェ工エエェ(゚Д゚(゚Д゚)゚Д゚)ェエエ工ェエエ工



しかも…
「それは何と言われてもできません!」と強調してました。



ポポポ( ゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)ポカーン…
年寄りって何でこうなんだろ。
しかもこの母親も被告人の息子同様、生活保護を受けてます。
年金と生活保護で生活しているそうです。


村上さんが聞きます。
「おばぁちゃん、今青森で一人で住んでるの?」
「はい、一人で住んでいます」


村上さん!
「おばぁちゃん」って…w
そんな呼び方していいの(・ω・;)?

歯科医院では禁止だよ!


「今まで遺族にお詫びしたことはあるの?」
「ありません」


「どうして謝らないの?」
「わからなかったんです。家も何も聞いてなかったから」


村上さんは「なるほどー」と頷き、
弁護士に「じゃあ、そういう要請はあったのかな?遺族が受け付けないの?」と聞くと
「え…いえ、そういう要請はないです…」と正直に答えていまいました。



おばぁちゃん謝る気すら全然ないじゃん!( ゚Д゚)ゴラァァ



村上さん、笑顔で聞きます。
「じゃあ、わかったら謝りに行けるね。おばぁちゃん、いつまで東京にいるの?」
「明日です」


早っ!!ΣΣ(゚д゚lll)ズガーン!!  


「ぇえっ!!明日!?…じゃあ無理だねぇ…w」
もう失笑してます…


「おばぁちゃん、そんなに責任感じなくていいよー悪い事したのは息子なんだから」
と切り返すと
「そうですよねーそう思います」とサクッと答えました。



おばぁちゃん本当に謝る気なさそーだなー…


自分の宗教式に供養してるからもういいとか思ってるのか…?


「おばぁちゃん、いつ事件の事知ったの?」 と村上さんは雑談っぽく聞きました。

「4/18に知らせを聞いて、私倒れてました」


「え!倒れたの??」

村上さんは身を乗り出して驚きます。


「はい~それで5/22に息子に会いにきました」



…(゚Д゚)え?

さっき「昨日初めて面会した」って言ったじゃん!!


村上さんも驚いて首を傾げています。
「あっ昨日以外にもわざわざ息子さんに会いに来たの?」

「孫の結婚式があったのでついでに…」


(;゚ Д゚) …?!



は?
ついで…??


息子の不祥事(てか殺人だぞ!)より孫の結婚式かよ!


村上さんは「なんか良い事と悪い事が重なったねー」と失笑してました(萌)


おばぁちゃんは「幸子さんが夢枕に立って…」と暴走し始めたので
「娘さんはお金送ってこないの?」と聞くと
「昔は送ってきたんだけどね、バブルが崩壊して…」と話が長引きかけ、
すかさず「○○(被告人の名前呼び捨て)は?」と質問を変えると
「金は借りたら返さないです…」と。



(゚Д゚)ハァ?
おばぁちゃん…質問聞いて!!!!!!!


「おばぁちゃんに送った事は?」
「ないです」


「これでおいしいもの食べて、とかなかったの?」
「んー…我慢しろと言われてきました」


「随分冷たい息子だねー(笑)」

傍聴席からも笑いが聞こえてきました。



母親が戻り、被告人が席に着きました。
検察官の質問です。

この女検察官、喋り方が独特で、一言ずつ区切って喋ります。
かなり聞き取りづらいし、イライラして眠くなります。

事務官を見てみたら寝てました(やっぱり)

被告人は幸子の事を
「『これだけ殴ってもわからねぇか?』と聞いても『わからねぇ』と言うので『こりゃダメだな』と思いました。」
と話していました。
幸子はいつも酒を飲むと被告人のアパートで騒いで暴れて
被告人を困らせていた、という主張です。
別れ話をしたが「どうしてなんだ」と拒否されたそうです。


…本当か?(素朴な疑問)


事務官はまだ寝ています。
(´-`).。oO(わかる…わかるよ…)



ちなみに被告人は糖尿病と肝硬変で生活保護(12万8千円)を
受けていた事がわかりました。

単純に酒の飲み過ぎだと思うが。


気がついたら私も女検察官の喋り方にやられて寝てました。




注:この記事は2009年6月に霞っ子のブログから移動したものです

  登場人物は全て仮名です


ばぁさんの考える事がわからん…(汗)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/64-5364a06b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。