Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/49-84b5f031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

女性が好きっていうのは私も検察官も男ですから好きなんですが…(ニヤリ)

2008/03/06



午後は宮本さん(裁判官)が裁く「児童買春、児童ポルノ~」です!!ハァハァ

お昼ご飯を食べて開廷15分前に法廷へ行くと…




すでに行列が…!!Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ



早くない!?

法廷の扉が開くなり傍聴人は一気に席につき、あっという間に満席。
10分前で満席…恐ろしや。



あとからあとから傍聴希望者がやってきて
その度に書記官が「満席です!」と言っていました。
「満席」の札をつくればいいのに…


被告人はセンター分けの長めの髪で口ひげの様子とか
秋篠宮様を意識してるのか…?と思いました(・∀・)



肌は浅黒く、シルバーフレームのメガネをかけ、
ストライプのYシャツにブラウンのネクタイというスーツ姿でした。
手を前に組んでリラックスした雰囲気でした。
保釈中でピカピカの革靴を履いていました。



被告人は武蔵村山市在住、昭和41年生まれの41歳。


職業を聞かれると

「会社役員…会社経営……」と動揺していました。
落ちついてるように見えたけど緊張していたのでしょうか。



被告人は平成19年5月上旬頃、

蒲田プラザホテルで18歳未満の少女と知りながら、

5万3千円を渡して児童買春をしました。



さっきの新人検察官が起訴状を読み上げています。
つっかえつっかえになってるけど…大丈夫か…?

児童買春である第4条を第40条と言い間違えて
ホスト検察官失笑です( ´_ゝ`)ガンバレ


被告人は東京都で生まれ、高等専門学校を卒業後、
いくつかの家具屋で働き、平成12年から家具屋を経営していました。
婚姻しており、現在は妻と住んでいます。


同種の前科1犯で平成13年7月11日に
懲役1年6月、執行猶予3年の判決を受けていました。


平成19年4月末、携帯電話で出会い系サイトを閲覧し、
デリバリヘルスを運営している男と連絡を取りました。


この男は、中学生や高校生を雇っていました。

被告人は「海外へ買春ツアーをしないか」と企画を持ちかけるが
「その前にウチの子と遊ばないか、16歳の子もいるよ」
と誘われ乗ってしまったそうです。



被害者と待ち合わせして会った際、
「いくつ?」と聞くと「16歳です」と少女は答え
「大丈夫かなぁ…」と言いながらもホテルに連れて行き
5万3千円払ってSEXをしました。




被害者の供述によると…
お小遣いが欲しくて出会い系サイトを探し登録したそうです。
数日後、連絡がきたので待ち合わせをしてお金を受け取りSEXをしました。
お風呂に入らずフェラチオ(検察官はいつもなら口淫とか言うのにな~)をし、
お尻を舐めるように要求されたが、それは断ってSEXをしたそうです。



30分程でホテルを出たとか。


ひと昔前のテレクラもだけど売春なんて信じられん…(・ω・;)
そのまま拉致監禁されたらどうしよう…とか
シャブ漬けにされたら…とか殺されたら…とか怖くならないのかな~
物騒な時代ですからね。



被告人の供述。
「私は10代の頃風俗を知り、風俗や出会い系をやるようになりました。私はいわゆるロリコンであって、18歳未満には特に興奮します。未成年とSEXをする海外ツアーを企画しましたが、少女を紹介され誘惑に勝てませんでした。未成年に年齢を聞くと16歳と言われ捕まらないか不安になりましたが、性欲に勝てずフェラチオをしてもらいコンドームをつけてSEXしました」

平成13年の事件では、15歳に対し2万、1万を払っていました。



そんなわずかな金で売春してるのか!中学生!



情状証人が2人きました。
仕事の関係者であるSさんと、被告人の奥さんです。



最初は弁護人→Sさん
「お仕事は?」
「家具製造、会社役員です」



「なんていう会社ですか」
「有限会社○○です」



「どうやって被告人と知り合ったんですか」
「10年前、よく被告人のとこにオーダー出していたので…」



「被告人は当時、何をしていたんですか?」
「工場長を…」



「被告人にはどんな印象をお持ちですか」
「非常に素直だと思います」


「被告人の前科を知っていますね」
「はい」



「前回も情状証人として出廷されてますね?」
「はい」



「どんな気持ちですか」
「非常に残念です」



「今後このような事がないように監督できますか?」
「はい!」



検察官→Sさん
なんといきなりホスト検察官の質問から始まりました。
新人は今日は質問のチャンス与えられずですかね( ´,_ゝ`)ガンバレ



「前回も証人として出廷されたんですか?」
「はい」



「その時はどんな話をしたんですか?」
「証人としてですか?指導すると言いました」



「具体的にはどんな指導をしたんですか?」
「まぁ指導と言っても特に何も言ってないんですよ…わかると思いますけど…(わかんねぇYO)でもこれからは厳しく言うつもりであります」



「被告人が出会い系サイトとかやってたの知ってました?」
「はい、私はネットとかやらないし、被告人がやってるのは知りませんでした」



宮本さんが乱入。
「今までは性関係の事は言いづらかったんですか」
「仕事上で………はい、まぁそういうわけです」



「またやっちゃいましたよねぇ」←ホスト検察官
「言い訳になりますが、これからは言っていきます」



奥さんが証言台に立ちました。
細身の女性です。
かなり長い黒髪をひとつしばりしていました。
トップは白で膝丈のスカート、黒タイツ、黒いパンプスを履いていました。


弁護人→妻

「結婚して何年目ですか」
「えーー……9年です」



「繰り返しの犯行についてどう思いますか?」
「一番初めに聞いた時は信じられなかったです…警察に聞いた時は本当なんだと…(震えた声で)悔しかったです」



「拘留中は給料の支払いとか経理で苦労したんですか?」
「はい…7人の…従業員の生活もありますし~お付き合いもあるので~大変でした…」



「これから先、どういう風に考えていきますか?」
「えーっと……前回の事で本人は本当に反省してると思って本人任せにしてしまったとこもあるので今後はしっかり監督しようと思います」



ホスト検察官→妻
「前回どうやって監督すると言いましたか?」
「出来るだけ夫の変化に気がついて監督しようと思ってました」



「事件後、お二人で話し合いはあったんですかぁ~?」
「検察の方や警察の方が私に気を遣ってくれて、大まかにしか聞いてないので…もう二度とやらないとは言ってました」



「こんな事聞いて失礼かもしれないけどね、奥さんと性関係はあったんですか?」
「(怒りを押し殺したような声で)言わないとダメですか!?」




宮本さん、速攻助け舟。
「まぁ証人ですから。言っても言わなくても」

納得する妻。
「まぁ結婚して9年ですから…昔のようにとは言いませんが…」



ホスト検察官は遮って
「あっ詳しくは言わないで結構ですよ(汗)」

私も焦りました。



宮本さんから妻に質問です。
「被告人が出会い系とか見てるの気がつかなかったんですか?」
「はい…携帯のチェックはしてませんので…家にあるパソコンは私が使ってるので…気がつきませんでした…」



「保釈されて被告人は事件の事何て言ってるんですか?」
「事件については…ただ謝って後悔していると、もう二度としないと」



「被告人とは…2回もこんな事やってますけど、まだやっていこうとは思ってるんですか?」
「はい…」



「別れようって考えもあったんですか?」
「色々考えが巡りましたが、今の時点ではそばにいて厳しく2度とこんな事いないように見張んないとダメかな~って思ってます」



「去年の5月上旬の事件ですが~常に一緒にいるわけじゃないですよね?」
「はい」



「休みの日は別々って事もあるんですか?」
「いえ、そんな事ないです」



「平日あなたは家にいるの?」
「いえ、仕事しています」



「じゃ被告人が外に出たらわかるの?」
「いえ、あの営業もやってますので外出自体は悪くないので…」



宮本さんは納得して妻への質問を終えました。





弁護人→被告人
「従業員は何人いるんですか?」
「7人です」



「あなたは社長ですが…営業もやってるの?」
「はい…まぁ私が一人でやってますので…」



「あなたの仕事は木工家具と…内装もやってるんですか?」
「はい。若干やっております」



「年間の売り上げは?」
「約1億です…」



Σ(゚Д゚;) 



宮本さん、水色のタオルを口に当ててる!
花粉症…?暑いのかな…?どうしたんだろ…そわそわ


「勾留されてる間、奥さんが大変苦労したのは知ってますか?」
「はい」



「従業員も仕事何したらいいのかわからない、と」
「はい…」



「わずか20日の勾留で会社がかなり混乱したみたいですが…もっと続けばどうなってましたか?」
「たちゆかなくなったかと…」



「独立して何年目ですか」
「7年です…」



「もう絶対にやらないと誓えますか」
「はい」


被告人はずーーーーーーーーーーーーっと下を向きっぱなしで
ボソボソと小さな声で答えていました。


ホスト検察官→被告人

「平成13年の事ですが、裁判ありましたよねぇ?」
「はい」



「どんなこと考えましたか?」
「ま、その時も反省してやらないと誓いました」



「何でやっちゃいけない事なのか考えました?」
「考えました」



「どうして?」
「まだ正常な判断の出来ない子供にそのような行為をしてしまったので…大人としてもっと考えるべきでした…」



「まだ幼いからあとで大きくなった時に後悔して深い傷になったら大変ですよねぇ!?」
「はい…」


「出会い系とかやめようと思わなかったの~?」
「それは自重しました…」



「奥さんと同じ会社で働いてたんでしょ?何て言って外に出てたんですかぁ~?」
「ほとんど無いんですけど~休日は妻と過ごしますので~仕事忙しかったし…」



「海外の児童買春ツアー行きたーいと言ったんでしょー?」
「まぁそういうの雑誌とかで読んであったらいいな~って話した程度で…」



「でもパスポート送ってるでしょー!?」
「……はい」




宮本さん乱入。
「海外は捕まんないから?」
「そういうわけではないです…」



「立派な奥さんいるのに何でこんな事するんですか~!?」←ホスト検察官
「今後は繰り返しません!」



「いや、どうしてそう思ったのか聞いてるんです!」
「…………」



「あなた自身、どうしてこうなったかって分析してますか?」
「…………(斜め下を見たまま長い沈黙)」



「そこまで分析できないですかっ!」
「自分自身の弱さと責任感…そこを突き詰めてまじめに考えてなかったんだろうと…」



待望の宮本さんによる被告人質問です☆
「海外でやっても日本でやっても処罰されるの知ってます?」
「はい、最近…」



「最近知った?」
「はい…」



「今まで行った事はあるんですか?」
「ないです」



「バリ行こうと思ったの?」
「はい」



「今回そうやって日本の恥をさらそうと思ったの?」
「すみません…」



「(宮本さんニヤニヤして)女性が好きっていうのは私も検察官も男ですから好きなんですが…(ホスト検察官もニヤリ)あなたの場合、ロリコンなの?」
「自分ではそうは思ってないです」



「何歳ならいいの?」
「………」



「中学生とか高校生がいいの?」←グイグイ押します!
「いえ、そういうわけじゃ…」



「若ければ若いほどいいの?」←しつこい!w
「いえ…」



「調書によるとね、これ…若い子の肌の方が瑞々しいし、抵抗されるとかえって興奮すると調書に書いてますけど(ニヤリ)」
「……………そういうわけじゃ…」



「出会い系を10回くらいやってと言ってますが他は?風俗?」
「ピンサロとか…まぁ付き合いで(フッと笑う被告人)」



「付き合いって!どーゆー付き合いですかっ(笑)」
と思わず突っ込む宮本さん(萌~)




「18歳未満は前回の事件後、今まで一回も無いの?」
「……ないです」



「注意してたの?」
「注意してたというか…」



「都内にいなかったの?」
「いえ…あの…注意してました」



「アナタ42歳ですが会社の経営もしてるのに恥ずかしくないんですか?」
「恥ずかしいです」



「従業員は知ってるんですか」
「一応知ってます…」



「事件も?買春って…」
「はい…20日も空けたので正直に話しました…」



「前回も奥さんとSさんが来てくれたんですか?」
「はい」



「奥さんは恥ずかしい思いしてますよね、どう思うの?」
「申し訳なく…」



「次やったら刑務所に行くかもって話があったと思いますが、刑務所に入る覚悟はあるんですか?」
「…………(長い沈黙)」



「どーなの?正直なところは」
「………覚悟は…………(超小声で)困ってしまうんですけど…」



こんな事、村上さんとか上岡さん、菱田さんの前で言ったら
逆鱗に触れてただろうなぁ…と思いました。



「困るっていうのは奥さんとか従業員って事?」
「はい」



「じゃあ何で行為の前に思わなかったんですか!」
「本当にバカでした…」



「あなたの周りにロリコン仲間とかいないの?」
「ないです」




論告が始まったのが14時28分…
またしても押してます…




懲役1年6月の求刑をしました。


最後の言葉
「本当に今回の件は深く反省しています。色んな人に迷惑をかけてしまって妻や関係者にも迷惑をかけてしまって反省しています。本当にすみませんでした…」





裁判は10分延長で終わりました。



注:この記事は2009年6月に霞っ子のブログから移動したものです

  登場人物は全て仮名です


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/49-84b5f031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。