Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/40-1ffacc84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

路上で古本売ってると道路交通法違反

センチメンタルバスを聴いていたら
ふとヒスブルのナオキこと赤松直樹の連続強姦事件を思い出しました。


彼が逮捕されて裁かれてると知ったときはすでに高裁でした。
なんでこんな大事件を私は知らなかったんだろう…と当時ずっと疑問でした。


逮捕日が2004年3月…


私は海外でした。納得。
しばらく帰国しなかったのでニュースが風化していたようです。
傍聴したかったなー…と今でも思う被告人の一人です。

なんで人気あったのに(時の人とはいえ)わざわざ強姦したんだろう…
ファンを呼び出せばいくらでも来たんじゃないのかな~って思います。
被害者にオカマもまじってたみたいだし…あぁ不思議。
出所はまだまだ先ですね!(懲役12年)


今日もヒムロックを聴きながら傍聴記書いちゃうZE~☆


あっところで。
「季節が君だけを変える」のPVに次々と出てくる若者たちは
素人さんなんでしょうか…それとも役者の卵…?
時代を感じさせる格好ばかりでついつい釘付けになります。

誰か教えてください。


2007/04/24


宮本さんが裁いてると思って入った533号法廷。
思ったより柴田さん(裁判官)もホスト検察官もイイ感じだったので
引き続き「道路交通法違反」を傍聴することにしました。


午前中でしかも不法滞在と並んで人気のない道交…
傍聴席は私だけか…



と思いきや、オービスマニアの礼田さんが入ってきました!
さすが礼田さん…!
道交裁判を傍聴すると礼田さん遭遇率めちゃくちゃ高いですw


傍聴人は私と礼田さんだけでした。
(途中から1~2人出入りしてました)


被告人は白髪交じりのオジサンでした。
上下黒いジャージの定番被告人ルックでした。

名前の最後に「美」がついてたので半分くらい期待してましたが
やはり男でした…女被告人はテンション上がります。

(つまり私と礼田さんのテンションは下がったのです)


昭和29年生まれで本籍は東村山市。
住所不定の職業は露天商だとか…



被告人は平成19年3月1日13:45~15:25の間、
新宿3丁目の路上で本を売っていたと起訴状で読まれました。


罪名は「道路交通法違反」。


へ~こういうのって道路交通法違反になるんだ~
道交って内容色々あるんですね!


被告人は山形県で生まれ、高校卒業後に上京し会社員として働いていました。
そして平成14年頃から路上で古本を売るようになりました。
離婚歴があり、子供が5人います。
前科は8犯あります…!


山あり谷ありの人生を歩んできたんでしょうね…


平成14年 東京地裁 道路交通法違反(今回と同じ内容) 罰金5万
平成17(14?)年 東京地裁 道路交通法違反 罰金5万
平成15年 東京地裁 わいせつ文書所持(今回と同じ) 懲役8月執行猶予3年
(平成17年 執行猶予取り消し) 
平成16年 東京地裁 道路交通法違反 罰金5万
平成17年 東京地裁 道路交通法違反 懲役2月
(平成17年6月に終了)
平成17年 東京地裁 道路交通法違反 罰金3万


などなど。
なんかこうやって書き並べてみると文字化けみたいですね…


被告人はかねてから露店で古本を売って生計を立ていました。
平成17年5月の事件によって仮出獄を受けた後も古本を売り
警察に4度も注意されながらも続けていました。


2人のバイトを雇っていて(スゲー☆)店は1日7~8万の売り上げがありました。

結構儲かってますね…


過去の逮捕歴を見る限り反省してないし
おいしい仕事なんだろうな~


本はホームレス風の男から買っていたそうです。
週刊誌は50円で入荷し100円で売っていました。
ビデオは100円で入荷し300円で売っていました。

雨の日以外は毎日営業。


そしてバイト2人に日当を出し手伝ってもらい店を切り盛り。
被告人はサウナで2500円払って寝泊りしていたそうです。


ホント東京ってなんとでもなるんだな~って思います。

前回の裁判で「まともな仕事がしたい」「生活を安定させて家族と暮らしたい」
と言っていたという被告人。


心にもないことを言っていたのでしょうか…再犯が早すぎます(ノД`)
今日の裁判で何を言うつもりなのでしょうか。



いきなり被告人質問です。
さすが元13部村上さんの下にいた柴田さん。
被告人を立たせたままでの被告人質問になりました~☆キビシィ~


弁護人→被告人
「道路を不正に使用して裁判を受けていますがどうしてこんな事をしたんですか?」
「生活の為です。生きていく…」


「悪い事だとわかってますか?」
「はい。わかってます」


「人通りの多いとこで露店を開くと通行を妨害されるってわかってますよね」
「はい」


「4回もやってなぜまたこんな事をしたんですか」
「やっぱり生活の為…仕事がそれしかなかったんで~」


「また捕まると思わなかったんですか」
「ま~それは頭にありましたけど~」



のんきに答える被告人…
刑務所に入るのも苦じゃないのかなぁ…


「でもやめられなかったんですか」
「まぁ~そうですね」


「警察が来て露店は片付けました?」
「はい。片付けました」


「そこでやるようになったキッカケってなんなんですか」
「前にやられた方が体を壊したのでその場所を譲ってもらいました」



いわゆる縄張り…?(・∀・)
やっぱあるんだぁ~(感心)


「ヤクザなどと関わりは?」
「ないです」


「バイト2人はこういう仕事に巻き込んだんですか」
「いえ、それは前からやってて~引き継いだだけです」


「面会には私以外で誰か来ましたか」
「知り合いが来ましたけど」


「どういう知り合い?」
「ま~新宿で本を売るようになって知り合った人なんですが~色々と親身になってくれた人で…」


「元奥さんや子供は?」
「来てません」


「社会復帰したとして仕事はどうするつもり?」
「もー今度こそはっ!真面目に働きたいと思ってます」


「それならどのような仕事を探すつもり?」
「もし仕事があったら積極的に面接にいきたいと思います!」


「住み家はありますか」
「ないです」


「今回の事件の事どう思ってますか」
「非常に反省しています!」



…本当に?( ´_ゝ`)  





検察官→被告人
「生活の為生活の為って言いますけどね~今まで何回もそれ言ってますよねぇ。実際努力したことあるんですか」
「ありますが…実際住所不定なんで~」


「実際何したの?」
「新聞見て応募したり~」


「職安には?」
「行きました」


「たとえばパチンコ店など住み込みがありますよねぇ~そういうとこには行きましたか?」←かなり具体的です!
「いえ」


「何で?」
「何でって…(笑)思いつきませんでした」


「家がないからって事が原因だったら最初に思いつくんじゃないの?」
「………」



…5秒後。

「ハイッ答えられないって事ねっ!」


ガンガンいくなぁ…この検察官…(・ω・)

「同じ事はもうしないって話してますよね~ただ仕事がないって現実は変わらないんだよねぇ。それだったらまたやってしまうんじゃないんですか?」
「いえ、ですからできる仕事があれば頑張っていきたいです」


「でもそれは前から努力してたけど見つからなかったんでしょ!?」
「ハッハァ…(笑)」


「いや、笑っていいとこじゃないですよっ!」



ホスト検察官ヒートアップしてます!
エリートが住所不定に…興奮します☆ヒュウ~


柴田さんがそっと助け舟(萌~)
「結局仕事がなければまた同じ事を繰り返すんじゃないかと検察官は言ってるわけ」
「あ…はい」


「保護施設でお世話になろうとか思ってないんですか」
「前はお世話になりました」


「仕事は見つけたんですか?」
「でも自分のやりたい事じゃなかったというか…」


「それは仕事を選り好みしたって事?」
「えぇ(笑)はい」



「じゃー結局それって住所があってもその仕事にはつかなかったって事でしょ?」




柴田さんの被告人質問になりました。
笑顔でやさしく話しかけます。



「あの~生活の為なら仕方ないじゃないかという様子が伺えたし、色々と責められたってどうしようもないじゃないかという風に感じられましたが…出所して仕事を探すんじゃ遅いし、あなたの年齢などを考えると恐らくもう仕事を選べる状況ではないかと思います。どんな仕事を紹介されたんですか?」
「ビルの清掃…まぁどうしても人数?時間も限られてしまうんです………まぁ稼ぎが少ないと」


「ここでこうしてれば局面は変わったんじゃないかという時はありますか?あそこでこんな事してれば…とか出所してから今までで…ありますか?」
「…………」


「今答えは出ないかもしれないけど、考えないとまたすぐ繰り返して警察に捕まってしまいますよ。すぐ答えは出ないかもしれませんが、よくふり返った方がいいと思いますよ。すぐにね、答えは出ないかもしれませんが(←3回目w)よく考えてください」
「はい」



最後の言葉
「特にありません」


最後に裁判長に言う事はないと答えた被告人ですが
柴田さんはそんな被告人に優しく語りかけました。



「社会で迷惑をかけないで生きていくにはどうしたらいいのか、毎日よく考えてくださいね」


柴田さんの言葉は被告人に届いたのでしょうか…
私はまた近いうちに法廷で会えると思いました(・ω・)




注:この記事は2009年6月に霞っ子のブログから移動したものです



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/40-1ffacc84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。