Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/18-89d55137
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

泣いて頷く両親と微動だにしない被告人

医大生が進路に悩み鬱病状態になってしまい
自分の通う大学を爆破した事件です☆


初公判の様子
自分の大学を爆破しちゃったアノ医大生
知識をさらけ出す検察官にイライラ



判決の時間はわずか10分。
傍聴席は初公判と違いガラガラでした。

灰色のスーツにメガネをかけた被告人が判決を待ちます。


初公判の時より更にぼんやりした顔をしていました。




判決は懲役3年、執行猶予5年。


執行猶予がつきました。

手を両膝に置き微動だにせず裁判官の話を聞く被告人。
父親は下を向いて何度も頷き母親は泣いています。


判決の理由として
☆過剰な自負心があり、酌量の余地なし
☆人が多く出入りする時間を狙っていた
☆計画的かつ危険な犯行
☆更にもっと大きな爆発物を送ると脅かして恐怖を与えている

情状酌量の理由として
☆すでに大学に36万6千円の修理費など払っている
☆曖昧な供述をしつつも反省している
☆学校をやめ、一定の社会的制裁を受けた
☆父親が情状証人として法廷に出廷し監督する事を約束した
☆被告人に前科前歴がない



裁判長は判決文を読み終え
「今回君がやった事は、弁解の余地がないと思います。卑劣な行為です。執行猶予という結論としましたが、あなたの能力を少しでも社会に還元するようにしてください」
と被告人に声をかけました。



頷くだけの被告人。


被告人の母はずっと泣いていました。




注:この記事は2009年6月に霞っ子のブログから移動したものです

  



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/18-89d55137
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。