Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/172-a635093d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

市橋達也 第2回公判!@千葉地裁

市橋達也の公判2日目。
今日は6時半起きです。

実家だから寝坊の心配はないけど、
朝からテキパキ動けず電車に乗り遅れました…


次回から更に30分早く抽選が締め切られるのに大丈夫なんだろうか…


今日は280人近く希望者(バイト多数)が集まりました
まだ倍率高いです…('A`)

今日は私の前と後ろの人が当たってました…チッ
傍聴仲間(もはや協力体制w)もハズレて全滅です…


が、しかし!
傍聴券を2枚余せている人を発見!
迷わず声をかけました!


早い者勝ちDA!
物乞いと呼ばれても構わない!


一瞬考えてたけど、傍聴券を2枚分けてくれました!ヤッター
2枚同時に手に入るなんてある意味強運だぜ…

「市橋の追っかけギャルですか?」と聞かれました。
違います。



そんなわけで!



今日は朝から夕方まで市橋!!(・∀・)
とうとう正面から顔見れたYO


なかなかいい顔してました!
私は好き!(・∀・)

傍聴仲間は「全然ブサイクじゃないけど…」と言いながらガッカリしてたので好き好きなのかな…


千葉地裁では被告人は傍聴席に背を向けて座るので、市橋の顔がちゃんと見えるのは入廷の時のみ。
座ってしまうと、やや下を向いたまま微動だにしないので表情は全く見えません(>_<)
入廷するとき、両親に向かって90度のおじぎをしましたが、無視されていました


今日、顔を拝むチャンスは4回ありました
休廷を利用して被告人名が「少年」となってる裁判を傍聴してたら(余裕かましてすみません)、市橋の入廷に遅れてしまったので、私が拝んだのは3回ですが…

市橋は、昨日と真逆の真っ白なシャツ姿でした
パンツは同じ黒いデニムです
中にスパッツを穿いてるのか、テカテカした素材の黒い布がウエスト部分から出ていました

顔色はとても悪かったです


今日はリンゼイさんの遺体を解剖した女性医師の証人尋問でした
千葉大医学部出身で現在は千葉大学院にいらっしゃるそうです…市橋のOGですね
現在までの執刀経験は700~800人(そのうち主執刀は400人ちょっと)。

ショートカットで右サイドだけ小さなみつ編み(胸まである長さ)という不思議な髪型で、髪の色は緑でした。
うっすらとかじゃなくて、髪全体真緑です!
金のメガネに金のスニーカーでした…個性強すぎです!

証人の話によると…
クビだけでなく、両手、両足にも皮下出血がみられ、膣入り口の粘膜下にも出血。
一番考えられる死因は、首を圧迫されての窒息死。
そして、心臓マッサージなどの応急処置のあとは、はっきりとは認められなかったそうです。

首を圧迫して死に至るまでの時間を検察官に聞かれ
「まぁ3分は最低でも………」と淡々とした様子で証言していました。

被害者の体に残っていた斑点について、
☆鋭利なものでつけられたものではない
☆切りつけられたものではない
☆押すという行為でも斑点はできる
☆腕、足など下に骨があるような所を使って強い力で圧迫すれば、強姦のときの揉み合いでも皮下出血はできる

弁護人→証人
「素人が救命行為(人工呼吸、心臓マッサージなど)をした場合、その痕跡が残ることはありますか?」
「人工呼吸は残りません。心臓マッサージは大抵肋骨が折れますので残ります」

「肋骨が折れるのは、強い力で心臓を圧迫するからですか?」
「心臓は、かごのように守られています。振動は伝わらないので、折れるくらいの力を加えないと(心臓マッサージは)伝わりません」

「救命の知識や資格がある方がやると残るということですか」
「他の解剖例で、やられた方を見ると、肋骨・胸骨が沢山折れていることもあります」

「新しい傷、古い傷や斑点は、法医学でわかるのでしょうか」
「短時間の間に複数の傷があった場合、例外は骨折、できることもあります。皮下出血、表皮剥奪は難しいです」

「今回の事件で多数の皮下出血、表皮剥奪がありますが、前後がわかることはありますか?」
「わからないです」

「死因について、窒息死が最も考えられると(書類に)書いてますね?」
「はい」

「気管が閉塞され、脳に酸素がいかなくなるってことでしょうか」
「はい」

「鼻腔閉塞による窒息も考えられるのでしょうか」
「考えられるけど、否定は出来ないという考えです」

「鼻腔閉塞と、けい部圧迫の2つもあったと考えられるでしょうか」
「同時にあった場合、鼻腔の特殊な見識(?)がないので否定できないです」

「けい部圧迫から死に至るまで、どのくらいの時間がかかるとお考えでしょうか」
「15分くらいですかね」

「平成19年3月25日22時頃、けい部圧迫行為があったと言ってます。被害者の死亡推定時刻が3月26日夕方ということは、法医学的にあり得るのでしょうか」
「それだけ長い時間もつには、何だかの処置をしないと…」

「救命行為がないとここまで長く生きられないという事?」
「そうです」

約30分の休廷(長すぎ!w)後、再び入廷した市橋はリンゼイさんのご両親に90度のお辞儀をしましたが、両親はソッポを向いてシカトを決めてました

裁判員からの質問を抜粋。

「首の軟骨が骨折するには、どのくらいの力がかかっていたかわかりますか」
「軟骨ですのでーどのくらいの力となるかわかりませんが、骨ほど強い力ではないです」

「強いか弱いかはわからないのでしょうか」
「そうですね、私実際触ってますのでー親指で思いっきり押せばへこむくらいです」

「被害者は病気を持っていると話したそうですが、そういったものはみられましたか」
「えー特になかったです。一応、一通りの組織は見たんですが、形がわかる病気はわからなかったです。形がかわらず弱ってる場合もあるのですが、それは解剖ではわかりません」

「心臓停止後に皮下出血が起こる可能性は?」
「心臓停止後に打撲を加えても、ほとんど起きません」

「気道がわずかにあいていた場合、声は出ますか」
「まず、」完全にしまってたら無理です。声を出すにはまず十分な息を吸わないといけないので、空気の流動があれば大丈夫かと…」

「気道が塞がって軟骨骨折しても、短時間であれば回復できると仰ってましたが…回復した場合は、普通の生活を送る事は可能なのでしょうか」
「短時間であれば、意識を失わない程度なら、普通に戻って生活することは可能です」

「回復しても再びしめたら死に至りますか」
「そうですね」


右陪審→証人

「不完全な窒息で最長どのくらい生きられるのですか」
「不完全な窒息を長くというのは大変珍しいのでー…たまに文献や論文で見たことはありますが、統計は見た事ないです」

「あまり長く不完全な絞め方で死んでも、死因は窒息死ではないんですか」
「不完全な絞め方で死ぬまで絞めたなら、これは窒息死です」


17:07終了。
角膜が混濁する原因は乾燥で、今回の事件はリンゼイさんが土の中にいたこと、目を開けてたか閉じてたかも左右するので、死亡推定時刻は想定しにくいそうです

リンゼイさんのお父さんは、ハンカチで涙を拭き、リンゼイさんの写真をギュッと握っていました…



ミヤネ屋の暑いとこに行くリポーターの方と少しお喋りしました。
「市橋の追っかけギャルですか?」と聞かれました。
違います。
彼は番組で用意された傍聴券で傍聴し、必ず途中で帰るので、万が一はずれた時は帰る時に傍聴券を譲って欲しいとお願いしときましたw


乞食が物乞い作戦です!へへっ


今日の目玉は、色黒で坊主頭の右陪審。
左手首に茶色い革?のブレスレットを2つもして、左手の薬指に指輪。
右手の中指と小指に指輪。
そして緑のシリコンのブレスレット、そして白い腕時計。

もーつけすぎだろ!!www


今日も大満足の一日でした
有給取った甲斐があったぜ☆キラッ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/172-a635093d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。