Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C61] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/169-c09257c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

厳罰を希望する被害者が弁護側の証人として出廷w

【2010年の傍聴記です】

宮本裁判官の裁判を傍聴しに休みをとって岐阜地裁へ☆

岐阜地裁の方は、問い合わせの電話をするといつも親切丁寧に教えてくれるので大好きです
受付の方(私が行くときはいつも中年の男性です)は、笑顔でのんびりしていて田舎っていいなぁといつも思います

久しぶりにお会いした宮本さん(注:一方的目線です)は、一気に白髪が増えた気が…あれ。
岐阜生活、お疲れなのでしょうか…

なんて勝手に心配しつつ、ナマ宮本さんに大興奮。
青いシャツ、よくお似合いです!(*´ω`)
黄色と青のネクタイ素敵です!(*´ω`)

罪名は傷害。

被告人・沢村は、色白でガチムチ。
竜の和柄プリントがされた黒いロンTに黒いスウェットのパンツ。口ひげの怖い顔。
傷害罪に納得な容姿です!←失礼
絶対アッチ系でしょ?ソッチ系なんでしょ!?

沢村は、傷害罪に似合わず12/24生まれでした…
ドリーミンな日じゃないか、なぜグレた。30歳、沢村よ。

あ、ちなみに無職です。

起訴状が読み上げられました。
平成22年9月末、岐阜県にある被告人宅で、交際相手のアカネ(41)を両手で押し倒し、腹部を蹴り、顔面を殴打し、包丁を振り回して、アケミに対して全治7日間のケガを負わせた、とのことでした。

被害者は交際相手でした。
荒くれてんなー

沢村は岐阜県生まれで大工やトビ、トラックの運転手などの仕事を転々とし、犯行時は無職でした。
離婚歴は3回(多っ!)で、母親と暮らしていました。

罰金前科1犯を含む前科3犯。前歴2回(多っ!)。
覚せい剤の累犯前科が3回もあります。

沢村とアカネは平成18年頃知り合い、付き合うようになりました。
同年末頃、覚せい剤取締法違反で拘束されてる間の平成19年1月17日にアカネと獄中結婚(えーw)
そして平成22年3月12日、出所後に離婚(えーww)
離婚後もアカネは沢村に好意があり一緒にいました(えーwww)

バツ3なくらいだもんなぁ、沢村モテたんだろうなぁ。
なぜかこういう怖い男の人ってモテますよね。私は絶対嫌です!

しかし、沢村は働かず金をせびったり暴れるので、アカネは次第に疎ましくなってきました(だろうねw)

事件の日、アカネが他の男と写ってる写真を見つけ沢村は腹を立て起訴状の通り、殴る蹴るの暴行をしました。
アカネは沢村に対し、厳しい処罰を求めてるそうです。そりゃそうだ。


宮本さんはイライラ全開でピリピリしていて(疲れてる…?)刺々しい進行でした…


弁護側の証人は…


まさかのアカネでした!
(゚д゚)ェェェェェェェェエエエ!! 
アカネは被害者じゃなかったのかYO
数分前に検察の口から「厳しい処罰を求めてる」と聞いたばかりなんですが…

えー


アカネは骨ばった細い体で、長い茶髪を右サイドで結んでいました。ピンクの豹柄の服です…41歳パワフルだなー

弁護人→アカネ

「今日、法廷に一緒に来たのは誰ですか」
「うちの娘のMと、沢村の母です」

えっらいハスッパな喋り方でしたw

「ケガはどんな感じですか?」
「まだ娘と病院に行ってます」

「被告人から手紙はきましたか」
「はい。4、5通です」

「手紙にはどんなことを書いてましたか」
「最初は二度と近づかないと、謝罪の手紙でした。あとの方はまぁ私のこと恨んでると思うんでー…まぁそういうのとぉ~でも気持ちはあるぞ、と」

急にクネクネしてはにかむ少女のように喋り始めました…えー

「何であなたを恨むんですか」
「訴えないって言ったのに訴えたんでぇ~」

ん?

アカネは「沢村は母親や家族の愛情なく育ってきたので、人を信用できなくなってて、その中で自分だけに気を許してくれる」と中二病みたいなことをペラペラと喋り始めました。
え…大丈夫なの?裁判やる必要あるの?


「あなたは刑務所出てから、「○○の家」っていう私(弁護人)の理事してる更生施設に入ったね?あなたの身元引受人になったのが、被告人のお母さん?」
「そうです。彼も当時、更生するため力になってくれたし」

「あなたは○○(会社名)で働いて立ち直ったのね」
「はい」

「彼の更生の為にも力になったのね」
「はい。仕事斡旋しましたしぃ~暴力団とかかわってしまった時は、私が出向いて断ち切りましたっ」

頼もしいぜ、アカネ41歳。

「暴力を受けたあと、医者に行って告訴した理由は?」
「怖さもあるしぃ~うちの娘は…私は娘に助けられて立ち直った部分もあるしぃ~娘も大事やったしぃ~沢村も大事でしたけどぉ~やっぱ大事なのは娘なんで~」

「娘さんは今なにしてるの?」
「大学生です」



『私的には~気持ちは変わってないですよっ!好きですよっ!』

突然、力強く告白しました。
男気ハンパないです!アカネ41歳!

「あなたも被告人に手紙出しましたよね」
「はい。4,5通です」

「要旨は?」
「自分のやったこと反省してくれ、もし自分が女で同じ事されたらどうですか、と。お母さん恨むのもいいけど、ちょっと違いますよ、と。」

ズバズバ言いますね!アカネ41歳!


「あなたは被告人のお母さんの代わりになってたの?」
「そう、母親であり、女でありー……(←そこまで聞いてないw)。彼には信用できる人がいないんですよ~」


そしてゴニョゴニョと「母親の虐待があった」と言い出しました!えー
傍聴席に座る母親の方を見ると思いっきり頭たれてます!ひぇ~

「(事件の原因となった)写真に写ってた男性というのは誰ですか」
「私の職場の社長です」

「なんの写真だったんですか」
「慰安旅行のスナップ写真です」

「男の人ってヤキモチかく(かく!?やくじゃないくて…?)のは当たり前やと思うしぃ~」
と上から目線でした。
あれ、この人、女の勝ち組にいるの?


検察官→アカネ41歳

「どんな処罰を被告人に望みますか」
「とにかく反省して欲しいです」

は?(・ω・)

「処罰を望むのか、そうでないのかというと?」
「処罰は勿論………あります…」


ェエェエェエェエ(゚Д゚ノ)ノエェエェエェエェ
あるんかーーーーーい


宮本さん→アカネ41歳

「今は?今は近くにいて被告人と会ってますけど、変わったの?」
「変わってません!」

(゚д゚)ェェェェェェェェエエエ!! 

「怖いの?」
「怖いです(うっそーw)。怖いっていうか、今日来る気はなかったけど(えーw)、本人にちゃんと言いたいしぃ~娘も会いたいと言ってたんで」

なんじゃそりゃ!

「娘さんと会ったことあるの?」
「はい」

「あなたは知ってると思うけどー被告人、刑務所入りますよね(あっさり)。あなたも覚せい剤で捕まったから知ってると思うけど(これまたあっさり)」
「…はい」

「刑務所入ったら、何か支援するつもちあるの?手紙とか」
「いえ、ないです(断言)」


Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

え!そうなの!?
何で弁護側の証人で来たのさ、アカネ!


謎を残したまま被告人質問です

弁護人→沢村

「なぜ今年の12/25に入籍予定だった大切な人に暴力を振るうの?」
「なんでかってー…自分、今まで暴力で支配されてきましたからーもう病気みたいなもんでー…ハハッ」

乾いた笑いです。
こっちが笑いたいわ。
今のところ、中二病としか受け入れられないのですが、どうなんだろう…

「ついつい手が出ちゃうの?」
「はい。ついついですね」

「暴力振るったあと、謝罪したんですか」
「はい。ケガの手当てもして…」

ボコボコにしたあと謝罪。
ただのDVじゃないスか、これ。
となると、アカネ41歳の「私だけに気を許してる」とか言っちゃってるのはDVされてる妻によくある負のループ…?

「お母さんに対しても暴力とか家のもの壊したりとかするんですか」
「母親にはないです。直接は。」


…直接は???
間接にはあんのかYO Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ

「お父さんは?」
「顔も見たことないです」

「4歳の時に?」
「はい」

「そのあと弟さん達が生まれましたね」
「はい」

「お母さんはあなたと弟さん達と育て方が違うんですか?」
「だいぶ違いますね」

「どう違うの?」
「弟達のと食べ物も量も違うんで…す(涙声)」

30歳の大の男が泣いてます!
食べ物の恨みは一生と言いますが…ちょっと違うか。

「そのことに説明はあったの?」
「ないです」

「お母さんは収入があるか知ってますか」
「知らないです」

「あるうどん屋さんで働いてますね」
「はい」←知ってたなら収入あったってのも知ってるだろ!

「お金の差し入れはありましたか」
「いえ、ないです」

「義理のお父さんというのはどういう人?」
「義父に…自分は暴力で支配されていたんでー」

「ほぅ」と短く相槌を打つ弁護人。

「鼻血は当たり前でー雷…雨の中、外に出されてー」

「それはいつまで?」
「保育園…小6までですね」

「アカネさんが今日法廷に来てビックリしたでしょ。お母さんも来てくれて…決してあなたを見捨ててないですよー」
「はい………」


傍聴席の母親を見ると、下を向いて頭かいてるだけでした
お母さーーーーん!


検察官→被告人

「暴力振るう原因はなんだったんですか」
「原因はその…自分が勝手に男関係を想像して怒って………」


宮本さん→被告人

「暴力に支配されてたと言ってたけど」
「はい」

「暴力団に入ったのもその理由なの?」←えーやっぱりw
「はい」

「アカネさんとは今後どうすんの?」←そう!それが気になる!
「向こうが迷惑じゃなければ、お金返して行きたいです」

「あなたとしてはまだ好きなんですか?」←直球!
「大好きですね(キッパリ)」


あー…
こういうとこ、アカネ惚れ直しそー………

「お母さんと会うことは?」
「嫌がってるみたいだし…」

「アカネさんを蹴ったり殴ったりして、最後に包丁出したのは何で?」
「クセですねっ体を傷つけるのは」

あ、包丁振り回して、自分の手首切ったのね。
…って、怖いわ!Σ(゚Д゚ノ)ノ

「あー自殺する気はないの?」
「あります」


弁護人が追加で質問です
「手首切るのは、自殺だけでもないんでしょ?」
「いえ、自殺する気ありますっ」←地獄のミサワか!w

「拘留中でどうやってそういうことやんの?刃物ないでしょ?w」
「ファスナー取って~少し鋭利になるんで~」

「どのくらいのケガをしたんですか?病院行ったんでしょ?」
「まーーーこのくらいです」


得意気に腕をまくって傷を見せる、、、完全なる中二病ですね☆キャハッ


求刑は懲役6月。


注:登場人物は全て仮名です

スポンサーサイト

コメント

[C61] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/169-c09257c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。