Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/167-45a6d90d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

法廷全員怒り散らかされるの巻 2/2

被告人質問になりました。

どんな顔して喋ってるのか傍聴席からは見えませんが、ペラペラとよく喋る男でした。
なんだか軽すぎて詐欺師にしか見えず、反省してるように見えません…


弁護人→被告人

「なぜ逃げてしまったんですか」
「家族に養父、養母とおじがいて、働いてるのは私だけだったので、捕まったら困ると思って逃げてしまいました」

「事故後の対応については、今どう思っていますか」
「すぐ通報すれば良かったです」

「被害者に対しては?」
「すぐ救急車を呼んで処置してもらえば良かったです」

「捕まるまでの3ヶ月、出頭しようと思わなかったんですか」
「思ったこともありましたが、怖くてできなかったです。周りの人に迷惑がかかると思って…」


「迷惑ってなんですかっ?」
早川裁判官の介入です。

「えー………私をかくまった罪で周りの人が捕まるかもしれないと…」


「だーれが捕まると思ったの~?」
「叔父とか家族が…」

「かくまって捕まると思ったの?(驚)」
「はい…」

「あ、そう。(弁護人に向かって)続けて」

「車を売った人に事故のことは隠してたんですか」
「そのつもりはなかったんですけど…」


「あのね、介入しますけどねっ(怒)」
再び早川裁判官の介入です!デター☆
「事故の証拠になる車を売ったりして、これ隠そうとした以外ないでしょ!?それをそのつもりがなかっただなんて…あなた反省してるんですかね!(怒)」
「してます(即答)」

「(すかさず)してないですよっ!今のひと言で明らかです!続けてっ!(怒)」

その後、口をめっちゃへの字にして話を聞いてる早川裁判官。
めっちゃわかりやすく怒ってるしーw

弁護人に対しても「これ調書示して!」「読み上げなくて結構ですっ!示して!!」「もーその答えは聞いてます!結構ですっ!!」と相当怒りをぶつけてます!www
そして「介入します!」の連発で横やり入れてきます!スゲー☆

「介入しますっ!あなた保険で支払えない分はいくらなの?」
「33万6千円です」

「裁判が終わったら払うつもりなんですか」
「いえ、保釈の間に働いて払ってます」

「いつ?」
「1月です」

えー
ちゃんと払ってたんだ
金にはちゃんとしてるんだなー意外。

「仕事クビにならなかったの?」
「はい。でも運転しない部署に変わりました」

「通勤はどうしてるんですか」
「自転車で行ったり、会社の人間の車に乗せてもらったり…」

「今までの違反はどんなことしたんですか」
「スピード違反、シートベルト忘れ、信号無視…」

「今まで注意された時、どう思いましたか」
「はい、またやってしまった…とか、時には「なぜ俺ばっかり」とか」

「真剣に考えてなかったんですか」
「考えた時もありましたが、甘かったと思います」

「今後、車の運転の予定はありますか?」
「ありません」


検察官→被告人

早川裁判官は、緊張した様子で答える被告人の姿を全く見ることなく、バンと大きな音を立てて資料を机に置いたり、パラパラと資料をめくっています…怖いよう。

「事故で逃げたあと後悔してるとしきりに言ってましたが、、本当に後悔してるんですかねぇ」
「はい」

「では裁判長も言ってましたが…なぜ事故車をすぐ修理に出したり、売ったりしたんですかね」
「そーですね…持っていてもどうしたらいいのかわからなかったので」

「今後はどうやって再犯を防ぎますか」
「もう運転はしません」


裁判官→被告人
「あなたの家族ですけど、恋人とおじ、養父、養母の5人で暮らしてるんですか?」
「はい」

「婚約者の方まだ若いしね、今回の車見て大丈夫なのか言ってないしねーとても監督できるとは思えないけどー他の家族には言ったの?今回のこと」
「はい。全部言ってます」

「それでね、話し合いをしてね、誰が監督するかって話になってないの?」
「あの…養父と養母は年で…」

「うん、そうだねぇ。おじさんは?」
「おじはすみません…精神的に患ってましてとても…」←えー

「うん、そうみたいだねぇ(←え!そうなの!?)でも養父、養母は年でも監督はできるんでしょう?」
「…………はい」

「車の修理、売却はさっきも話したけど証拠隠滅でしょ?そのつもりはないって言ってたけどさ」←!!
「………はい」

「車を買った○○さんも、車をそのままにしてるわけないでしょ」
「はい………」

「よく法廷で「証拠隠滅のつもりはありません」って言えるなと思って」←真顔デスw
「はい」

「あなたがいくら反省してますって言っても、そういうところに表れるんです。今回のこともその場で解決すればなんでもない事件だったんでしょ?」
「はい、そうですね」


…なんでもなくはないだろう。

「最初はパニくってても(←パニくるてw)、ちょっと考えればわかるでしょ?それなのにあなたの考えたことは車修理しちゃおーとか、売っちゃおーとか…すっっっごい悪いこと考えてんのね」←真顔デスwww
「………はい」

しばらく沈黙のあと…


「はい、終わりにします」


こわー


求刑は1年でした


さて。
最後の言葉になりました。
もはや私の中で一番の注目すべきところかもしれない…

「今回のことは大変申し訳ないと思っています」


「あのね」と、すかさず早川裁判官が介入してきました!


「あのね、裁判所に謝っても意味ないですよ。被害者に謝らないと。裁判所に謝っても意味ないです。あなたの判決に有利にならないですよ!(怒)」


((;゚Д゚))ガクガクブルブル

これ、お決まりの言葉なのかな…
データ収集せねば!


「はい…被害者の方が直接会っていただけるなら、きちんと謝罪したいと思います…」


閉廷し、被告人と婚約者はそそくさと退廷して廊下でげんなりしていましたw
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/167-45a6d90d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。