Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/152-3c9385b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

暴力で権力を誇示した少年院の法務教官


裁判傍聴記@毒人参。-広島地裁


広島地裁 へ行きました。
初めての広島地裁。

広島駅からトラムに乗って広島地裁へ行きます。

トラムに乗ってテンション上がりました♪
外国みたーい!

初めて海外に行ったときイタリアのトラムに感動して
銀座辺りにできないかなぁ~なんて思ってたけど
広島みたいな都会にあったなんて…!
(あ、そういえば松山にもあったっけ。乗ったの忘れてた)

ビルの間を走るトラム、サイコー☆


広島地裁に2日も滞在したのには理由がありまして。
とても気になった事件があったので…


とうとう広島地裁まで来ちゃったよ…私(・∀・;)


それはこれ(被告人名は全てアルファベットに置き換えています)↓



広島少年院教官4人を逮捕/公務員暴行陵虐の疑い

2009/06/09 21:57


 法務教官が逮捕された広島県東広島市の広島少年院の入り口=9日午後

 広島県東広島市の広島少年院(佐藤公昭院長)で、法務教官が収容少年に暴行していた問題で、広島地検は9日、特別公務員暴行陵虐容疑でA容疑者(43)ら教官4人を逮捕した。

 内部調査で、4人を含む教官数人の暴行が常態化していたことが既に判明。地検は「少年院の秩序を維持するために必要な有形力行使や矯正教育とは言えず、極めて悪質」として、動機や背景の解明を進める。同日、少年院を家宅捜索した。

 逮捕されたのはA容疑者のほかB(29)、C(32)、D(26)の3容疑者。地検によると、4人とも容疑を認めている。A容疑者は1993年採用で、4人の中では最もベテランだった。

 4人の逮捕容疑は昨年3月から今年3月にかけ、少年院の寮などで当時16~17歳の収容少年4人に対し、胸ぐらをつかんで殴ったことに反論されて「じゃあ死ね」と馬乗りになって首を絞めたほか、トイレに行かせず失禁させたり、ズボンにシャワーの水を掛けて紙おむつを無理やり着けさせたりした疑い。

 4月に収容少年の一人が少年院側に申し出て発覚。地検は被害に遭った少年や関係者への事情聴取を進め、法務省広島矯正管区(広島市)が9日に同容疑で告発した。

                                               (四国新聞社)  





連休は秋冬服をとりに実家に帰っていたので
東京から広島に向かいました…めっちゃ遠かったYO

私は2日に渡り、C被告とD被告の初公判を傍聴。


ちなみにB被告は9月10日に、A被告は14日に初公判が始まりました。
A被告は結審までいき、1年6月の求刑。判決待ち。


最初に傍聴したD被告の裁判の様子をお伝えします~

D被告の傍聴券は37枚。
傍聴希望者は広島地裁1階の喫茶前にある
裁判員候補の待合室に集められました。

新しい机が並べられているとてもキレイな部屋でした。
ここに裁判員候補者が集まるんだ~と感動。

傍聴券にたくさんの人が押しかけるんだろうなぁと思っていた私は
絶対ハズれるだろうと思い、宮島観光まで決めていました。



…が。
集まったのは23人。
まさかの定員割れ!(゜Д゜)


傍聴券ゲットしました~♪ワーイ


最前列は全て記者席、2列目の左右6席は関係者席になっていました。





裁判傍聴記@毒人参。-法務教官D




D被告は色白ではれぼったい目、そしてスネオヘア(byドラ●もん)。
ガチガチでとても緊張している様子。

昭和57年生まれの27歳。
北海道出身でした。それだけで親近感…(母が北海道出身なので)。
今回の事件で懲戒処分を受け、現在は無職のようです。

大学を卒業後、平成19年4月に法務教官として採用され
平成21年4月まで勤務していました。

なんと、妻と2人の子供がいます…(´.ω.`)


起訴状は6/29、7/22、8/11付けの3つ。
早くて完全には聞き取れませんでしたが大体こんな感じです。


6/29付起訴状
平成20年11月、少年院内において少年A(当時17歳)に対し、顔面をゲンコツで1回殴り、被告人を怖がって土下座した少年Aに対し頸部を1回殴った。
そして手を挙げて小用を申し出た少年Aに対し、小用を1時間禁じてトイレ前で失禁させた。



7/22付起訴状
①平成20年11月、少年B(当時16歳)に対し洗剤の容器を示し、「飲め」とBに洗剤を持たせ、「生きとってもしょーがねぇだろ、今死んでも授業中に勝手に飲んだことになるから」と洗剤を口に押し付けた。


②平成20年8月、「少し気持ち悪くなりました。トイレに行かせてください」と申し出た少年Aに対し、腹部を1回殴り、更に違う部屋に移動して数回殴った。


③平成21年1月、被告人は「トラブルないか」と少年C(当時15歳)に聞き、「知りません」と答えた少年Cに対して「私語があったろーが」と手に持ったはさみを示し、「ウソをつくなら舌を切ってやる」と舌をつかみ、はさみではさんだ。



8/11付起訴状
①平成20年3月、少年D(当時17歳)に対し肩付近に体当たりし、その後、浴室に連れて行き押し倒し、頭部を蛇口の下に持っていき、顔に1分間水を流した。


②平成20年4月、少年E(当時16歳)に対し、洗剤の容器をEに持たせ示し、「これを飲んで責任を示せ、飲め」と洗剤の入ったペットボトルを口におしつけ、浴室に突き落とした。


③平成20年8月、少年F(当時18歳)の面前に他の少年を連れてきて指し、「コイツがやられる。覚悟してるからとっととやれや。殴るなり蹴るなりしろや」と命令し、「できません」と拒否すると、「こーするんや」足で蹴った。


④平成21年11月、少年Aに対し「水を飲んでろ」と命令し、拒否すると、顔面や腹部を殴り「俺の言うことは絶対だ、流し台に行って水を飲め」と命令した。



以上です。
D被告は緊張した声で「間違いありません」と起訴事実を認めました。


恐ろしい事件です。
ちょっとしたイタズラが大きな事件となってしまい少年院に入った少年4人の人生を描いた映画「スリーパーズ(あらすじネタバレあり)」を思い出しました。
鬼教官の暴力、嫌がらせ、少年に対するレイプ、全てが16歳の私に大きなショックを与えました。
事実に基づいての話だと知り、更に大きなショックを受けました。
警察も教官も腐ってる!コワー!!と。


ただ、ひとつひとつ事件の内容を聞いていくと
映画と違う印象へと微妙に変わっていきました。


どうしてこんな事件が起こってしまったのか。

D被告は少年院で働くようになって
先輩のC被告が少年に対し大声で怒鳴ったり暴行しているのを目にし、
そんなC被告が評価されてると認識するようになりました。

平成20年3月、所属する学寮が移動となり、
少年の顔面を殴打するのを見て自分もやるようになり
次第に麻痺していき頻度も増え、エスカレートしていったみたいです。


まず映画の鬼畜教官と違うなと思ったことがひとつ。
D被告は、真面目で更生の可能性のある少年には犯行に及んでいませんでした。
(検察は少年が外に出たとき喋らないためと言ってましたが)
映画の鬼畜鬼教官は、確かそんなにワルじゃない少年や弱い少年に目をつけて狙ってた気が…

D被告は素行の悪い少年や言うことのきかない少年に対してやっていたようです。


検察官によると、D被告は平成19年からA被告の苗字から取ったA会と称する飲み会(芸人みたい…)に参加するようになり、飲み会では少年に対する暴行など自慢し合って、仕事の際に書く引継簿にも面白おかしく書いていました。
↑これをニュースで知ったときは、恐ろしい人間がいたもんだと思ったものだけど、被告人を目の前にすると、この人が?と信じられない気持ちになりました。
普段はこんなことあまりないんだけど…

検察官がハリきればハリきるほど悪意に満ちた言い回しになり
そのテンションについていけなくなる自分がいます。



事件の経緯を少し紹介。
7/22の起訴状②の事件の経緯
少年Aに対し何度も同じ指導をしていたことから腹立たしくなり、暴行を繰り返していた。
この日は収穫祭で、教官から「食べ過ぎないように」と再三注意されたのにも関わらず
「焼そばが美味しかったから」と食べ過ぎて夕食を食べたら気持ち悪くなった少年A…
少年院に入って何してんだよ…少年A…緊張感ないなぁ…
再三注意していたにも関わらず、食べ過ぎてトイレに行きたいという少年Aに腹を立てたD被告は、立腹し暴行に及びました。
他の少年も禁止されて何度も注意されているのに
ニヤニヤしたり、よそ見したり、私語があったそうです。
恐ろしい教官に怯えてそんなことできないと思ったけど
意外とゆるい感じというか…ナメてたのかな?ってちょっと思っちゃいました。


なので「被告人に恐怖を感じていた少年」「少年Aは少年院に入っただけでも申し訳ないので面会にきた家族に言えなかった」という検察官の話も…




う~ん…






ってちょっと違和感感じました。



いや、確かに暴力はいけないと思います。
思うんだけど…一筋縄ではいかない少年院の少年を想像しただけで…



う~ん…



暴力なしできちんと更生に導く教官もたくさんいるんだろうけど、
ナメられてる教官はとことんナメられてたんだろうな~って想像できて




う~ん…





ってなっちゃう自分がいました。
実際の少年院の雰囲気がわからないから勝手なことは思わない方がいいですね。




午前の裁判は10時56分に終了。


午後の裁判までかなり時間があったので
アナゴ飯を食べに宮島へ行きました(・∀・)




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/152-3c9385b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。