Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/15-2d4b22b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お兄ちゃんに会えました…!

2008/03/24


前日の夜にブログを頑張りすぎて朝の5時に寝たら
11時半に起きてしまいました…



寝坊…(´Д`)


朝から裁判所に行きたかったのになぁ…

午後イチで宮本さんの判決があったので
判決と来週の予定だけチェックしに裁判所へ行く事にしました。


お昼のニュースを一通り見てフラフラと裁判所へ行くと
妹を殺してバラバラにした武藤勇貴の裁判の抽選が行われていました…!!




え!今日だったの!?



そそくさと並びました(・∀・)


2006年の年末2大バラバラ殺人事件のひとつですが、
自分は三橋歌織より断然こっちの事件の方が気になっていました。


私は昔々歯科医院で働いてたので
歯科医の両親を持つ被告人の環境が気になったからです。


その特殊な環境を身近に感じられると言うか…

カオリンよりも色々と異常性を感じてしまったのがお兄ちゃんでした。

自分は殺人を犯す人間の生まれた環境や生活環境など非常に気になります。


希望者は思ったよりいなく(カオリンの裁判もあったからでしょうか)
大した倍率じゃないし当たるかも…とワクワクしつつ
京都でお世話になった人と浦安へ行く予定があったので
14時に裁判所のロビーで待ち合わせをしていたのが気になっていました。

こういう時に限って連絡が取れません…!



傍聴券ゲットできてもあまり傍聴できない…


でもお兄ちゃんをひと目見たい…!



心がバラバラになってしまいました(ノД`)



そして…
なんと当たりました…!!ひぃ~



傍聴したい…!!


でも待ち合わせが…!!


何でこんな時に当たっちゃうんだよ…
パニクりました(ノД`)


私はどうせ最後まで傍聴出来ないんだし
ハズれたユキさんに譲るべきなんじゃないか…とも思い相談してみたら
お兄ちゃんを傍聴した事あるユキさんが
「1回くらい傍聴した方がいいと思いますよ」と言ってくれたので
少しの時間だけでも傍聴してみることにしました!


ハズレた方、すみません!



傍聴券を受け取り法廷前へ並びに行くと…
法廷画家の染谷さんにお会いしました~♪
お久しぶりです~!


この日は精神鑑定の結果と証人尋問でした。
精神鑑定の結果はとりあえず最初の30分で読まれるとの事なので
京都人には裁判所地下の喫茶店で待っててもらい
傍聴してきました~(*´∀`)♪

30分でなんとか精神鑑定の内容がわかりました!



2分間の撮影が終わったあとお兄ちゃんが入廷しました。


傍聴席、結構空いてます…!
弁護人は3人、検察官は2人いました。

腫れぼったい目と顔の色白具合は全く変わっていなかったけど
逮捕時よりかなり痩せた感じがしました…


髪型は昭和のすし職人のような角刈りになっていました。
白いYシャツ(キッチリとアイロンがかかっています)に
紺色のVネックのベスト、紺色のズボンをはいていました。
よく見る汚いジャージやスウェットの被告人とは違います。


両親が毎回用意してあげてるのでしょうか?


少し顎を引いた感じで時折長く目を閉じていました。
元々の顔なんでしょうが口を尖らせています。
常に姿勢はよくリラックス感、脱力感ゼロでした。


被告人の親でもあり被害者の親でもある両親も来ていました。

お兄ちゃんのスケッチに夢中になっていると、
いつの間にか証人が証言台の後ろのイスに座っていました。


精神鑑定を行った牛島医師による精神鑑定書を秋葉裁判長が読み上げました。

まずは1月4日付け鑑定書によるお兄ちゃんの犯行時から現在までの精神状態について。


生来性アスペルガー障害に罹患しており、
中学の頃から強迫性障害になり犯行時から現在もこの状態は続いている。
現在は更に解離性障害を発症し現在も続いている。
診断基準はDSM-IV-TRを使ったそうです。



予測していた通り、アスペガッてました。


秋葉裁判官はアスペルガ-障害の説明を読み始めました。

☆発達上の成長よる仲間を作る事の環境の失敗
☆達成感を他人と分かち合うことの欠如
☆常識的統合的欠如
☆限定されたものにのみ興味を持つ
☆手や腕をパタパタさせたり複雑な前屈をする
☆習慣や儀式にこだわる
☆物体の一部に熱中する



「なるほど、なるほど」と思いながらメモを取りました。


続いて2月21日付けの補充書面を読み上げました。
今後は強迫性障害についてです。


社会的に守られていた幼児期。
第二次成長期において社会適応が困難となり自宅に引きこもるようになり犯行時には社会から遊離した状態だった。
事件の記憶が蘇らないままになっていて
今も説明できない状態である。



そしてなんと。
被告人だけでなく妹である被害者も
同じく発達障害を持っていた可能性があると言われました…!ひぇ~


その根本にはコミュニケーション不足などがあり
被害者である妹の場合は反抗挑戦性障害だった可能性があるそうです。


反抗挑戦性障害については
☆しばしば、かんしゃくを起こす。
☆しばしば、大人と口論する。
☆しばしば、大人の要求または規則に従うことを積極的に反抗または拒否する。
☆しばしば、故意に他人をいらだたせる。
☆しばしば、自分の失敗、無作法な振る舞いを他人のせいにする
☆しばしば、神経過敏または他人からいらいらさせられやすい。
☆しばしば、怒り腹を立てる。
☆しばしば、意地悪で執念深い



やたら「しばしば」と使われていました。

しかし被害者がこの障害を持っていたとしたら
両親の手記も少し納得がいくような…


かなり激しい人物だったと思われます。


実際家族だけでなく、所属していた劇団員も同じような事言ってたし…


弁護人質問が始まりました。
そろそろ時間が気になる頃です。


「被告人はアスペルガー障害に加えて中学生の頃から強迫性障害、浪人時代から解離性障害であったということでよろしいですか?」
「はい」


「証人はアスペルガー障害において研究されている第一人者であると理解してよろしいんでしょうか?」
「そうだと思います」


「アスペルガー障害は、責任能力に影響を与えることはあるのでしょうか?」
「程度によって…与えることもあれば与えないこともあると思います」


「アスペルガー障害になって事件を起こす事が次々と起きていますが、被告人の場合はアスペルガー障害が原因で事件を起こしたと思うのは無理があると思います」


とハッキリ述べました。

じゃあ原因は…?



「アスペルガー障害が原因となることは有り得るんでしょうか?」
「かつて「人を殺してみたかった」と考える少年がいましたが、これは特別に問題がないことです。しかしこれを実際にやることが人格的に問題があると考えられています」


続きが気になりましたがコソコソと退廷しました。
後ろに座ってた傍聴人が早くも何人か寝ていましたw



夜はグルジア会in渋谷

グルジアの日本人宿で知り合った
涼さま&あろうくん&京都人の4人で飲みました~☆

京都人を除いてみんな日本にマッチした相応の格好になっていました!
旅先と全然違います!!


まぁ知り合った時って
みんな日本を離れて3ヶ月~半年経ってましたからね…


旅の疲れが全身に溢れ出てた時に知り合ったのかな(ノ∀`)


涼さまは10月にイエメンを中心に3ヶ月周るそうです。
ちょうど自分も秋頃イエメンに1ヶ月ほど行こうと思ってたので
合流計画を提案しておきました☆


あろうくんは就活中。
商社か銀行希望だそうです。
海外勤務目指してがんばってね~☆


なんか飲みすぎたのか気持ち悪いです…
フラフラしながら帰宅しました。



注:この記事は2009年6月に霞っ子のブログから移動したものです




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/15-2d4b22b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。