Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/131-5d50cd58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本当に売春婦だった! 2/3


裁判傍聴記@毒人参。-立ちんぼ
昨日の裁判の続きです。


裁判が終わったあとに今井さん から聞いた衝撃的事実…


あの、オバサンだと思ってた被告人・妙子が32歳!

しかも歌舞伎町で立ちんぼをしていた…!



あぁ…信じられません(ノД`)


私は妙子が何をしたのか、なんと答えるのか確認するために

朝からTOKYO地裁へ行きました。


今日、全てが明らかになるんです!(゚∀゚)



妙子は昨日と全く同じ紺色のトレーナー姿。

ハンドタオルが微妙に違うような…同じような…


2分遅れで検察官が来て裁判が始まりました。



弁護人から被告人質問です。


「Cさんの事件、Cさんはどういう仕事をしている方ですか?」

「流しの立ちんぼです」



立ちんぼイキナリキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!!



「いつ知り合ったの?」

「去年8月頃、新宿歌舞伎町で知り合いました」



猫背のまま答える妙子の声…ちょっと可愛らしいです。


「あなたも同じようなことしてるのね?」

「はい」



本当に立ちんぼしてたんだ…( ゚Д゚)アワワワワ



「知り合った頃は何か話しましたか」

「いえ」


「その後、Cさんがあなたに何か話しかけたことはありましたか」

「あります」


「どんなこと?」

「私のこと、ガンつけてきたり~バカ、ブス、コジキなど精神的にも外見的にも侮辱することを言ってきました」



ガンつけるとか…バカ、ブス、コジキとか…

小学生かよ!ってレベルだなぁ…(ノ∀`)アィター



「どうしてそんなこと言ったんですか」

「ウチと~男性がよく話してるのをひがんだんだと思います」



ポポポ( ゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)ポカーン…


ひがむ?

誰をひがむって…?




裁判傍聴記@毒人参。-立ちんぼ

妙子ー!!!( ゚Д゚)



てか…

32歳になって一人称「ウチ」って…

(埼玉出身です、方言じゃないコギャルが使うウチです)


「あなたは?」

「半年くらい何も言わなかったんですが、言い返しました」


「どんなことを言ったんですか?」

「バカ、アホ、などと言いました」



言い返す言葉も幼稚だな(ノ∀`)


「事件は3/3(女の子の日ですね)ですが、それまでにとっくみあい、ケンカになったことは?」

「ありません」


「Cさんはあなたに近づいてきて何て言ってきたんですか?」

「バカ、ブス、コジキ、どこの大学出てんのと私を侮辱しました」



大学どころか中卒だもんね…


「どんなことを言い返しましたか?」

「同じことです」


「そのあとCさんはどうしましたか」

「そのあと私の左ひじを掴みました」


「まだ何か言ってましたか」

「まだ悪口を言ってました」


「あなたはどうしたんですか」

「もうやめてくれと私も掴みました」



立ちんぼが歌舞伎町で大喧嘩!

泥沼~(・∀・)


「あなたの慎重は?」

「145センチくらいです」


「あなたは逃げられましたか」

「いえ」


「どうして?」

「Cさんの力が強いからです」


「Cさんは身長160センチくらいですよね?あなたとは頭ひとつ違いますよね」

「はい」


おぃおぃ、身長関係なくないか~?

Cさんの体格は見てないからわからないけど、

身長161の私は150ちょっとしかない体格のいい姉に力で勝ったこと一度もないぞ。


てか、体格良すぎる妙子に力で勝てない気がするもん…私(´・ω・`)



「あなたはそれでどうしたの?」

「逃げたくて切り付けました」



(・ω・)え?


「なにで?」

「カミソリです」



(゚Д゚)ハァ?



「どこにあったのかな」

「眉毛を剃る為のカミソリです」


「どうやって切りつけたんですか?」

「右手を離させたくてカミソリで手の甲を切りました…軽く」



((;゚Д゚))ガクガクブルブル  


「軽く?」

「………引くような感じです」


「Cさんはすぐ手を離したんですか?」

「はい。すぐ離しました」


「他の部分を切りつけたりはしましたか」

「ありません」


「あなたはそのあとどうしたの?」

「怖くて逃げました」


「町田の事件だけど。ドン・キホーテは何しに行ったの?」

「香水を買いに…」


「それで女性のカバンがぶつかったのね」

「はい、確かにぶつかりました」


「2人に何て言ったの?」

「カバンがぶつかったんですけど謝ってもらえませんか?と低調に言いました」



…(・ω・)


本当かなぁ~

昨日の証人Aさんと言ってること違うしなぁ。


「2人はなんて言いました?」

「は?ブス、気持ち悪い、ぶつかったくらいでいきがってんじゃねーよ」


「そのあとAさんとB子さんが近づいてきたんですか?」

「向こうからウチの方に近づいてきました。B子さんが待てよ、と止めてAさんは何?とやってきました」


「B子さんはあなたに何て言った?」

「私を脅すつもりじゃないと思うんですけど~「ヤクザ知ってるから呼ぶよ?」と言われました」


「あなたはどうしたの?」

「怖くなって片手でB子さんの胸を押しました」


「B子さんは倒れましたか」

「よろけました」


「倒れてないのね」

「はい」


「あなたはどうしたの?」

「怖くなって階段に逃げました」


また怖くなって逃げたんだ…

てか、いつも攻撃してから逃げてんなぁ…w


「Aさんが追いかけてきたんですね」

「はい」


「それでどうしたんですか」

「私のカバンのヒモを引っぱり掴みました」


「そのあとAさんはどうしたんですか」

「私のこと、1回蹴りました」


「どこ?」

「私の足のひざ上です」


「調書にはないけど、本当に警察には言ったんですか」

「本当です!言ったのに書いてもらえませんでしたっ(泣)」


「Aさんの髪の毛を引っぱったことある?」

「ありません!」


「Aさんが覆いかぶさってきて、あなたはどうしたのかな?」

「怖くなって男性のお腹を一回蹴りました」



また怖くなったって言って攻撃してる…( ゚Д゚)


「何回?」

「1回」


「回数は1回かな、2回かな」

「1回です」


「警察では1回、検察庁では1回か2回になってるけど」

「冷静になって考えたら1回です」


「その後2人はどうしたのかな」

「私を後ろから羽交い絞めにして警察が来るまで待ってました…」


「2人を傷つけたこと、反省してる?」

「はい。反省してますし~治療費とかもから早く出所して~お支払いしたいと思ってます」


「それはCさんに対して?」

「はい」



さて、ここから妙子の不幸・孤独っぷりを弁護人は出していきます。


「6歳で両親が離婚してお母さんに引き取られたんだよね?」

「はい」


「今日のこと、話してますか?」

「いえ」


「それはどうしてですか」

「子供の頃から何度も虐待を受けていて~20歳の頃に首を絞められて殺されそうになって~ベランダから落とされそうになったんで、縁を切りました」


「お父さんは?」

「今まで会ってなくて、今日のことで弁護士さんに連絡をとっていただいたんですが~「母親に任せてるから」と面会すら来てもらえませんでした」


「妹さんもいますね?」

「妹は~結婚して子供もいるしぃ~心臓病なのでよけいな負担をかけたくないので言ってません!」


「他に頼れる人はいないのかな?」

「はい、います」


「名前は…」

「○○さんです」


「この方に説明したら心配してくれて、でも忙しい方だから20時まで仕事して面会に来られないし裁判にも来られないと言ってたけど、あなたのこと心配してくれてるので」

「はい」


「今後についてですが…どうするつもりですか」

「今後はマッサージの仕事をやって~人の役に立ちたいと思います」



マッサージ…



どんな?(・∀・)




明日は検察官と裁判官とのやりとりと

求刑までを書きま~すヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪




~続く~



注:登場人物は全て仮名です



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/131-5d50cd58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。