Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C25] 1 ■初めまして

ランク上位のブログはどんなもんだろうと思って読みましたが、
さすがにおもろいですねぇ。
素直に感心しました。
これからも、応援しています。

[C26] 2 ■コメントありがとうございます!

>SamSeabornさん

はじめまして~

楽しんでいただけて嬉しいです。
わざわざコメントありがとうございます。

これからも頑張って更新していきます~
  • 2009-06-19 20:51
  • (・∀・)<毒人参。
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/130-1497f7ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

被害者を見ると事件の印象が変わります 1/3

女の傷害を傍聴しました。


この日初めて傍聴したのですが、

初公判を見てないのでどんな事件かわかりませんでした。



裁判傍聴記@毒人参。-立ちんぼ

わからないけど、被告人・妙子はこんな顔。

35~40歳くらい…?


超小柄なおばちゃんといった風貌です。

長い茶髪を後ろに束ねていました(色気ゼロ)

おでこのあたりは白髪が…


上下紺色のトレーナーを着ています。


証人2人の予定が1人来られなくなり、1人に。

わけのわからないまま被害者・Aがやってきました。


待合室で「あっちぃ~」と汗だくになって文句言ってた若者です。

検察官に大してやけに偉そうに喋ってるなぁとは思ったけど…証人か。

ダボダボのTシャツにダボダボのズボン、

金髪に近い茶髪…ヤンキー?



Aは平成20年5月の連休に女友達のB子と町田のドン・キホーテで買い物していました。

そこで妙子と揉め事が起きます。


検察官→証人A


「被告人に蹴られましたね?」

「はい」


「B子さんと3Fで商品を見ていたら被告人がカバンがぶつかったと言ってきたのね?」

「はい」


「あなたにブス、気持ち悪いと言われたと…」

「(遮って)ないです!」


「最後まで聞いて。あなたにブス、気持ち悪いと言われたと、そういう事実はないんですか?」

「ないです」


「ぶつかったぐらいでいきがんなと言った?」

「言ってないです」


「そのあと1F2Fと見てまた3Fに戻ったのね」

「はい」


「その時被告人はどこにいたの?」

「アクセサリーのとこですね」


「何か言ってきましたか?」

「覚えてないです」


「ブツブツ言われたと言ってたけど」

「ブツブツ言ってたのとぉ~舌打ちされましたっさっきぶつかったとかゴチャゴチャ言ってたしぃ~その延長線上?みたいな感じでした」


気だるそうに喋る様子がいかにも今風の若者。

こういう様子の証人を見てしまうとなんか…

色々複雑な気持ちになってしまいます。


「被告人が移動したのを見て、あなたたちはどうしましたか?」

「や、ぼくたちも移動しましたよ」


「何でですか」

「いや、何言ってんのかわかんなかったんスよ。ゴニョゴニョして。それで話を聞こうかと思ったんです」


「で、あなたどうしたの?」

「いくら話しかけても無視されたんですよ。自分たちも舌打ちされたし、気になるじゃないですか。で、何ですか?って肩触って聞いたら「気持ち悪い、触らないで」って言われて。え?みたいな。それでよくわかんないからぁ~そのまま。」



もう別にいいじゃん…って思うけど(´・ω・)

しつこく追いかけるのは、やっぱAさんがヤンチャだから?って思っちゃいます…


「で、あなたは?」

「あっち行けって言われて引き下がれないからぁ~(だろうなw)好きなだけ言われて、あっち行けってないじゃないですか~でも彼女(B子さんのこと)も「店の中じゃアレだから外に出て」って言って~」


「その後、被告人は逃げたのね」

「はい」


「見失ったのね」

「はい」


「で、見つけたよね?どこにいたの?」

「彼女が見つけたんスよ」


妙子は恨めしそうにじっとAを見ています。



「被告人はB子さんに何をしたの?」

「明らかに…胸を思いっきり押したっ」


「片手?両手?」

「片手。多分っ」


「力は?」

「多分強かったんじゃないスか?フラついたから」


「被告人に対してB子さんは「あんた友達に暴力振るったんだから友人のヤクザに言うよ」って言ったんですか?」

「言ってないと思うし、ヤクザなんて聞いたことないし」


妙子に胸を押されたB子さんは、商品棚にぶつかって商品が散らばってしまいました。

それを拾ってる間に妙子が逃げたのでAさんはあとを追います。


「被告人を見つけた時、B子さんは?」

「あとから来ました」


「あなたは被告人にどうしましたか」

「彼女に謝って欲しかったしぃ~そうしないと気がすまないから~と。腕とかつかんだらセクハラだとか言われそうなんでもうバッグをつかんでやりました」


「被告人はバッグをつかまれてどうしましたか」

「なんか…離せって言われました」


「それで?」

「うん…色々言われすぎて…こっちも手怪我してたし。必死だったし…何かよくよくわかんないスね」


「離せの他には?」

「離せ…ウザい…」


「言葉を言ってきただけ?」

「じゃないですねっ」


「それから?」

「自分がバッグを掴んでるじゃないですかぁ~それで何かもがいてるんスよ。それで…自分は…蹴られました!」


「その時、被告人と向かい合ってたんですか?」

「いえ、バッグを持ってたから横向いてたんですよ~」


裁判長が聞きます

「体の右側が前に出てたの?」

「はい」


再び検察官の質問です。

「いわゆる色んな蹴り方があるけど…」

「前で」


「前下蹴り?」

「はい」


「どこを蹴られたの?」

「わきです」


「お腹?」

「はい」


「何回?」

「間違いなく2回です!」


「被告人は1回と言ってるけど…」

「いえっ!2回です!」


「どうやって蹴った?」

「蹴って一回足を下ろしてまた1回蹴られました」


「連続ですか?」

「はい」


「蹴られたとこはどうなってた?」

「若干青くなってました」


「腕を引っかかれたことは言わなかったんですね。腕だけどどっち?」

「両方」


「両方?」

「右…右は確実です……右…左はわかんないです。じゃー右確定で」←意味わかんない


「なぜ被告人のカバンをしっかりおさえることができなかったの?」

「事件起きるちょっと前に急いでる時、階段駆け下りたら~小学1年生くらいの子供がどっと来たんですよ~まぁ自分が避けた方がいいなぁと思ってぇ~シュンパツ的(瞬発力ってこと…?)に避けたんです」


得意気です。

ヤンキーってこういうとこありますよね…テンション下がるわ~


「子供かばって怪我をしたのね」

「はい」


「それで被告人はどうしたんですか」

「髪の毛引っ張られました」


「それであなたはどうしたんですか」

「引っ張られたままじ~っとしてたら(ほんとかよ)彼女が止めてくれ、警察に電話をしてくれました」


「調書によると、右わき腹と左わき腹が混じってるけど~今日の話聞いて右わき腹ってことでいいのね」

「はい」


「本当に蹴られたのは1回ですか」

「自分~痛かったですもん!1回蹴りくらってイテッて思ったのと、もう一回イテッてなったので~自分覚えてますもん!」


「被告人に対してどんな処罰を望みますか?」

「俺たちが警察待ってる時も逃げたし…逃げたじゃないですか。なのでまた逃げられたら困るんでぇ~厳重な処罰を願いたいです」



さて弁護人の反対尋問です。


「あなた身長何センチですか」

「160です」


「体重は?」

「事件の時ですか?」


「はい」

「55キロです」


「B子さんは?」

「ヒール履いてたかな…ヒール履いてる時とそうじゃない時とで違うんでぇ~」


「警察で153センチって言ってるけど」

「じゃあ間違いないですね」


「体重は?」

「知らないです(笑)」


「あなたよりも…」

「痩せてますよ」


「被告人はB子さんよりも小さいですよね?」

「はぁ」


「あなた仕事は何してました?」

「パチンコ辞めた時ですね」


「辞めたんですか?」

「腕怪我したんで」


「ぶつかったのは被告人とB子さんのバッグじゃないんですか?」

「全然気づいてないです」


「B子さんは?」

「…も気づいてないです」


「被告人は「謝りなさいよ」と言ってなかったんですか?」

「謝りなさいっていうか……弁護士さんならよくわかりますよねぇ?(怒)発音がゴモゴモしててすよねぇ(怒)」


「だから何ですか?」

「何言ってんのかわかりませんでした(怒)」


Aはかなりイライラしている様子でした。

弁護人はわざとなのかイラつかせてるように感じました。


「2Fから3Fに上がったのは被告人を探す為じゃないの?」

「いや、全然違います」


2人は3Fでシャネルの商品を見たり、ペアリングを見てプラプラしていたそうです。

ペアリング…やっぱりAさんとB子さんはカップルだったのでしょうか…

そして会った被告人にまた舌打ちされたそうです。


「被告人は何か言わなかったんですか」

「シカトしてました」


「被告人は何も言い訳しないでぇ~黙ってたんでしょ?」

「…ハァ」


シカトをそうとるか!弁護人!


「それであなたはどうしたんですか?」

「いや、話しかけても知らないフリするし、わかんないから肩をたたいて聞いたんです」


「何の為に肩を叩いたり質問するのでしょうか?」

「わからないから」


「答えたらどうなるんですか?」

「納得するんじゃないですか?」


「答えなかったらどうするつもりだったんですか?」

「どーするつもりもないですよっ(怒)」


妙子、シクシク泣いています。


「B子さんが「外に出よう」と言ったみたいですが、あなたは?」

「言ってないです」


「どうしてそんなこといったの?」

「話をつけようと思って、暴力とかじゃなく」


「被告人は1人であなたたちは2人ですよね?」

「はい」


「店員は近くにいたんですか?」

「はい」


「店員が近くにいるのに外に出ようって言ったんですか?」

「…はい」


「被告人はB子さんの胸を押して倒れたんですか?倒れてはないでしょ?」

「間違いなく尻餅はつきましたけど」


「えっ倒れたんですか?」←大げさに驚いた風に

「商品棚にぶつかって尻餅ついてました」


「彼女は倒れたとは言ってませんけどね~」

「じゃあ押されてぶつかっただけで(怒)」


「あなたは覚えてることだけ喋ってくださいね、曖昧なことは言わなくていいです」

と弁護人は嫌味たっぷりに注意しました。



「被告人はあなたに蹴られたって言ってましたけど…」

「蹴ってないです!!間違いなく蹴ってないです!」


Aさんは怒りをたっぷり含んだ大声で答えました。


「被告人はあなたに覆いかぶさられて蹴られたと言ってますけど」

「被告人を座らせようとして、覆いかぶさったようになったのは間違いないです。その時髪を引っ張られました」


「……本当に蹴ってないですか?」

「いや、蹴ってないです!」


「いや、聞いてるだけです」



「明らかに疑ってんじゃん」


吐きすてるように弁護人に言いました。

かなり怒ってます!


「いや、彼女(被告人)が言うので確認してるだけです」

「決してないです!!」


「病院行ったの?」

「行けなかったんです」


「どうして?」

「おばあちゃんが老人ホームに行くことになったんですよ。おばあちゃんと2人暮らししてたんで…小さい頃、お母さんに暴力振るわれたり~殺されかけたんでぇ~(え!)住所ないです、だから保険証ないんでぇ~それもあって腕の怪我もいけなかったんです」



なぜか重い過去の話。


「それは今回とは関係ないですよね」

「はい」


「あなた警察と連絡取れなかったんですか?」

「いえ。彼女の連絡先とまとめてたんで取れましたよっ」


「力仕事したことある?」

「はい」


「何?」

「溶接です」


「手の力に自信ある?」

「ないです」



裁判長の質問になりました


「蹴られた時2回痛かったと言ってましたが~どちらが痛かったですか?」

「2回目です。同じとこ蹴られたから、1回目イテッて思って2回目イテッてなりましたから」




次回は次の日、被告人質問です。




なんか結局ドンキーの事件?と納得しかけて法廷を出たら

傍聴していた今井さん からすごい情報を得ました。




裁判傍聴記@毒人参。-立ちんぼ
なんと32歳でした!(゚д゚)ェェェェェェェェエエエ!! 





裁判傍聴記@毒人参。-立ちんぼ

そして職業は立ちんぼ!(゚д゚)ェェェェェェェェエエエ!! 




中学校を卒業後は居酒屋で働き、

平成20年から新宿歌舞伎町で売春婦として働いていたそうです…





裁判傍聴記@毒人参。-立ちんぼ

彼女が!?




そして、今回のドンキーは追起訴で

本起訴は立ちんぼ同士の争いでしたw




これは明日、絶対傍聴しなければ!

と張り切った次第であります。



~続く~



注:登場人物は全て仮名です




スポンサーサイト

コメント

[C25] 1 ■初めまして

ランク上位のブログはどんなもんだろうと思って読みましたが、
さすがにおもろいですねぇ。
素直に感心しました。
これからも、応援しています。

[C26] 2 ■コメントありがとうございます!

>SamSeabornさん

はじめまして~

楽しんでいただけて嬉しいです。
わざわざコメントありがとうございます。

これからも頑張って更新していきます~
  • 2009-06-19 20:51
  • (・∀・)<毒人参。
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/130-1497f7ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。