Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/121-e879e4aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

義父に悩み深い闇を抱えた母子の末路

建造物損壊の女被告人を傍聴しに行きました。
刑事7部の上岡裁判官です。


「損壊」というガッツのある罪状からはイメージ出来ないほど
中川さゆりは、まだあどけなさが顔に残る21歳の女でした。


上下灰色のスウェットです。
かなり明るい茶髪で、ピンクのゴムでトップを結んでいました。


眉毛は細すぎて全然ないし…

これじゃあ、渋谷のギャルかヤンキーです(・ω・)


えっと…ペディキュア塗ってますが…(汗)
拘置所ってペディキュアは塗れるの…?


あれ?てか、冬なのに靴下履いてない…(((( ;゚д゚)))アワワワワ



法廷に入ってきたさゆりは、
なぜか照れくさいような…はにかんだ笑顔でモジモジしていました。
傍聴席もチラチラと見て気にしています。
彼氏でも来てるのか?


10月某日、さゆりは六本木にある3階建てのマンションの
エントランスの壁を壊そうと計画。
新聞紙に香油をつけ火をつけて、床を焦がしました。



(゚Д゚≡゚Д゚)?


…え?


それだけ!?


「建造物損壊」っていうくらいだから、
「でっかいハンマーを持って壁を破壊」とか(←GTO第6話参照)
「車でわざと家に突っ込む」くらいやったのかと思ったら…



床を焦がしただけ?
いや、充分よくない事なんだけど…

燃えた面積は1.15㎡、40万9843円の被害でした。


さゆりの経歴です。
北区で生まれ、私立の高校を卒業後、パチンコ店や飲食店で働いていました。
現在は無職。
結婚はしていなくて、実母・兄と同居。前科前歴はなしです。

今のさゆりの姿を見れば、充分想像できる経歴でした(・∀・)


ここまでは普通…というか、特に変わったところはないのですが、
この被告人…かなり悲惨な生活環境でした(´・ω・)
その悲惨な境遇が、今回の犯行に繋がっています。 


まず、さゆり出産直後に両親が離婚。
義父とすぐに再婚しますが、義父の暴力で平成16年に離婚。
しかし、離婚後も義父は実母や被告人を執拗に追い回しました 。


怖~((;゚Д゚))ガクガクブルブル   


義父は母親の店の金を出資していたという理由で、
しょっちゅう店に顔を出していました。


そして追い詰められた母子は、
「義父から逃れる為には義父を殺すしかない」と包丁2本を用意しました。



((;゚Д゚))ガクガクブルブル   


なんとさゆりの母親は、去年の夏に殺人予備で逮捕されて
裁判を受け、執行猶予中で保護観察中の身でした。


母子とも情緒不安定になり更に追い詰められていきます…


ストレスが溜まり「他人の家に火をつけたりして困らせたい」と思い始めるさゆり。
ジッポオイル1本、カッターをコンビニで購入。
傷つける相手を探しながら六本木を歩きました。


傷つける相手を探して六本木を歩く!?

自分がもし事件当時、さゆりの近くにいたら…と思うと、サイコーに怖いです!!!


池袋の通り魔事件のような大惨事になったかもしれなかったんですね…

カッターを手にしながらも、マンションに積んである雑誌・新聞などを発見。
火をつけて、しばらく困ってる住民を見ていたら、
マンションの住民に119番に電話してと言われました。

放火したさゆり自ら、消防署に電話します。

かけつけた警察官に通報者として事情聴取を受けていた時、
不審点を追求され、罪を認めました。


なんで現場をすぐ立ち去らなかったんだろう…


捕まっちゃうかもって思わないのかなぁ(・ω・)

あ、でも放火する人が戻ってくるのと同じ心理で、
火をつけたらどんな風に騒がれてるか見届けたくなるのでしょうか…


あ、さゆりは困ってる住民を見たかったのか(・∀・) 

マンションのオーナーは、放火によって住民が不安になってしまったし、
発見が遅れてマンションが全部燃えてしまったら…と思うと
(絶対それはないと思うけど…)
絶対に許さない、厳しい処罰を…と言っています。


情状証人はさゆりのお母さんでした。


え?お母さん?大丈夫なの!?


弁護士→情状証人
「あなたは今、昨年7月の旦那さんの殺人予備で執行猶予中ですね?」
「ハイ」


「その時は、娘さんが情状証人で?」
「ハイ」


うわーお互いに情状証人と被告人やってんだ…
なんだか切ないです(´・ω・`)ショボーン
てか…20歳でお母さんの殺人予備の情状証人…orz

ちなみにこの弁護士は、お母さんの裁判で弁護人をしたそうです。


「証人と前夫の事がストレスになって今回の事件を起こしたのは…」
「(すかさず)知ってます」


「どうお考えですか?」
「………(沈黙)」


「前夫とはまだ完全に切れてないの?」
「…ハイ」



ェエェエェエェエ(゚Д゚ノ)ノエェエェエェエェ



まだ切れてないの!?


「どうなってるんですか?」
「18年間一緒に生活していたのですが、その時から「金を返せ、今すぐ返せ」と言われまして…前回の11月の判決の裁判の後、千川(←前夫)から逃げる為に田舎に逃げたんですけど見つかりました。娘に聞いたみたいで…それは娘が何もしらなくて…」


「(証人の言葉を遮って)六本木や渋谷で売春まがいの事してたの知ってましたか?」
「………いえ」


「家出状態だったのは?」
「はい」


「被告人がリストカットしたり、マンションから飛び降りようとしたり不安定な時もあったでしょ?」
「ハイ」


リスカ!?飛び降り!?ΣΣ(゚д゚lll)ズガーン!!
完全に心病んでるじゃないですかー!



「逮捕時、妊娠してましたよね?」
「ハイ」



工エエェ工エエェ(゚Д゚(゚Д゚)゚Д゚)ェエエ工ェエエ工




にっ妊娠!?妊娠までしてたの!?



「11月中旬に中絶手術したね?」
「ハイ」


うつむく被告人。
売春をしていて不特定の男とSEXをしていたので、
誰が父親かわからないそうです…ハァ


中絶費用は母親が払ったそうです。
母親は昼夜と、値段付けの仕事をしているそうです。



「被害者に弁償は?」
「……うぅ…(泣)」


「全くできてないんだね」
「ハイ」


「収入は?」
「まともに働けば30万~40万です」


「時給は?」
「昼は900円で夜は1000円以上です」


「家賃は?」
「9万です」


「弁償はできるの?」
「ハイッ」


「千川はこの事件を知っていますか?」
「知ってます」


「何で?」
「私が連絡しました」


「連絡したの!?」
「はい」


「何で?」
「原因が千川と私だと思ってますのでー」


「でも連れ子だから千川の子ではないよね?2人の子じゃないんだから、18年間お父さんお父さんと言ってたかもしんないけど。何で連絡したの?怨み言言いたかったの?」
「はじめは自分が悪いと思っていました。でも今は言わなければ良かったと思います…」


「まだ千川と金銭トラブルは残ってる?」
「ハイ」


「裁判官に直接お願いする事はありますか?」
「……うぅ(泣)被告人の全責任は私にあります。どうか寛大なご判決を…」



検察官→情状証人
「被告人がネットで殺人方法を調べたという事ですが、娘さんは当時20歳ですよねぇ?娘さんにそこまでさせて止めようとは思わなかったんですか?」
「いえ、逆に娘をここまで追い詰めたので、私が千川を殺さないと…やらないといけないと思いました…」


20歳のさゆりが殺人方法を考えて母親が実行…すさんでます!!
前夫・千川はそこまで追い詰めていたのをわかっているのでしょうか…
てか、何したんだろう…千川。


「千川とはどうするつもりですか」
「収入はどんなに頑張っても限度があるので、まず被害者の方に弁償、そして千川に返していくつもりです」



もう一人の検察官が質問しました。
「弁償、謝罪にはいってないんですか?」
「ハイ」


「弁護士頼んでるし、保釈請求してるし、お金あるんじゃない?」
「…いえ」


「千川に借りてないですか?」
「はい」


「千川に事件の話をしたら何て言ってましたか?」
「俺に原因があるのかな?と」


「それだけですか?」
「はい。裁判の日を聞かれたけど、嘘をつきました」


そりゃ言いたくないよなー…
でも今後も千川に会わなきゃいけないのに(金の事で)
違う日だってバレたら無駄にモメないか…?


弁護士が追加で質問しました。
「保釈請求は、被告人が妊娠してるからね?」
「はい」


「病気なら警察で保護されるけど、妊娠は無理だからでしょ?」
「はい」


ヘー(・ω・)
妊娠って結構辛そうだけど、確かに病気ではないもんなぁ…
女被告人って大変だなぁ…


上岡裁判官の質問になりました。
上岡さんは厳しい方なので、どんな質問が飛び出すかドキドキしました。


「被害弁償はいつするんですか?」
「いつか言わないといけないんですか?…今年中にお支払いする事はできません」


「保護観察所で千川と連絡するなって言われませんでした?」
「言われました」


「何で連絡したの?」
「憎んでいるからです」



…(゚Д゚)ハァ?


「だからするなって言われてるんでしょ?約束破ったの?」
「…ハイ、破ってます…」


「あなたの行動で周りを複雑にしてるんだから、憎んでるからって連絡するのは許されないんですよ」
と、冷静に言い放ちました。



確かにその通り!(σ・∀・)σ



…なんだけど。
女の憎しみは深いから抑えがきかないんじゃないんすか。
ここまで憎しんでいるのは、暴力だけじゃないんだろうなぁ…きっと。



さて被告人質問です。
弁護士→さゆり
「実際は放火事件だってわかってるね?」
「はい」


「カッターは本当に人を傷つけようと思って購入したんですか?」
「人を傷つけて自分も傷つけようと思いました」



破滅型…(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル


「リストカット…?どういう事でやったの?」
「その頃は売春をしていたので、もうやらないという気持ちでやってました」


「…よくわからないんだけど。本当にそうなの?」
「リストカットの傷を見たら思い出すと思って~痛みも思い出して止めると思って~」


リストカットする子ってなんでそんな発想になっちゃうんだろう…
周りが何を言っても聞かないし。


「逮捕後、妊娠何ヶ月?」
「3ヶ月です」


「売春してたからお父さん誰かわかんないんだよね?」
「はい(キッパリ)」
 


そんなあっけらかんと…(´・ω・`)  


「中絶は悩んだけど、仕方なくって感じかな?」←軽っ!
「はい(キッパリ)」←軽っ!


「体調は?」
「あっ全然大丈夫です!」


「食事は?」
「しっかりとってます」


千川について
☆母親と連絡をとっていてもいつも教えてくれるわけじゃないから不安もあった。

☆頭の中では常に千川の存在があった。

☆お父さんという気持ちでいる。

☆暴力は母親にだけで、自分にはない。しかし、それを見ていて耐え難かった。


「今後自立したいとか考えてるんですか?」
「今まで飲食店は嫌だとか選んでいたけど、甘えてないで働いてお金を返していきたいと思ってます」


「キャバクラで働いてたんでしょ?飲食店と言ってもこれはよくないよね?わかってる?」
「わかってます」



…なんでよくないんだろ。
弁護士はキャバクラ好きが多いってよく聞くから内情でも知ってんのかな。


検察官→さゆり
「あなたにとってお母さんはどんな存在ですか?」
「かけがえのない大切な人です」


「あなたの行為によってそういう人をなくす可能性があったとわかりますか?」
「ハイ」



上岡裁判官からの質問。
「今回の現場、床がタイルなの知ってた?」
「ハイ」


「壁はどんなのだと思った?」
「コンクリート…」


「壁は燃えると思ってた?」
「いえ」


「燃えてる間は側にいたんですか?」
「はい」


「もし壁が燃えたらどうするつもりだったの?」
「その時の私だったらボーッとそのまま見てたと思います」


「こういうの、火を付けるの初めて?」
「ハイ」


「(火をつけて)心は落ち着いたりしましたか?」
「いえ」


「では、火をつけて落ち着くとかないのね」
「ハイ」


「もう二度とやらないね?」
「ハイ」



心なしか優しかったです…上岡裁判官(・∀・)



求刑は懲役2年と、ライター没収。


それと。
今まで聞いた事もない条件(?)をつけたされました。


「もし執行猶予なら、被告人の母は監督できないので、保護観察をつけるのが相当とします」


そっかぁ…確かに。
母親と千川は何だかんだで連絡取り合うんだろうし、
悪影響なままだなぁ…
だいたい、母親が保護観察中だし(ノД`)

母子で保護観察か?
なんだかなぁ…


被告人さゆりの最後の言葉は長い沈黙の後、


「今回の事件に関して私を助けようとしてくださる方々に…関わってくれた方々全てに感謝の気持ちを表現……(考えるさゆり)…感謝したいと思います」



さゆりなりに精一杯難しい言葉を使ったようです。



よくやった!

しかし上岡さんは、「はいっそれでいいですか?」と軽く流していました…




注:この記事は2009年6月に霞っ子のブログから移動したものです

  登場人物は全て仮名です


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/121-e879e4aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。