Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/12-71e622dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

公衆に著しく迷惑をかけたのか…?植草さん!! 控訴審第一回公判

久しぶりの植草さん!


植草さんは旅行に出ている間に判決が出てしまったひとりです…


肝心な被告人質問を傍聴できなかったのが非常に無念であります!



2007年10月16日に懲役4月の実刑判決を受けてたんですね~
神坂さんの判決内容、聞きたかったです!



しかし。
判決の時、美人裁判官のるいさんはいたのか…
それだけ気になってます。


しかも植草さんのその後を調べてみたら…
本を出した!?ベストセラー!?
どんな事書いてるのかなー気になるなー( ゚∀゚)


今までの傍聴記デス
(いつの日か編集します汗)


2007/01/25 植草一秀 第三回公判
2007/02/09 植草さんに会えたけど…
2007/02/28 植草一秀 第5回公判

2007/03/28 植草一秀を捕らえた乗客が登場!
2007/03/28 植草一秀 第6回公判(2) DVDお披露目



毎回有り得ないくらいの倍率だった植草さんの一審…


高裁での注目度は低く傍聴希望者は少なかったのですが、それでもマスコミに大量に雇われたバイトのオバチャンで微妙に倍率が上がってしまいました…

自分的にも信じられなかったけど…




なんとフツーに当たったYO!!
ワーイ♪♪ヽ(^ω^ヽ)(ノ^ω^)ノ♪♪ワーイ



久々の429号法廷です。


入ってみると半分が報道席でした…


しかも今日は傍聴券が余ったみたいで傍聴席も結構空いていました。

外れた人も沢山いるのになー

2次募集してくれればいいのに!


法廷画家の染谷さんとくどうさんもいらしてました。

裁判官が入廷し2分間の撮影のあと、弁護人と植草さんが入廷しました。



弁護人5人もいます…こんなにいたっけ(・ω・)


久々に見た植草さんは、少しふっくらしてました。
少しは生活が落ち着いてきたのでしょうか…


他人ながら奥さんと小学生の子供が大丈夫なのか心配です。


植草さんのヒステリックなくらいにきっちりとしたモミアゲカットや
整髪料のつけすぎでテカテカになった髪も若干ふわふわになってました~


ジィさんの万引きとか食い逃げなどの軽犯罪、そして女の傷害や建造物損壊などの荒くれ者ばかり傍聴してるので長い裁判を追いかけた経験がほぼ皆無です…


て事で控訴する事もなく終わるので高裁に慣れていません。
裁判官は全く知らない方々でした…



本籍を聞かれ、やや小さめの声で答える植草さん。
傍聴人や報道陣に細かい住所を言いたくないのでしょうか…


裁判官は非情にも「もう一度お願いします」と、本籍と同じ現住所も2回聞いていました。

有名人でもプライバシーゼロですね☆


むしろ公判前手続きで確認してるからという理由で強姦魔が生年月日、本籍、住所を聞かれない事がありますが…

芸能人にそういうの適用されないんでしょうか…


てか、植草さんのポジションって何だって話になっちゃいますね。

コメンデータ、芸能人?


職業を聞かれ「会社役員」と答えていました。
会社役員なんだー…ヘェ


弁護人は5人に増え、大きなスクリーンを使い動画も交えて
被害者や植草を取り押さえた人の証言の矛盾点を指摘し
その証言に信用性はないとし改めて無罪を主張しました。



無罪!




とれるかな…


最初にスクリーンに映し出され読み上げられたこと。


はじめに

・過去の事件は冤罪である
・余談と偏見を排除すべきである


なんとミラーマンの話題まで遡りました…!
古~!と思いきやまだ死んでない話題ですよね


今でも「植草さんの裁判を傍聴した」と言うと
「誰?…あ!ミラーマンか!」とよく言われます。
世間なんてそんなもんなんですね~


★目撃者であるT証人は犯人がメガネをかけてたか覚えてないと話していたが、
被告人は記憶に残るようなメガネをかけていた。
しかも証人は「犯人は目がうつろで」と言ってて
犯人の目をを見てるので覚えてないというのは不自然である。


★T証人は被告人が大きなカバンを右肩にかけていた。
しかし証人は、犯人はカバンを持っていなかったし
右に傾いていてとても不自然な格好だったと話した。
被告人がそんな格好をしていたら、カバンがずり落ちるはず。

そんなわけで証言した内容と被告人は食い違うところがいくつもあり
真犯人は被告人と別人である事を指しているとしました。



それと比べ弁護側の用意した証人(乗客)は
どこの駅で起きたかハッキリしてるし
メガネの特徴も覚えていて被害者の服装もしっかり証言していて
証人の証言は信用性は極めて高いとしました。


繊維鑑定については私も傍聴しましたが
手指→ネクタイ→背広を鑑定して7本の繊維が出てきたが
スカートのものだとは言い切れなかった

無職綿繊維についても生活環境の中に多数あるもので
被害者のパンツとは断定できず。


そして被告人の手指やネクタイには被害者のスカートやパンツの構成繊維は一本も付着していなかったので被害者やT証人のいう痴漢被害の客観的な裏づけ証拠がない。



長くなったので弁護人が主張するまとめだけ書きま~す

★弁護側目撃証人の供述の信用性も十分
★弁護側の証人の供述も被告人の供述と符合し被告人が犯人でないことを示している
★被告人が犯人なら当然発見されるハズの被害者のスカート由来の繊維が被告人の手指、ネクタイ、背広から発見されていない
★被害者供述に信用性はない
★T証人の供述に信用性はない


て事で無罪を主張。



確かに映像を見せられると矛盾とか見えてきます。

視覚に訴える…大事なことだと実感しました。


てかその前に痴漢によく遭う自分としては(総武線と山手線多すぎます!)
痴漢の手を掴んで警察に突き出さなかった被害者がどうかと思うんですが…


振り返っただけで何で近くにいた男が痴漢だって断定できたんだよ…と。
被害者の方は実際痴漢に遭ってるとしても断定できるのかなと。


痴漢の手が隣の隣の男とか後ろの後ろの男だったりするので
なんか「振り返ってたらいた植草さんが犯人」だと断言する
被害者の言葉をそのまますんなり受け入れられないというか…


断定できないのに罰せられるんですかね~

でもそう言っちゃうと、痴漢に目撃者がいる方がマレですし…
あぁ難しい。


40分に渡りメインである3人の弁護人が交代交代で熱弁し
一審と変わらず被害者の真後ろに真犯人がいたんだ説を出し
特定できなかった繊維鑑定をもっと詳しく調べる再鑑定や
弁護人側の目撃証人の信用性を訴えました。


…が。



全て棄却されました…!!(゜Д゜)




なんだったんだ…この40分は…

一生懸命メモとっちゃったよー


検察側は控訴を棄却するよう求めました。

面倒くさそうな顔してやる気なしの態度です…!!



嘘でもいいからもっとやる気のある顔してくれよー

弁護人、若干放心状態に見えますが…w



何もなかったかのように裁判が閉廷しかけようとしたその時…

「証拠の取調べを請求します」


検察官ちゃんと立つのも面倒なのか両手を机につき中腰で
「請求はいずれも却下とします」



裁判長は左右の裁判官と小声でちょっと相談しました。
「必要性がないという事で却下します」



また却下された~
閉廷しかけたその時、再び弁護人が立ち上がりました。

「異議あります!板橋教諭裁判という判例がありますので、それを踏まえた上で慎重に判断を」



板橋教諭裁判…?
思わずネットで検索してしまいました。

裁判長も気になったのかどこの判例か何条なのかを詳しく聞いていました。


「異議に理由はないとします!」と一蹴する検察官。

裁判長はやっぱり左右の裁判官と少し喋って
「異議の申し立てを棄却します」



またまた棄却です~(゚Д゚)


しかし弁護人はまだ諦めません!


「鑑定結果を残しているか問い合わせたら、検察庁には残ってないが科捜研には残ってるかどうかわからないと言われましたが、万が一残っていれば、より詳しく調べる器具で客観的にわかるように明確に調べられるはずです!科捜研に残ってるか待った上でご判断を…!」


検察官は中腰のまま
「そもそも繊維鑑定は不必要であると考えているので…」
とバッサリ★


ちゃんと立って発言しないと村上さん(熱血裁判官)に怒られるぞ!



これも裁判長は
「この点も必要性なしで。他には?」




裁判長…なんか早く切り上げたがってないか…?



弁護人は全員無言になってしまいました。




そして
「検察はただ不必要と述べてるだけなので…」
と弁護人がダメージを隠しきれない様子で言うと

「裁判所も重要と考えていますので。ただこれは判断済みという事で裁判所は判断します。もうよろしいですか?」







10時50分に閉廷しました。


次回は判決です。




争いゼロでちょっと悲しくなりました。



あ、別に植草さんを特別に応援してるわけじゃないんだけどne(・ω・)


傍聴券が出る裁判でいつも思うのですが…終わった瞬間
「傍聴人はすみやかに退廷してくださーい!」
とノートやペンをカバンに入れる時間も許さない刑務官が憎いです。



せかすなー!




注:この記事は2009年6月に霞っ子のブログから移動したものです





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/12-71e622dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。