Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/100-391063dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Ako si 毒人参

約一週間ぶりの東京地裁です(・∀・)


31日の夜中、突然右目が痛くなり涙が止まらなくなりました。
眼科に行ったら角膜に傷がついていました…(ノД`)イテテテテ

眼帯で仕事には行けず、家で療養していました。


コッソリ裁判所に行っちゃおっかなー♪とも思ったのですが、
片眼でメモをとるのは難しく断念しました。

11/3文化の日は、右目が少し良くなったので、
府中刑務所の文化祭に行きました。


まさか…とは思っていたけど、高校の文化祭ノリで驚きました。
ステージで踊ったり、生バンドがあったり、食べ物屋もありました。
囚人が作ったタンスやソファーも見ました。


私は前橋刑務所の囚人が作った便箋を買いました。
これで誰かと文通したいです。
囚人の書や絵画の作品も展示してありました。

またひとつ世の中の事を知る事ができました(・∀・)


目は徐々に治ってきましたが、

しばらく(年内)はメガネで生活です…



一週間ぶりの裁判はやっぱり村上さんにしました(´∀`)
外国人の傷害です。

法廷に入ったら東大中退痴漢男 の判決をやっていました。


懲役1年の実刑でした。


「どうやったら自制できるか、それが大事なんだよ。君は頭がいいんだからわかるはずだよ?君のご両親もそう考えてるはずだよ」

1年で更生できるのかとても不安でしたがそれよりも、
被害者が高校卒業する前に被告人は出所するのかと思うと、とても嫌な感じがしました。


あっという間に判決は終わり、次の被告人(傷害)が入ってきました。
紺色の腰ひもに結ばれて、紺色のトレーナーに黒いパンツ、
真っ白な肌にうっすら禿げた頭でした。


村上さんが「今日何語にするの?」と聞きました。

「えー…本人は英語でいいと言ってますが、通訳人はタガログ語の方がいいとおっしゃってます…」と弁護士。



そんな事より「発言する時は立ってください」と村上さんに注意されていましたw

ルールは大事ですよね!村上さん!(萌)



「日常はタガログ語なんでしょ?」と村上さん。




…沈黙。

ちょっと気まずそうに女検察官が立ち上がりました。



「あと…イロンゴ語を使ってたという…(苦笑)」



「えっ?何?イロ…イロロ…イロンゴ語!?何それっ!」
村上さんちゃんと言えてません(ノ∀`)アヒャ


女検察官が「イロンゴ語はある地域で話されてる言語です」と説明しました。



イロンゴ語…どんな言語でどんな文字なのでしょうか…
文字フェチの私はとても興味があります!


イロンゴ語でちょっと盛り上がりを見せましたが、
冒頭陳述は英語しか用意してないそうなのでいつも通りでした。


被告人を証言台の前に立たせました。


「名前は?…あっその手は後ろに」

両手を証言台に置いて喋ろうとする被告人に早速注意をしました。


被告人は1974年生まれ、国籍はフィリピンで現住所は目黒。
「某大使館勤務」と答えると、村上さんがすかさず聞きました。


「ん?何?大使館?起訴状は運転手ってなってるけど…」
「はい、大使の運転をしていました」


事件は平成18年8月某日22:50~22:55の間、被告人は西麻布のアパートに住んでいる59歳のカリナを鉄パイプで殴打。顔面や脇腹を蹴飛ばした。



酷い事するなぁ…(´・ω・)ショボーン

村上さんが聞きます。



「間違いはないですか?」
「間違ってる部分があります」


「どこですか?」
「この日この時間、間違いなくいました。しかし、いきなり火をつけたタバコを投げてきました。そしてグーで殴りかかってきてもみ合いました。そしてハサミを持って襲ってきたので自分の身を守る為に右の手を前に出して左手で彼女の顔を殴ったのです」


被告人は更に「カリナは金を借りてた」と発言。



ェエェエェエェエ(゚Д゚ノ)ノエェエェエェエェ


なんか被告人だけが悪くは見えなくなってきました。

否認するので、どこが違うのかひとつずつ確認します。


「鉄パイプ状のもので右足で太ももを突いた事はありましたか?」
「もみ合いになったので覚えていません」


「覚えていないと認識していいんですね?」
「もみ合ってる間にもしかしたら当たったかもしれません」


「鉄パイプ状のものは持ってたという事ですか」
「持っていません」


「2回殴りつけたというのは間違いありませんか?」
「何回殴ったのかは覚えていないですが…」


「いや、理由はいいんです!!後で聞きます!!」
村上さん声を荒げます。


「複数殴ったけど回数を覚えていないという事ですか」
「ハサミを見た時、混乱しましたので覚えていません」


「殴った事実はあるんですか?」
「はい」


「彼女が鉄パイプ状のものを持ち出し、それをあなたは使って殴ったのかもしれないという事でいいですか?」
「そうだと思います」



弁護側からも修正が入りました。

☆話し合ってる過程でタバコを投げつけられた。
☆脇腹を2回殴打していない。


弁護士は興奮して喋りましたが、
「立って!立って!」と村上さんに注意されていましたw


お互い大興奮ですヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪


弁護士の話は続きます。

☆その場にいた事は認める
☆鉄パイプの暴行は認めない
☆手拳で殴打は認めるが正当防衛
☆カリナが被告人の子供を黙って連れ出したのが原因


気がつけば、罪状認否だけで25分もかかっていました…(;´Д`)


やっと証拠調べです。
被告人はフィリピンで生まれ、フィリピンの大学を卒業後1994年に来日しました。
いくつかの大使館の運転手として働いていました。
日本には妻と母親が、本国には子供が2人います。
そして今は、若い女性と暮らしています。


妻の供述。
「夫とは同じ地域で生まれ育った。現在は別居している。8歳と7歳くらいの子供が2人いる。子供の面倒を見るために夫はフィリピンに戻り、自分は仕事があったので日本に残っていた。手紙やメールでやり取りしていたが、夫が日本に男がいるんじゃないかと疑った。夫に彼女がいると言われフィリピンへ。家へ行くと、知らない若い女がいた。しばらくして日本に戻って来た。そして夫に「子供に近づくな、子供を連れ出すな」と一方的に言われた」


被告人の供述。
「1999年から妻と仲が悪くなっていった。妻が勝手に現金を持ち出していった。フィリピン中で色んな人の金を持ち出して問題になっている事を知った。28万でパソコンを売ったのに未だに金を払ってもらってない。弟がフィリピンで勝手に車を売ってしまったので、立て替えると言ってまだ貰ってない。また、1年前勝手に子供を連れ出したと知らせを受けた。子供は大変怖がっていたので「子供を連れ出すな」と言うと、妻は大変怒っていた。どうにかしようと思い、被害者宅へ。訪れると火をついたままのタバコを投げつけてきて鉄ポールのようなもので襲いかかってきた」


…(・ω・)

どっちもどっちというか…(怪我させちゃだめだけど)


被害者は肋骨を骨折しています。


それにしても…
被告人の話が本当だとしたら、被害者の妻も相当な人物だなぁ…
夫婦とはいえ、金持ち出したり子供を勝手に連れ回したり…
子供が怖がるって事は母親ってあんまり慕われてないのかなぁ…


次回はなんと証人としてカリナが出廷します。
その次は目撃者の出廷です。



やっと終わった…


一斉に起立すると、

「あっちょっと待って下さい!」と弁護士。




工工エエェェ(´Д`)ェェエエ工工




みんな座り直しました。


「12月に…」と言いかけると、
「立って!」とすかさず村上さんに注意されてました(ノ∀`)マタカヨ


「12月にこちらの証人を申請しますので、よろしくお願いします」



…それだけ?( ゚Д゚)

通訳がいる裁判はいつも疲れてしまいますが、
なんかいつもより疲れたのは気のせいでしょうか…

仕事の前に本屋に立ち寄り、イロンゴ語の本を探しました。
見つからなかったので、仕事が終わった後、ネットで調べたらありました!


タイトルの「Ako si 毒人参」は「私の名前は毒人参です」と言っています。



注:この記事は2009年6月に霞っ子のブログから移動したものです

  登場人物は全て仮名です



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/100-391063dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。