Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C57] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/1-34f963f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

衝撃の早川裁判官デビュー★(1/2)

木嶋香苗裁判の休廷中、のんびりトイレに行っていたら再開に数秒間に合わず、なんと法廷に入れてもらえませんでした…呪
次の休廷のタイミングまで入れないとのことだったので、仕方なく他の法廷で傍聴することにしました。


そして私はとんでもない裁判官に出会ってしまいました…


刑事5部の早川幸男裁判官です。
ちょっとクネッとした白髪交じりの前髪(絶対天パ)、冷たい表情をよりクールに見せる無機質なメガネ、鋭い眼光、常にへの字の口元(かなり意地悪そうな口元です!)。
そして…まさかの可愛らしい猫背!キャ♪

早川裁判官に会えるのは、古いC棟の102号法廷。
この法廷のイス…金属です!
かつての宮本裁判官(@東京地裁)の法廷と同じDA!
寒すぎます!生理中、妊婦は入ったらいけない法廷です!ご注意を!


罪名は埼玉県の迷惑条例違反、痴漢です。

被告人は、色褪せた赤いジャンパー(中は黒?紺?のハイネックにグレーのトレーナー)に白いパンツ姿で入廷。
全体的にうっすらと白髪で、ボサボサでした。
ぎゅっと固く口を閉じ、緊張した様子です。
気弱そうな男です。

昭和43年生まれの43歳。
本籍と現住所は埼玉県内。無職です。

見た目の印象とは違っていい声をしていました。


起訴状によると、被告人は、痴漢の常習として平成23年12月某日の7時30分~7時44分の間に電車の中で被害者(18)のスカートをまくしあげ、下着の上から陰部を触ったようです。

起訴状を被告人に示していたら、後ろのドアがノックされました。
振り向くと、老女が礼をして入ってきました。

被告人の母親…?
(通常法廷に入るときはノックいらないデス)


被告人は高校卒業後、数年前から無職、と検察官に紹介されていました
なんつーザックリした経歴だよ!

母親とふたり暮らしで、前歴1件、前科2犯(迷惑条例で罰金30万と強制わいせつで懲役1年6月執行猶予3年の判決)。
平成19年から痴漢を繰り返す常習犯だったようです。

逮捕された日も、痴漢する為に長いこと物色していました。
電車を下りる直前、被害者が被告人の手首を掴み、被告人は逃げましたが取り押さえられました。だせー

被害者の話によると、上尾駅を出発して2~3分でスカートをまくしあげられ触られ始めたので移動したら、被告人もついてきて強引に被害者の後ろに割り込んできて、スカートをめくり触ったそうです。
逃げた被害者を追いかけるなんて強気な痴漢だなー
よっぽど被害者が可愛かったのでしょうか…

目撃者もいました
無理やり被害者と目撃者の間に入り込んできて痴漢をしていたそうです
「ハァハァと息をしていて気持ち悪かった」と証言しています

被告人は元々女子高生が好きで、この日も痴漢をする為に宇都宮線→高崎線→宇都宮線と乗り継いで往復しています
警察の取調べで最初は「仕事探しで家を出ました」と言ったけど、本当は痴漢目的だったと告白したようですが、まぁ100人中100人がわかってただろ、そんなこと。

5年前からスカートを穿いた若い女に100回くらい痴漢をしていたそうです
痴漢かなり減ったと思ったけど、まだこんな男いたんですね…

前刑のあと制服の性風俗の店へ行っていたけど、お金がなくなって再び痴漢するようになってしまいました
痴漢の快感と風俗の快感は違うものだと思っていましたが、この被告人だったらお金さえあれば再び痴漢しなくて済んだのかもしれません。

今回の被害者は、最初に触っても騒がなかったので痴漢をしたそうです。
女子高生逃げただろう、空気読めよ。

先ほどノックして法廷に入ってきた老女が刑事5部の早川幸男裁判官です。
ちょっとクネッとした白髪交じりの前髪(絶対天パ)、冷たい表情をよりクールに見せる無機質なメガネ、鋭い眼光、常にへの字の口元(かなり意地悪そうな口元です!)。
そして…まさかの可愛らしい猫背!キャ♪

早川裁判官に会えるのは、古いC棟の102号法廷。
この法廷のイス…金属です!
かつての宮本裁判官(@東京地裁)の法廷と同じDA!
寒すぎます!生理中、妊婦は入ったらいけない法廷です!ご注意を!


罪名は埼玉県の迷惑条例違反、痴漢です。

被告人は、色褪せた赤いジャンパー(中は黒?紺?のハイネックにグレーのトレーナー)に白いパンツ姿で入廷。
全体的にうっすらと白髪で、ボサボサでした。
ぎゅっと固く口を閉じ、緊張した様子です。
気弱そうな男です。

昭和43年生まれの43歳。
本籍と現住所は埼玉県内。無職です。

見た目の印象とは違っていい声をしていました。


起訴状によると、被告人は、痴漢の常習として平成23年12月某日の7時30分~7時44分の間に電車の中で被害者(18)のスカートをまくしあげ、下着の上から陰部を触ったようです。

起訴状を被告人に示していたら、後ろのドアがノックされました。
振り向くと、老女が礼をして入ってきました。

被告人の母親…?
(通常法廷に入るときはノックいらないデス)


被告人は高校卒業後、数年前から無職、と検察官に紹介されていました
なんつーザックリした経歴だよ!

母親とふたり暮らしで、前歴1件、前科2犯(迷惑条例で罰金30万と強制わいせつで懲役1年6月執行猶予3年の判決)。
平成19年から痴漢を繰り返す常習犯だったようです。
(本人は5~7回と言ってますが、絶対ウソだろw)

逮捕された日も、痴漢する為に長いこと物色していました。
電車を下りる直前、被害者が被告人の手首を掴み、被告人は逃げましたが取り押さえられました。だせー

被害者の話によると、上尾駅を出発して2~3分でスカートをまくしあげられ触られ始めたので移動したら、被告人もついてきて強引に被害者の後ろに割り込んできて、スカートをめくり触ったそうです。
逃げた被害者を追いかけるなんて強気な痴漢だなー
よっぽど被害者が可愛かったのでしょうか…

目撃者もいました
無理やり被害者と目撃者の間に入り込んできて痴漢をしていたそうです
「ハァハァと息をしていて気持ち悪かった」と証言しています

被告人は元々女子高生が好きで、事件の日も痴漢しようと思って宇都宮線→高崎線→宇都宮線に乗って往復してました。
警察の取調べで最初は「仕事探しで家を出ました」と言ったけど、痴漢目的だったと告白したようですが、そんなこと言われなくても100人中100人わかってるわ!

前回捕まったあとは制服の性風俗の店に行っていたけど、お金がなくなってしまい再び痴漢するようになったそうです。
コスプレが趣味の彼女でも作れよ。


先ほどノックして法廷に入ってきた老女は被告人の母親で情状証人の為に来ていました。

弁護人→母親

「被告人が逮捕された当時、お母様は被告人と一緒に住んでいましたか」
「いーえ、違います」

「被告人とは、どのくらいの頻度で会ってますか?」
「働いてる時は1ヶ月に1回くらい、働いてない時は歩いてよく来てくれました」

「歩いていける距離に住んでいたんですか」
「駅の反対側ですから。30分…1時間あれば着きます」

「面会には何回行きましたか」
「3回です」

早川裁判官は厳しい顔で「もー少し大きい声で話してくれますかー」と注意すると、「はい…」と静かに返事をし、マイクの位置を直していました。
従順そうに見えてちょっと反抗的な母親w

「今回の事件を知った時どう思いましたか」
「普段はそんな素振りがない真面目なので、なんでこんなことしたのか全然わからないです」

母親は力なく答えました。
大事な息子は、いつも就職活動をしていてお金がないと言うので月5~6万援助していたそうです。
甘いなーこの息子の為になってるのかなー

「お金に困ってるから援助したとおっしゃいますが、どうして一緒に住んでなかったんですか」
「昔は一緒に住んでいましたが、息子は夜の仕事で…夫は体が悪く息子が昼に寝られる状態じゃなかったので出ていってもらいました」

「当時、被告人はどんな仕事をしていたかご存知ですか」
「フォークの仕事ですね」


フォーク???
フォーク・スプーン?フォークダンス?

「フォークリフト使って荷物運ぶ仕事?」
「はい」


なるほど。


「これからは具体的にどのように息子さんを監督していくつもりですか」
「今はちょっと思いつきません…泣」

「例えば一緒に住んでずっと監督することはできますか」
「はい、一緒に住みたいと思います」

「あなたにとって息子さんはどんな存在ですか」
「頼りになる子です」

「最後、裁判官に糸事あれば…」
「再度このようなことがないよう2人で頑張りたいと思います。よろしくお願いします…」


検察官→母親

「前回の示談のお金、誰が払ったんですか」
「私です」

「被告人はそのお金返したんですか」
「はい、少しずつ…」

「示談はいくらだったんですか」
「30万円です」

「被告人と事件のことなど話し合いしてますか」
「はい、それは常時しています」

「どのくらい?」
「えっと…それは…時々…」←正直者だ。


「今までと同じじゃダメなのわかりますよね?」
「(検察官の方を見て)はい…」


早川裁判官→母親

「被告人には300万くらい借金があるの知ってますか」
「はい」

えー!300万??
そんなに!?
なんでひとり暮らししてんの!?


「どうするつもりですか」
「働いて…それは…」

「今のままじゃどうすることもできないですよっ(怒)」
「はい、私も2人で努力します!」


「あのねーあなたが努力してもねぇ、被告人の為にならないんですよ!(怒)」
「はいわかってます(即答!逆ギレ…?w)」

「あなたが30万払ったこともアダになってますよっ(怒)もー心を鬼にして見放す時期ではないんですか?」
「はい…わかってます…」

「話し合うって言ってるけど、なにを話し合うの!?」
「今まで以上になぜやったのか…と………」


早川さん、そんな怖い顔で言わなくても…
あーこっちがどんよりする。

「被告人はなぜやったと言ってるんですか」
「…申し訳ないとは言ってますけど…」

「お母さんには言ってないのね!?」←心臓が止まるほど強い口調で。
「はい…」


「もうね、被告人は…ハッキリ言ってしまいますけど、刑務所行くと思います!」

(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
行くと思いますってw
あんたの判決なんだから「刑務所行きます!」だろw
ま、控訴・上告したら話は別だけど。

「3度もやってね、前回は示談で済みましたけどね、もう刑務所ですよっっっ」


黙って頷く母親。


「カウンセリングがあるのは知ってますか」
「はい」

「どうして知ったの?」
「本とか読んで…」

「いつのこと?」
「前からです」

「前からっていつ?」←w
「2年くらい前…」

「息子さんをカウンセリングに連れて行った?」
「いえ」

「更生できたかもしれないですよね、治療受けて。それはわかってますよね?(怒)」
「………はい」


席に戻るときに見えた母親の顔は来たときと違い、とても厳しく般若のようでした。
早川さん、強く言い過ぎましたね…


【後半へ続く☆】
スポンサーサイト

コメント

[C57] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokusaiban.blog.fc2.com/tb.php/1-34f963f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。