Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9歳にSEXを挑んだ男…求刑ってこれだけ!?

【わいせつ略取 強制わいせつ】


居眠り運転の裁判が終わるや否や、人がどっと押し寄せてきました。

な…何事!?( ゚Д゚)ヒョエー
慌てて自分の席を確保しました。


後ろには座りきれなかった傍聴人が立ってモジモジしています。
てか、立ち見はないから!!!!(多分)


と、思ったらよく居眠りしている事務官が飛んできて

「空いてる席に座ってください!立ち見はできません!」
と、威張り口調で言いました。


そして
「(遠くを指差し)そこ空いてますよ!」
「この荷物はどなたのですか?席取りはできませんよ?」
「ここつめてください!」
と仕切り始めました。


なんか異様な雰囲気です…(((( ;゚д゚)))アワワワワ



満席で裁判が始まりました…息苦しい…



このわいせつは9歳の女児に対するものでした。




ェエェエェエェエ(゚Д゚ノ)ノエェエェエェエェ




きゅっきゅっきゅっ…9歳!?ΣΣ(゚д゚lll)ズガーン!



~冒頭陳述より~
13歳未満(9歳)の女児に団地のエレベーター内において、左手で口をふさぎ、ボールペンを首に突きつけ「騒ぐな」「騒いだり逃げたりしたら殺すぞ」と脅してエレベーターから降ろし、公園の女子トイレに連れて行き陰部を弄んだ。更に工場の屋上へ連れて行き、裸にして陰部を触り弄び口淫させた。
カメラ付き携帯で女児の裸の撮影もしていました。



((;゚Д゚))ガクガクブルブル
青木は青いシャツにチノパンの坊主頭メガネでした…



昭和46年に東京で生まれて中学卒業後に新聞屋で一年働くが
辞めてからは住所不定の無職です(最悪です!)


前科一犯あります。


中2の頃、3歳(3歳っ!?)に対する強制わいせつで捕まり、保護観察という前歴まであります。

もう病気だよ…(´・ω・`)ショボーン


女児が帰ってこない事を心配した母親が110番をして警察と探していたところ、
女児を背負った青木が20時頃現れました。


「迷子になっている子がいたので連れてきた」と青木は嘘をつき、
警察は免許証だけ確認して青木を解放しました。


青木は警察に
「友達と遊んで帰る途中、裏路地に入ったら女の子がいた。こんな時間におかしいと思い、声をかけたら泣き出した。女の子の住所はわからないが、○○団地の辺りという事で連れてきた。疲れたと言うのでおんぶしてやっとここまでたどり着いた」
と説明していました。


|ω・`)…とんでもない奴です


解放された女児のショックはとても大きく次の日には
「学校に行きたくない」と言うので、祖母と過ごしていました。


そして「外に出たくない、見張られている、怖い、殺される」と怯えている孫の異変に気がつき、女児の母親に相談。

夜になって母親が聞いたところ、
「ママ、嘘をついた。本当はあの人だよ、殺されるから誰にも言わないで」
と告白し、カッターで脅された事などを話しました。

「お兄ちゃんは大人だし、逃げてもすぐ捕まると思ったし、カッターを持っていたので怖くてにげられなかった」
「別れ際に『本当の事を言うな』と脅かされた」

そう証言した女児は、面通しの時、青木を見て
「この人だ」と母親の足下に隠れるようにかがんだそうです(´・ω・`)


青木の話に戻りますが、母親は既に死んでいて、
父・弟とは数年前から連絡がつかないそうです。
性的対象は「体がキレイだから」という理由で小1~小4くらい(オェッ
女児の裸を撮った携帯は川に捨てたそうです…本当かよ~!!


捨てた理由は「携帯代は払えないし、警察に見つかったらマズいと思った」そうです…



…本当かなぁ~(・ω・)
疑い深い私は隠したんじゃないの~?って思ってしまいました…


犯行時に女児が首に突きつけられたカッターと思い込んでたものは
ノック式のボールペンでした。
幼児でもボールペンでは凶器にならないだろうと思った青木の名演技で
ボールペンをカチカチ鳴らし女児にカッターだと思い込ませたようです。


そしてなんと…強姦目的でした。
しかし女児が痛がるのでSEXができず、
いつまでいても仕方ないので帰る事にしたそうです…


それにしても…今日は女検察官やけになまってるな~(・ω・)

弁護士のじぃが青木に質問します。

「今日の事は言わないでくれ、他の人に追いかけられたと言えと言ったそうですが、、あなたはシガイシャ(←多分被害者)に言ったら殺すぞとか言いましたか?」
「はい」


「あなたはシガイシャに手紙を書いたの?」
「はい」


「なぜすぐに書かなかったの?」
「便せんを買うお金がなくて。でも友人が来てくれてお金が用意できたので書いたが、お盆に入ったので遅れてしまいました」


…なんか無気力だなぁ(ノД`)


「成人した女性に対して興味がないわけではないんですね?」
「………」


「幼児に対して興味があるって事?」
「はい」


「今後仕事はどうするつもりなの?」
「前に働いていた新聞配達の上司のお陰でそこで働けます」


本当かよ!!( ゚Д゚)ゴラァァ
ちなみに前科も今回の裁判の罪状も知らないそうです…
簡単に引き受けていいのか…新聞屋…


女検察官の番です。
一言ずつ区切ってゆっくり喋るので魔術のように眠くなります…

「あなたは~今回の~事件で~カメラ付きの~携帯で~撮影して~いますが~何でですか~?」
「携帯を持っててカメラ機能がついていたので撮ってみました」


答え方軽っΣ(゚Д゚;) 


「その~画像は~どうしたんですか~?あとで~見たり~しましたか~?」
「はい、一回だけ」


「いつ~見たん~ですか~?」
「次の日です」


「その~画像が~残っている~可能性は~ないですか~?」
「ないです」


「何らかの~形で~第三者の~手に~渡ったという~事は~ないですか~?」
「ないです」


「相手の~女の子が~どんな~思いを~しているか~その~身内の方の~気持ちを~考えた~事は~ありますか~?」


まず、女の子に対して。
「怖い思いをさせたんで心に傷が残ったんではないかと思います。」

そして親に対して。
「逆の立場で考えると自分もそう思うと思ったのではないかと思います」



…(・ω・)
死刑にしろって思うって事?


「仕事を~辞めた~あとは~どうやって~生活を~して~いましたか~」
「お金を少し持っていたので昼は遊んでサウナで寝たりしてました」



さて、村上さんの質問です。
この鬼畜にどんな熱い質問をぶつけるのでしょうか…(・ω・)ドキドキ


「今回テスト受けたと思うけど…」

(・∀・)ドキドキ


「自分の知能指数がいくつか知ってるかい?」


(゚д゚)ェェェェェェェェエエエ!! 


「知らないです」
と、青木が答えました。


「少年時代はやったのわかってるね?」
「はい」



知能指数…
まさか村上さんがそんな質問をするとは思いませんでした…
しかも、質問はこのひとつだけでした。

村上さん…奥が深いです!(ノД`)


「犯人に対しては一生刑務所を出てきて欲しくないし、むしろ死んで欲しいと思います。絶対に許さない」
という被害者家族の思いも虚しく
求刑は7年でした。


被害者の女児の将来への影響などお節介ながらに考えると、
青木の求刑は軽すぎてかわいそうだと思いました。




注:この記事は2009年6月に霞っ子のブログから移動したものです

  登場人物は全て仮名です




スポンサーサイト

居眠りダメ☆ダメ☆傍聴人、居眠りで退廷命令。

業務上過失傷害】 佐々木昭博  


5分前に法廷に入ると、既にものすごく混んでいました。

礼田さんのすぐ横に座って傍聴しましたヽ(・∀・)ノ ドッコイショー♪


被告人は昭和33年生まれの47歳、江戸川区の男でした。
仕事はコンピューターのシステムエンジニアです。


昭和55年に同種の前科があります(罰金だけ)

今回は前日からの疲労と睡眠不足が原因か、
居眠り運転をして対向車とぶつかり、怪我をさせてしまったものでした。


とりあえず死亡事故にならなくてよかったです(´・ω・`)


事故前夜、1時に寝て朝の4時に起きたそうです。

佐々木はこの日300km車を走らせて仲間と福島県へ行き、
体験酒造のセミナーに参加していました。


そしてセミナーの後、温泉に行こうという事になり、
ご飯を食べて10分程寝て温泉へ向かいました。
車内はみんな寝ていて静まり返っていたそうです。


ガムなどを噛んで眠気をさましていたが、先導車についていくのがやっとだったみたいです。
警察と事故現場に行ったが、店の看板などは全然覚えていませんでした。


情状証人は佐々木の母親でした。
村上んさんは「じゃーそこにイスあるでしょ?かけていいですよ」
と優しく声をかけました。

村上さんの裁判では、体が弱い場合のみ(例外を除く)イスに座れます。


母親は佐々木と二人暮らしで、生活の面倒を見てもらってるそうです。

「息子が逮捕されると生活が困る」と話していました。


「他に兄弟が2人いるので世話になれないのか?」と聞かれると、
「他の兄弟は佐々木に金を借りる位ギリギリの生活なのでお世話になれない」との事でした。

佐々木、結構いい人みたいです。


裁判は淡々と続きました。
なんとなく傍聴席もダレてきていたその時…

「ちょっと。そこのピンクの人」



Σ(゚Д゚ノ)ノ

村上さんの声に一瞬ドキッとしました。


厳しい顔でこっちを見ています。



(゚Д゚≡゚Д゚) ん?


どうやら私の前に座っている人に向かって言っているようです。




なんだ?なんだ?

「法廷は居眠りする場所ではないんですよ。どんな場所だかわかってるんですか?ただちに退出しなさい!」




ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ


男はすみません、と小声で言って直ちに退出しました…



ポポポ( ゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)ポカーン…


よく居眠りをしてしまう私は(わざとじゃないんです)心から反省しました。
この日も体調が悪くて、痛み止めやらなんやらと
沢山の薬を飲んでてMAXに眠かったし…


それにしても。
居眠り運転を裁かれてる時に、傍聴人が居眠りなんてシャレにならないですね(ノ∀`)

この裁判も終わり際、ものすごい人の出入りがありました。
被告人の声が小さいのでほとんど聞こえません(呪)
モラルのない傍聴人達は、扉の開け閉めが乱暴で不愉快でした。

求刑は禁錮1年4ヶ月。



注:この記事は2009年6月に霞っ子のブログから移動したものです

  登場人物は全て仮名です



他人が村上さんを褒めた事への嫉妬…

今日は気合いを入れて午後イチで村上裁判を傍聴しまくりました。
村上さんにお会いできるのは久しぶりです…☆エヘヘ


村上さんの今日のシフト↓

1330-1430 公然わいせつ(新件)

1430-1530 業務上過失傷害(新件)

1530-1700 わいせつ略取 強制わいせつ(新件)


村上祭りです!!ヽ(・∀・)ノワーイ☆



遅刻ギリギリで法廷に入ると沢山の人が…

たかが(と言っちゃあナンだけど)公然わいせつに…なぜ??

もしかして霞っ子本に村上さんの事を書きすぎたのでしょうか…(自意識過剰です)
ものすごい不安と後悔の気持ちが押し寄せてきました。


半分以上席が埋まってるなんて信じられません。

ドアを開けると先輩傍聴人、阿曽さんがいたので会釈しましたが、シカトされました。


いつもの事です( ゚∀゚)ァハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \


【公然わいせつ】岩崎健二(ちょっと伸びた坊主頭のムッチリ体型)

平成13年から松戸(千葉県)の公園で寝泊まりしていた(勿論無職☆)前科3犯の岩崎は、公園の水道で顔を洗ってる時に女性が通ってムラムラし、犯行を決意したそうです…コワー☆
下着を脱いでズボンを穿き、朝の8時過ぎに常磐線に乗り込みました。
ぼんやりした雰囲気とは裏腹にやる気満々です!!


<被害者女性(19)の証言>
「北千住駅を出発してすぐに隣の男性がこっちを見ていました。~略~目をやると陰茎を握っていました」


うわぁあああぁぁあぁぁぁぁぁあぁああああぁぁ!!!!


こんな体験を何度かした事があるので、

鮮明に情景が浮かびました…orz


南千住で降りる時、腕をつかまえて一緒に下車、確保。

弁護士とのやりとりが始まりました。
オウム新実バリの棒読みでゆっくりと答えます。


「私は、女性に対して、理性を、押さえることが、できませんでした」
「私は、ご迷惑を、おかけした、皆様に、対して、毎日、手を合わせて、謝罪して、います」
「私は、以前弁護士さんから、紹介を受けた、施設に入って、更正したいと、思います」


なんか…岩崎の反省がまるっきり伝わってきません…気のせい?
この被告人の名前(傍聴記では仮名です)…
とても珍しくて、どこかで見た事あるなーと思ってたら
なんと去年の暮れに公然わいせつで捕まって
今年の2月末に罰金20万の刑が確定していました!!
(ちなみにあと2犯は平成13年と17年の窃盗)


この名前知ってるー!!
なんと5ヶ月後の犯行でした…ΣΣ(゚д゚lll)ズガーン!!  


しかも…逮捕時に

「以前に自分の陰茎を出して快感を味わったのを思い出し、またやってしまった」

と供述しています…ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ


メンチ切りの女検察官が聞きました。
「今年の2月に同じような公然わいせつで裁判を受けましたよねぇ?その時はもう2度としないと誓いましたか?」
「はい」


「じゃあなぜ今回もやってしまったのですか?」
「前回は反省してなかったからだと思います」


(゚д゚)ェェェェェェェェエエエ!! 


「今年の2月の裁判で『住み込みの仕事を探します』と言ってましたがどうしてたんですか?」
「私は、お金が、あったので、何とかなると思い、実際は、何も、していませんでした」


村上さんも聞きます。
「自分のどういう所に問題があると思います?」
「心に問題があったと思います(なぜか過去形)相手の気持ちを考えない所…」


「うーん…でも人間は生きてる以上、男も女も性欲があるよねぇ。けど、痴漢とかで性欲を満たす人は……(笑顔で)多いわけじゃないよねぇ?」
「………」



「そこの所どうなの?って聞いてるんですよ!」

(;゚ Д゚)真顔になった…!!



被告人は黙ったままでした。



「次回までによく考えておきなさい、場合によっちゃ次回聞くよ?」


Σ(゚Д゚;)


これって…ドンキで一万円弱を万引きしてた元暴走族にも言ってた!!
結局、判決観られなかったけど…聞いたのかな…

求刑は懲役6ヶ月でした。


さて…次回の予定を決める為、弁護士と検察官が手帳を開きました。


次回は9/1になりました。
9/1…金曜日…朝しか来られません(←私が)
心の中で「あーさっ!あーさっ!」と叫びましたが、
思いは通じず13時15分となりました…。・゚・(ノД`)・゚・。


次回、村上さんはこのぼんやりとした岩崎に、
何を考えてきたか聞くのでしょうか…


裁判の終わり際、沢山のゼミ生が先生の引率のもと入ってきました。
出入りの音がうるさくて聞こえない…(´・д・`)イライラ
満席になりかけた所で裁判が終わりました。


外に出るとゼミ生がキャピキャピと
「なんか初めてで緊張してメモ取り忘れちゃった~」とハシャいでいました。
先生も得意げに
「いいか~真ん中にいたのが裁判官だぞ。それで左右にいたのが検察官と弁護士だ。」
「まぁ次の裁判はまともなものだから…」←意味不明。
「普通は被害者は法廷にいないからな~」 ←今更…?

と、素人の私でもビックリする事を話しています…


てゆーか、そういう勉強してる学生じゃないのか?

しかしゼミ生が「今の裁判官とてもよかったですね~」と言うと
先生も「珍しいもん見たなー結構よかったな」と評価してました。


(((( ;゚д゚)))アワワワワ
村上さん人気…本当に高まるかもしれません!!


予定より早く裁判が終わったので、1階のロビーへ向かっていたら
仲良しの交通ライター礼田さんが阿曽さんと一緒に目の前を歩いていました。

「あ~♪」と手を振って挨拶をすると、阿曽さんにはまたシカトされました…



(´・ω・`) (´・ω:;.:... (´:;....::;.:. :::;.. .....


礼田さんは霞っ子本を持っていてくださってサインを頼まれてしまいました♪
ちょっと立ち話をしていたら14時半になったのでそれぞれの法廷へ向かいました。

…と思ったら、同じ法廷でしたw
罪状目的の礼田さんと裁判長目的の私v(・∀・)v


~続く~



注:この記事は2009年6月に霞っ子のブログから移動したものです

  登場人物は全て仮名です



誕生日を裁判所で過ごす~裁判所地下のお盆事情~

バースデー傍聴してきました(*´∀`)b


夏休み期間だからか、それともお盆だからか、裁判はめちゃくちゃ少ないです。

ちなみに去年の8/16の日記を読んでみたら…


大東亜戦争が終わって60年…
証言のできる方が生きているうちに色々な事を聞き出してもらいたいです。
真実が知りたいです。
最近は読書の量がグッと減ったので、
気持ちを引き締めてまた戦争関連の本を読んでいきたいと思います。


そういって「回天特攻隊」の本を探していました…(・ω・)


あれから1年、今年は明るく(?)傍聴です☆
誕生日間近という事で連日朝まで飲んでましたが、
今日は1時間だけ寝て裁判所へ向かいました。


開廷表で裁判を探してみると、村上さんや合田さんや栃木さんの名前がない!!
お休みのようです…( ̄□ ̄;)ガーン


裁判の数もものすごく少なくて、不法滞在ばかりで外国人祭りです( ノД`)
外国人の被告人は通訳がいてとても疲れるので好きじゃありません。
仕方なく、覚せい剤の新件を観に行きました。

小法廷で裁判長は河田泰常さん(多分初)でした。
刑事6部…全然知らないなぁ…(・∀・)


開廷の1分前に法廷に入ったら、前の不法滞在裁判が押してました。
とりあえず、首を傾けてガッツリ寝てるオバチャン警備員を観察しながら
次の裁判が始まるまでじっと待つ事にしました。


普段ガラガラの小法廷での裁判ですが、
どんどん人が入ってきて次回の予定を決めてる時には超満員になっていました。


(゚д゚)ェェェェェェェェエエエ!! 

なんででしょうか…
裁判員制度がもうすぐ始まるから…?違うな…
14日に放送してた裁判関係のドラマの影響?
(↑元被告人に脅されてる裁判官役の渡部篤郎に笑えた)


まさかドラマ観て渡部篤郎のような裁判官を求めてきたのか?
それともキムタクのような検事を求めてきたのか?

どっちもいないから(σ・∀・)σ


隣に小学生らしき2人が座ってきました。
夏休みの宿題…?
手には小さなメモ帳が…どんなメモを取るんだろう…


そんなこんなで裁判が始まりました。


超満員の傍聴人席を意識してるのか、検察官が冒頭陳述を読み終わると
裁判官がとても丁寧に裁判の流れを被告人に説明していました。


ちなみにこの被告人…
前科15犯なので裁判も慣れっこだと思うんですけどね(ノ∀`)アィター

裁判長は自然に振る舞おうとして思いっきり不自然になってました。
でも実は河田さんは普段からあんなに丁寧に説明してるのかなぁ…


全身を白系でまとめたガタイのいい被告人(顔もイカツイ)は
昭和33年に山口県で生まれ、中学を卒業後、塗装業をしていました。
平成18年6月3日、茨城県日立市の自宅に止めた車中で注射を使って覚せい剤を使用しました。


先ほど書きましたが、前科15犯で、そのうち覚せい剤は5犯です。
ちなみに覚せい剤の初体験は16歳…筋金入りですね☆(o´∀`)


被告人は
「今回捕まるまで覚せい剤はずっと使用していなかった」
と述べましたが…誰も信じないと思います。


もはや常習犯ですね( ´∀`)σ)∀`)


窃盗の前歴もあります。

過去には平成元年から一緒に暮らしている女性と共同で使用してダブル逮捕されたそうです☆
(女性は初犯だったので執行猶予がついた)


今でもその女性と一緒に住んでいます。

今回は、信号無視で車の停止を求められ取り締まられていた際、
警察官が被告人の右足首のふくらみに気がつきました。
めくるように指示すると、被告人は反抗する事もなくめくりました。
足首につけていた茶色いバッグには注射器やストローが…
覚せい剤の反応も出ました…そして逮捕です。


購入ルートについては、
「水戸近くにある公園でイラン人から買った」と述べました。


今回はセンター街のイラン人じゃないけど、
ここでもイラン人の登場です!定番!

地方の覚せい剤裁判でも麻薬ルートは「イラン人」が多いのかなぁ…


弁護士の質問が始まりました。
「シンナーで7回処罰されてますが、職業、塗装業だったので仕事で使ったのではないですか?」
「仕事で使います」


…仕事で使ってる限り中毒のままじゃん(・ω・)


「覚せい剤で5回捕まり平成17年に仮出獄してますが、何故自分から買いに行ったんですか?」
「…気の弱さです」


「5回も実刑になっていながら買ったのは気の弱さですか…(驚)」
「はい、そうです」


「何歳の時から今のお仕事を始めたんですか?」
「20歳前から塗装業を始めました。30年くらいやってます」



なんか…つまらない質問が続きます。


「何度も刑務所を出入りしていると、客が離れていくので今度こそキッパリやめるつもりです」
と被告人は誓いました。


「今回同棲中の女性の体の調子が悪いので証人として呼ばないで欲しいと言いましたが…体悪いの?」 「15歳も年上なので年も年なので…」


Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
15歳も年上のアネさん女房!?スゴーイ☆

そういえば、塗装業という仕事柄シンナーを吸ってしまってラリッてるのに
この仕事辞める気ないんですねwww



検察官の番になりました。
「以前、同棲中の女性と捕まった事あるね?」
「はい…」


「捕まったのはこの一回?」
「はい…」


(;゚ Д゚) …?!


なんか…検察官の喋り方聞き取りづらい…
被告人の喋りが聞き取りづらいのは、ある程度諦めがつくけど…
裁判官とか検察官の声が聞き取りづらいとイラッとします。
特にボソボソ喋られると「意識革命しろよー」と思います。


「あなたのねぇ、刑務所に入ってた時間を合計すると10年以上になりますよねー(無表情で)何か学んでますか?」
「………」


Sだ…(゚∀゚)ドキドキ


「このまま同じ事何度もやって一生終わるの嫌でしょう。刑務所の中で死ぬ人もいますが、あなたもそうなりたいんですか?」
「………いえ(超小声)」


「(無表情で)以上です」



ヤッパリSだ…((;゚Д゚))ガクガクブルブル  


裁判長が少年のようにワクワクした瞳で被告人に質問しました。
絶対、満員の傍聴席を意識してるよ… (´・ω・)


「どういう時に使いたいと思うんですか?」
「昔は仕事がなくてイライラした時に使ってたけど、最近はずっと我慢してきたのにやっぱり仕事があまりこなくて、うまくいかなくてムシャクシャして…」


「今後はどうしますか?」
「信頼を取り戻したいです」


隣の小学生の携帯のバイブが鳴りました。
携帯の電源は切りましょうね(はぁと)
小学生は気にすることなく携帯の画面を見てパタンと携帯を閉じました。



もっと申し訳なさそうにしろやぁー!!( ゚Д゚)ゴラァァ



求刑は懲役3年でした。

被告人最後の言葉。
「一日も早く出所してお客さんや家族の信頼を取り戻したいと思っています」


覚せい剤使用に関しての謝罪はゼロでした(・∀・)

小学生のメモに目をやるとほとんどメモをとれていませんでした。
早口だし、モゴモゴ喋るから聞き取りづらいよね、
お姉さんの傍聴メモを得意気に見せてやろうかと思いましたがやめました。


裁判が予定より早く終わってしまい、次の裁判まで1時間ほどあったので、
軽くお茶でも…と思って地下に降りたら閉店の準備。

まだ14:45なんですけどー!!o(・∀・;)o


なんとお盆の期間は14時までしか営業していませんでした!!
裁判官に会える第一食堂も14時閉店…(゜Д゜) エェエェェェ


そんな中。
なんと八千代食堂だけは通常通りの営業でした。


すげ~!!


八千代食堂とは唯一お酒が飲める食堂です。
しかも、夜だと飲み放題メニューがありますw
なんと1000円!(安っ)
女性は800円!!(安すぎっ)
オススメですよ~閉店早いけど。


カツカレーを注文しました。
裁判所の食堂のくせに790円と高いです。


レジで「カツカレーをください」と言ったら
厨房から「サラダないよー」 と聞こえてきました…

ものっすごいドキドキして注文したものを待ちました。
テーブルに置かれたのはキャベツの千切りでしたΣΣ(゚д゚lll)ズガーン!!  
缶詰のみかんが2つのってました…
そしてサラダとともに運ばれてきたのはみそ汁…(ぇ
しかも箸が上に乗せられてましたw



そして男盛りのカツカレーは半分しか食べられませんでした( ノД`)

しかも辛くて気分が悪くなり、傍聴する気分じゃなくなったので裁判所を出ました。


来年の誕生日も傍聴DA-!



注:この記事は2009年6月に霞っ子のブログから移動したものです

 


Appendix

カレンダー

07 ≪│2006/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。