Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産み捨て事件~求刑~5/5


裁判傍聴記@毒人参。-産み落とし
被告人・久美子。


検察官の論告求刑です。


裁かれる事件は2つ。


☆平成17年11月 池袋のラブホテルで赤ん坊を産み殺害(殺人)

☆平成20年9月 横浜のインターネットカフェで赤ん坊を産み落とし隠した(保護責任者遺棄)


被告人の犯行には確定的殺意があり、身勝手、短絡的で悪質。

そして生じた結果は、1人死亡、1人植物人間、2人の洋々とした将来を奪うという重大なもの。

家出、男関係のだらしなさ、妊娠出産も自分で決めたものであり、

回避措置をとっていなかったなど被告人の自堕落で無責任な行動が原因で同情の余地なし。

両親との不仲や家出を繰り返す可能性が高く、再犯の恐れあり。


一方、前科はなく一応反省していて、遺族の処罰感情が薄いなど有利な情状も考慮。



以上の有利・不利な情状を考慮して…




求刑は懲役6年。






6年…







たったそれだけ!?Σ(゚Д゚ノ)ノ



1人殺して遺棄、1人植物人間にして…

たった6年ですか…そんなもんなのか。





久美子は鼻をすすって静かに泣いていました。

弁論では涙をポロポロ流していました…




判決は…月末。





多分東京にいないので傍聴できません!エーン







注:登場人物は全て仮名です



スポンサーサイト

産み捨て事件~被告人質問~4/5


裁判傍聴記@毒人参。-産み落とし
被告人・久美子。



さて、被告人質問です。


弁護人→久美子

「学校は楽しかった?」

「小学生のときは楽しかったです…」


「さっきイジメがあったという話もあったけど…」

「はい」


「何でお父さんとうまくいかなかったんですか」

「わからないです」


「当時の自分にとってお父さんと一緒に生活していくっていうのは無理でしたか?」

「はい」


「家出は計画的に…ですか?財産は?」

「財産ですか?…と言ってもお父さんのカバンからお金をとっちゃったことはあります」


「お兄さんは好き?」

「はい」


「優しかったんですか?」

「優しかったです」


「お兄さんが自殺した時、どんな気持ちでしたか」

「すごく…信じられないような気持ちです」


「上京した後の生活ですが…安定するためにどんな仕事をしたかったんですか」

「たとえば…どこかスーパーとかコンビニですけど~働きたいなと思いました」


「マッサージは誰に教えてもらったんですか?」

「独学でもやってたんですが~横浜の友達に教えてもらいました」


「体の関係を持つのはやりたくてやってたんですか」

「いえ」


「生活はどんな感じでしたか?」

「きつかったです、正直」


「家は借りれなかったの?」

「はい」


「ネットカフェに泊まれない時は、どうしていたんですか?」

「マクドナルドにいたり、友人の家に行ったり…」


「コンビニも転々としていたことあるの?」

「はい、ありました」


「それは座れないですよね」

「立ってました」


「どこか静かなところで横になりたいなって思わなかったんですか」

「思いました」



池袋の事件について。

「妊娠してるってわかってから病院って行きました?」

「いえ」


「妊娠して育てていこうと思わなかったの?」

「普通のような状態だったら思いました」


「実家に帰ろうとは思わなかったんですか」

「帰るお金があったら…」


両親と不仲で帰れなかったんじゃなかったっけ…(・ω・ )


「その時、所持金っていくらくらいですか?」

「数千円くらいだったと思います」


「濡れたバスタオルでってあるけど~意図的に濡らしたんですか」

「それはないです」

「濡らそうとは思ってました?」

「いえ」


「その時冷静さを失っていましたか?」

「はい」


「赤ちゃんを浴槽のふちに置いておきましたよね」

「はい」


「隠そうとは思わなかったんですか」

「はい」



隠してしまった反面、誰かに見つけて欲しかったそうです…

本当なのかな…


「タオルに包みながら「ゴメンネ」と言ったんですか」

「はい」


「今もその気持ちですか」

「はい」


「なぜ自首できなかったの?」

「怖くなって…」


「逮捕されたとき、どういう気持ちだった?」

「怖かった…」


「でもこれで普通の生活に戻れると思った?」

「その時は怖くて…動揺してそっちまで頭が働きませんでした…」


「ご両親は面会に来てくれるんですか」

「留置の方には…」


「小菅行く前の警察?」

「はい」


「娘さんも連れてきてくれたの?」

「はい」

「どういう話をしてくれたんですか」

「刑期を終えたら待ってるからね、と」


「久々に両親と会ってどうでしたか」

「久し振りに…会えて嬉しかったです…子供も可愛くて…」


産んで2ヶ月で棄てた子のことを可愛いと言ってるのでしょうか?

ちなみに植物人間になった赤ちゃんの世話も久美子の両親が看ているそうです。



検察官→久美子

「お父さんのこと嫌いですか?」

「はい」


「何が嫌いですか?」

「……………」


「お父さんが演歌を歌うことが嫌いだったんですか?」

「はい」



(゚Д゚)ナニソレ・・・


「お父さんと生活していけますか」

「絶対とは言い切れませんが50%くらい…」←低すぎw


「あなたから自白したわけじゃないよね」

「はい」


「(赤ちゃんの写真を見せて)この写真見てどんなこと感じますか?」

「………………自分は身勝手で~こんな状態にして申し訳ないと思います」


「植物人間になってますが、あなたの知ってる範囲でどういう症状?」

「機械を通してないと~生きていけない…」


「回復する見込みは?」

「頑張って生きていこうとしてるみたいですが、危ないと思います」



賀嶋(多分)左陪審→久美子

「横浜で産み落とした後、怖くて出頭できなかったのに、なぜ同じ事、生活をしたの?」

「そうしないと生きていけないからです」


「あなたとしては~不特定多数の男とセックスするのは嫌だったの?」

「はい」


「じゃあね、実家に帰ればいいと思うんだけど…それ以上に父親が嫌なの?」

「はい」


格安で売春してホームレス生活の方がマシだと?

お父さん、久美子に何したんだよ…(ノД`)



高橋(多分)右陪審→久美子

「避妊する努力はしたんですか?」

「ちゃんと避妊してました」


「ではどうして1番目の赤ちゃんは妊娠してしまったの?」

「わかりません」


「わからないの?」

「はい。私自身はただ口で「避妊してください」と言いました」


「妊娠しないように気をつけていたことはありますか?」

「ないです」




ないんかい!( ゚Д゚)ゴラァァ




水野裁判長→久美子

「東京来てどういう気持ちで生活してきたんですか」

「………普通に暮らしたかったんですけど~財産も住むとこもなかったのでそうするしかなかった…」


「でも変えるための努力が見られないですよねぇ。努力しなかったんですか」

「はい」


「あなたは子供を可愛いとか思うんですか?」

「はい」


「実家にいる娘さんも?」

「はい」


「殺した1番目の子も?」

「はい」


「今だったら違う対応も出来たと思いますか?」

「今だったら…きっと勇気を振り絞ってぇ~…………」



(・ω・)………。





「実家の両親のとこに行ったと思います」





エェェ━━━━━━(゚Д゚)━━━━━━ !!!!!




勇気振り絞らないと両親のとこ行けないくらい苦痛なのかよ…

一体お兄ちゃんも含めて家族全員どうしたの…?

なぜそこまで嫌うの?意味わかんないよ。



「長女と~障害を持った子と…育てないといけないと思いますが~可愛いと思って世話できるんですか?」

「はい」


「今までみたいに好き勝手できないんですよ!?」

「刑期を終えて実家に戻ったら………育てます」



ちゃんと責任持って2人の子供育てられるのかな…

子育てはめっちゃお金かかるぞ~

(って私は子供いないけど、子育て中の姉と兄を参考に)


お金のためだけじゃなくセックスも好きそうなので(←勝手に予想)

また安易に体を売らないか心配です。


スーパーのレジで働いた方がよっぽど高給なんじゃないかってくらい

久美子の体は安値だし。

それに気がついて地道に働いてくれればいいけど…(ノ∀`)




~続く~




注:登場人物は全て仮名です





産み捨て事件~両親・久美子の供述~3/5


裁判傍聴記@毒人参。-産み落とし
被告人・久美子



両親の供述。


父親

「久美子は長女として生まれました。兄がいます。

3歳の頃、小児てんかんになり、突然倒れたり、箸を落としていました。

年2回病院に通い、脳波をはかっていました。

これまでてんかんの発作で暴れたりしたことはありません。


小中と成績が悪く、特別学級を勧められたこともありました。

そこまで知恵遅れ思わなかったので普通学級に通わせていました。

高校には行ってません。


兄に教えてもらいパソコンを覚えていました。

パソコンを教えてたりしたこともあったので知恵遅れだと思っていません。←2回目

兄は久美子にパソコンを教えて後悔していました。

なぜなら、パソコンを教えてしまったので視野が広がり

家出するようになったのではと考えていたからです。

平成16年5月、兄は自殺してしまいました。


平成15年3月、東京に家出をした久美子が

足が化膿して歩けなくなり保護されたとき妊娠していました。

平成16年8月、最後の家出をし、2度と会っていません。

捜索願を出していました。


産んで2ヶ月の子供を置いて家出をして心底呆れました。

次に消息を知ったのは横浜の事件です。

妊娠してると相談さえしてくれれば良かったのに、と思います。

私の家系、妻の家系にも精神異常者はいません。←こんなこと聞かれるのかよ…orz

久美子もてんかん以外なく、お金を全て使ってしまうというだらしなさがあるというだけです。」



母の供述。

「久美子は兄と仲良く遊んでいましたが、兄より鈍く喋りませんでした。

保育園の時、みんなと踊りが合わせられないこともありました。


昭和60年4月、小学校に入学しました。久美子はいつも家にいました。

大人しく、動物や人に優しい子でした。

いじめられていましたが、「無理してでも学校に行きなさい」と言っていました。


中学ではテニスを頑張っていましたが、補欠でした。

いじめられていましたが、学校に行けと親身にならなかったのを後悔しています。


勉学が足らず高校に行かなかったので

父の営むお店の手伝いをしていました。

近所に住む1歳年下のりっちゃんが友人でよくカラオケに行っていました。

久美子が20歳の時、りっちゃんは看護学校へ通う為に仙台へ行きました。

久美子も外へ出て働きたがったのですが

「家でもまともに働けないのに無理だ」と島を出るのを反対しました。


久美子が突然家出をし、思い当たるところ全てに連絡をしましたが見つからず

仙台のラブホテルでお金が払えなかったと警察から連絡が来ました。

お金を払って仙台に住む友人に迎えに行ってもらいました。

久美子はこのことが気に食わなかったのか、

家に帰ってもふてくされ、また家出をしました。


孫が生まれる前に兄が自殺して、

その年はわけがわからず1年を過ごしました。


島は小さいのですぐに噂は広まり、とても生きていけません。

孫がいるので恥を忍んで生きています。

でなければ2人で自殺しています。」



久美子のことが紹介されました。


久美子は中卒で前科なし。

国語が好きで特に感じが得意なんだそうです。

(これを裁判で紹介する意味って…)


家族は当時、島でお店を開いていました。

今は店を閉めています。


5歳上の兄は5年に前車の中で焼身自殺。



焼身自殺だったの!?Σ(゚Д゚;) 

プラハの春?

いったい何があったのでしょうか…



久美子の供述をまとめます。


久美子は東京に出て、見知らぬ男にマッサージをしたりセックスをして小遣いを稼いでいました。

お金に余裕があると、ネットカフェに泊まっていました。


マッサージは1回3千円。

セックスをするともっとお金がもらえると知り、やるようになったが妊娠。


月に1万円もらえるかどうかの生活。



す…少なすぎじゃないスか?Σ(゚Д゚ノ)ノ


逮捕時、所持金は248円。



趣味はパソコン。

酒・タバコはやらないそうです…

(こんな情報いるのか…?)


家出をしてから赤羽で暮らし、

マクドナルドで寝たり、街で知り合った男の家で寝たり

ネットカフェで寝て生活していました。


生活費は1ヶ月1万円で足りました。

ゴミを漁るのだけはやめようと思っていたそうです。


横浜の事件の日、久美子はお腹がズキズキ痛み我慢できなくなり

19時頃トイレに駆け込み30分~1時間いきんで便器に赤ちゃんを産み落としました。


赤ちゃんは上を向いていました。

トイレから両手ですくいあげ、へその緒は指に巻きつけて4回くらい引っぱったら切れました。

赤ちゃんを抱えて洗面台で体を洗い、トイレットペーパーで拭きました。

赤ちゃんはオギャーオギャーと何回か泣きました。


家もお金もないし、棄てるしかないと思い、ビニル袋に入れました。

自分の服を着させれば良かったと今は後悔しています。

そのあと体を拭いたり洗ったりしていたら胎盤が取れました。



(ノД`)グロスギル・・・



洋式便所に座り、前かがみでいきんでる再現写真、赤ちゃんを拾い上げる再現写真、
膝の上に乗せた赤ちゃんのへその緒を切ってる再現写真、

赤ちゃんの血をこすり落としてる再現写真などがスクリーンに写し出されました。




(ノД`)グェ



赤ちゃんを入れたビニル袋は、縦横40㎝くらい。

赤ちゃんが息できるように袋の口は開けていました。




池袋の事件について。

前に1回くらい会ったくらいの男と偶然池袋で再会し、

ラブホテルに入りマッサージをしてセックスをしました。

次の日の朝、男を見送ったあと出産。


男は子供が産まれる直前の女とセックスしてたってこと!?Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ


お金も仕事もないし、若林さん(久美子の彼氏)に知られたくなかったので棄てようと決意。

怖くて首を絞められず、泣いてる赤ちゃんをグルグル巻きにしてきつく縛り殺しました。


「いらない子なの…ごめんね」と赤ちゃんに言ったそうです。


出産後は出血が酷くてなかなかホテルを出られませんでした。

しかし、フロントからチェックアウトの時間だと言われたのでホテルを出ました。


池袋から赤羽へ向かいました。

途中、薬局でバファリンなどを買いました。


赤ちゃんを殺して棄てたことが報道されていないか不安になり、

毎日新聞を読んでチェックしていました。

2日後、新聞に出ましたが怖くて出頭できませんでした。


平成16年に家出をして健康保険証を持っていなかったし

お金もなかったので病院にも行けなかった。



若林さん以外に10人以上の男とセックスしてお金をもらっていました。

刑務所に入って罪の償いをしようと思います。




ここで20分の休廷となりました。

約1時間半ひたすらメモして手が痺れました…


次は被告人質問。




~続く~



注:登場人物は全て仮名です



産み捨て事件~それぞれの供述~2/5


裁判傍聴記@毒人参。-産み落とし
被告人・久美子。


検察官が事件の発見者や両親など関係者の取調べでの供述を次々と読み上げました。

一部紹介していきます。



まずラブホテルの支配人、山木さんの供述。

「その日は別のホテルで勤務していて15:06頃、田中さんから電話がきました。

部屋が血だらけになっていて、血の付いた塊があって気持ち悪いと言われたので

塊を確認するためにホテルへ行きました。

その塊はバスタオルに包まれていました。

持ってみるとずっしりと重かったので、

動物の死骸か赤ちゃんの死体が入ってるんじゃないかと思いました。

丁寧にタオルをめくっていき、3回くらいめくった時、胸と足とお腹が見えました。

体は丸まっている状態です。

胸と足とお腹を見てすぐに赤ちゃんだとわかりました。

赤ちゃんの色を見てソーセージみたいな色だと思ったのを覚えています。←ヒィィィ

この事件で気持ち悪い思いをしたし、子を持つ親として赤ちゃんがかわいそうだと思います。

処罰は当然、厳罰を望みます。

この事件で取り調べを何度も受けたこと、

マスコミ、ネットですぐ広まり風評被害、迷惑をかけられました」



第一発見者、ラブホテルの清掃員、王さんの供述。

「○○号室の風呂場で、血の付いたバスタオルを見つけました。

田中さんの指示で5F、4Fと掃除していき、昼休みに休憩し、

再び田中さんの指示で○○号室に入りました。

○○号室以外でバスタオルを捨てた部屋はないです。

入った時、空気が悪いと思い真っ先に換気をつけました。

ベッドカバーやシーツがぐちゃぐちゃになっていました。

血もいっぱい付いていたので1Fへ降りて新しいものと取り替えました(←普通の出来事なのか!?)

そのあと風呂場へ行きました。

真っ赤な血が混じった水が浴槽半分くらい溜まっていました。

床にも浴槽の縁にも血が付いていました。

まず私は線を抜き水を抜きました。(←異常事態じゃないの!?)

バスタオルはぎっしりと何かを巻いていてボールのように丸くなっていました。」


~メロンくらいの大きさでまん丸の形になってるタオルの写真がスクリーンに映し出されました(オェ)~


田中さんに相談したら、ゴミ袋に入れるように言われました。

かなり重く、ドスンという音がしました。中身は見ることが出来ませんでした。

塊を入れたままゴミ袋ごと1Fの倉庫へ行きました。

その後、山木マネージャーに呼ばれ、赤ちゃんが包まれていたと言われました。」



鑑定した医師の話。

「赤ちゃんは未熟児ではない。数分より長く生きていた。

肺浮揚試験などから、バスタオルに包まれ4、5分で死んだと思われる」


ラブホテルの外観や、部屋の中、風呂場に残った血痕など

生々しい現場の写真が次々にモニターに映し出されます。

赤ちゃんの状況の写真だけ職員がスクリーンのスイッチを切って

裁判官にだけ見えるようにしました。



そんなに残酷な写真なのでしょうか…(゚Д゚)



検察官は裁判官しか見られない写真に

「え~このようにへその緒がついた状態です」

とクールに説明していました…




裁判員になったらそんな写真も見ないといけないのか…?orz



久美子の彼氏・若林さんの供述もありました!

「私は平成15年から20年まで久美子と付き合っていました。

当時、久美子は25、6歳と言っていたと思います。

彼女は建物のふちに座り編み物をしていました。(←どんな状態?w)


そんな彼女に「写真を撮らせてほしい」とお願いし、

10分くらい喋っていたら意気投合しホテルに誘いました。

久美子はすぐ承諾して車でラブホテルへ行き初めてセックスをしました。

久美子は最初、偽名を使っていました。どんな偽名だったか今は思い出せません。


2回目、東武池袋でバッタリ会ったのでホテルへ誘い

前よりアッサリOKをもらい車に乗せてラブホテルへ行きました。


久美子は昔、テニスをやっていたと聞きました。

そして、コンビニのバイト、パソコンの講師をしていると言っていました。

明るく話すわけじゃないけど、友人と笑って話していたのを見た事があります。


デートは月7、8回。久美子から誘うのが7割でした。

いつも車で会っていて、泊まりで温泉に行ったり、ディズニーシーや遊園地、プールにも行きました。


一緒に久美子の故郷へ行き、久美子のお兄ちゃんと3人で会ったことがありました。

お兄ちゃんは「久美子が妊娠した、男は誰かわからない」と言っていました。

このあと、お兄ちゃんが自殺したと聞きました。(えー!)


その後、出産3ヵ月後に久美子から連絡が来て会いました。

「子供は誰が面倒見るの?」と聞いたら「両親にみてもらう」と言っていました。


私は久美子さんと付き合っていました。

アパートを借りようかと言ったこともありました。

久美子はお金を持ってないのを知っていたので

会う度に3千円~1万円あげていました。(←健常なカップルか?)

携帯を買ってあげたこともありましたが、

月2~3万使っていたので何度も怒ったけど聞かないので携帯を止めたことがありました。

謝ってくれれば許したけど、そのままになってしまいました。


元々体型が太かったので妊娠には気づいてません。(←切ないな…)

事件から1年くらい経ってますが、当時は一緒になりたいくらい愛していました。」



こんな久美子を愛していた彼氏…

出会いも付き合いも別れも全て不思議です!



久美子は不特定多数の男と性交をしていたと言われていますが、

なんと検察官は、12人の男全ての苗字と年齢、出会い、

そしてどこまでいったかを読み上げました!

傍聴人、みんな前のめりで集中して聞きます!ヒュウ~


あまりの早さで全てを書き取れませんでしたが、

メモできた9人中、40代2人、50代2人、60代は5人もいました!



私がメモした人の最高齢、69歳ですよ…(((( ;゚д゚)))アワワワワ



出会い系で知り合ったそうです…(((( ;゚д゚)))アワワワワ



通いのお手伝いをしてもらいセックスを数回したっていう老人もいました。

男の性欲に驚きました。




供述に戻ります。


今度は第一発見者のネットカフェ店員の供述。

「女用トイレを清掃しようとドアを開けたら床一面血だらけで、

トイレのタンクには血が付いた手で触ったあとがありました。

怪我で出血というよりは、生理っぽい経血といった感じでした。


○○番の席を利用していた被告人がお店に来たとき、

お腹がふくれていたので妊婦さんかと思っていました。


スカートから血が流れていたので

「大丈夫ですか?」と聞くと「急に生理がきたから大丈夫です」と言われました。

妊婦さんなのに生理なんておかしいなと思いました。

よく見るとお腹がスッキリしていて違和感を覚えました。


床の血のあとをたどると○○番の個室につながっていました。


店長に電話しましたが、出ないのでとりあえず掃除をしに行きました。

トイレにはまた被告人がいて、さっきの隣の個室に入っていました。

また血がたくさんついていたので、

「生理用品を販売していますので、良かったらご利用してください」と言ったけど

「大丈夫です」と言って出て行きました。


そして、洗面台の下のビニル袋を発見し、すぐ警察に連絡して

帰ろうとする被告人を何とかして引き止めました。

泣き声や産声は聞きませんでした。」



発見された赤ちゃんはすぐに横浜医大へ運ばれました。

平成20年10月2日に撮影した赤ちゃんの写真がスクリーンに映されました。

赤ちゃんにはたくさんの管がついています…


その写真に傍聴人は釘付け。

久美子は一切顔を上げませんでした。



ニュースでは命に別状はない、と報道されていました。

確かに命に別状はないけど…


低酸素脳症を発症していました。

これは、認知障害、異常運動、場合によっては視覚障害になる恐れがあります。


そして、脳性麻痺も発症しました。

これは成長発達の遅れ、衰弱、痙攣が認められます。



生まれてきていきなりこんなことになって赤ちゃんが可哀想すぎます。

赤ちゃんは親を選べないですからね…



長くなったのでここまで。

次は久美子の両親の供述を書きます。




~続く~





注:登場人物は全て仮名です





産み捨て事件~2度も自力で出産して捨てた女~1/5

長い長い裁判だったので分けて書いていきたいと思います。



平成17年にラブホテルで赤ん坊を産んで殺し逃げたのと

平成20年に漫画喫茶で赤ん坊を産み捨てようとした事件です。


2回も自力出産…!



衝撃的すぎる事件です。

女の殺人、傍聴席は超満員。



被告人・久美子は昭和53年生まれの31歳。

黒い長袖に薄紫色のTシャツを重ねて黒いズボンという格好。


ノソノソと歩いて入廷しました。


とても小さな体(150㎝台かと)ですが、

胸もお腹も大きかったので妊娠してるかと思いました。

お尻も大きかったです。



一言で言うと小太り。

(アッ言っちゃった☆テヘ)



裁判傍聴記@毒人参。-不思議な髪

そして不思議な髪型…

ボサボサの頭、なぜかサイドに小さなみつ編み。




裁判傍聴記@毒人参。-産み落とし
不気味さ1000%


愛のむきだし のコイケ役、安藤サクラ(奥田瑛二、安藤和津の娘)に似ていました。

宣材写真の安藤サクラじゃなくて、映画の中の気持ち悪いコイケに似ています。

映画観たら不気味さが伝わります。観てみてください。



久美子は住所不定の無職。

宮城県にある島の出身です。


宮城県に島があったなんて知りませんでした…



起訴状が2つ読まれました。


平成20年9月29日20時頃、横浜市のインターネットカフェの個室トイレで女児を出産。

20時10分頃ゴミ箱用のビニル袋に入れて洗面台の下の収納部分に置いて隠して捨てた。

保護責任者遺棄罪(刑法第218条)


平成17年11月11日頃、池袋のラブホテルで出産。

濡れたタオルできつく絞り窒息死させた。

殺人(刑法第199条)



検察官が熱っぽく冒頭陳述を始めました。


久美子は不特定多数の男と性交していました(えー!!)。

平成14年から父親の反感や男と付き合いたいという思いから

仙台や東京へ行って男と性交しては金をもらっていました。


家出中の平成16年3月に足が化膿して動けなくなったところを(どうしてそんな状態になるんだ?)

警察に保護され実家へ帰されました。

その時、久美子は妊娠していて(えー!!)実家に帰ったあと病院で産みましたが、

男と付き合いたくなり赤ん坊を両親の元に置いて再び家出しました。


平成17年11月10日池袋で会った男と関係を持ち、翌朝男を見送ったあと出産(えー!!)。

金がなくて育てられないのと彼氏に嫌われるのが嫌で殺害を決意。

首を絞めて殺すのが怖かったので、

濡れたバスタオルでグルグルに巻きつけて殺して遺棄しました。

(十分サイコだよ!)


平成20年9月29日、インターネットカフェで長時間かけて出産(えー!!)

お金がないので捨てようと決意。

ビニル袋に入れて洗面台の下の収納箱に置き去りにしましたが、

不審に思っていた店員が赤ちゃんを発見。

心肺停止状態でしたが蘇生しました。



弁護人側の冒頭陳述では

貧乏で苦労した少女時代を過ごし、25歳で上京。

マッサージの仕事で生活していたが、

それだけでは出来なくて売春もしていた。

好きでやっていたわけではなく、「生きるため」にやった。

ネットカフェで洗面台の下に赤ちゃんを置いたのも

従業員が見つけられやすい場所にした。


とこれまた熱く語りました。



公判前整理手続き済みの裁判で争点は量刑。

21点の証拠を採用し、被告人質問が行われるそうです。



~続く~





注:登場人物は全て仮名です





Appendix

カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。